無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イラン

-, ,

11/30エスファハーン⇒マシュハド イランの夜行寝台列車はハイレベル、なぜか車内で踊る若者たち

   

投稿日:2013-12-03 更新日:

2013/11/30に、エスファハーンの町中から移動するところです。

DSC00400
↑山

町中から鉄道駅までは、タクシーで移動することにしました。

料金は9万リアル(≒305円)でした。
(10万リアルから値切りました)

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

エスファハーンの鉄道駅

DSC00403
↑駅

町中から20分で、エスファハーンの鉄道駅に到着です。

道路も空いていたし、
けっこうスピードも出していましたし、
かなり距離があったと思います。

ほとんど別の町ですし、本当に路線バスが運行しているのか気になります。

DSC00404
↑駅

まずは入り口で荷物検査。空港みたいです。

そして別室に連行され、パスポートとチケットを確認されました。
(それほど厳しい雰囲気ではありませんでしたが)

DSC00406
↑おやつ

駅には売店とかカフェもありました。

コーヒー 2万リアル(≒68円)

インスタントでこの料金は割高かも。

DSC00407
↑商品

歯磨きチョコ?歯磨きガム?
まさか本当に歯磨き粉ではないでしょうが。。

DSC00408
↑おやつ

水 5000リアル(≒17円)

車内販売などもあると思いますが、
長旅なので念のために買っておきます。

DSC00409
↑売店

ミッ○ーみたいですが。。

 

列車に乗ります

DSC00410
↑列車

出発の30分くらい前から乗車できました。

チケットは2日前に、エスファハーンの町中で買っておきました。
(エンゲラーブ広場脇のオフィスにて)

エスファハーン⇒マシュハド 60万リアル(≒2034円)

DSC00414
↑車内

車体は中国製のようです。
なかなか綺麗な内装です。
4人で1つのコンパートメントです。

DSC00419
↑車内

おおおおお!
これは驚きました!!

こんなに綺麗でしっかりした内装とは、想像もしませんでした!

DSC00421
↑おやつ

水にお菓子にジュースに紅茶にコーヒーに。
たくさんおやつがあって嬉しいです。

ホントにレベル高すぎです。

液晶モニタにコンセントにハシゴまであります。

さすがにWi-Fiは入りませんでしたが。。

DSC00423
↑車内

イラン人青年3人と同じ部屋でした。

DSC00425
↑景色

16:25にエスファハーンを出発です。
荒野を進みます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

楽しい車内(?)

DSC00426
↑イラン人

「見たこともない仕組みの指パッチン」をやってました。

DSC00432
↑イラン人

なぜかカーテンを閉めてダンスを始める青年たち。
色々とツッコミ所が多いです。

あと、ペルシア語を50回くらい練習させられて、車掌さんとか他の乗客に披露させられました。

「ワッラバゴーアンバイヌンナーション」

みたいな言葉なのですが、意味は不明です。

せめて卑猥な意味じゃないといいのですが。

DSC00433
↑景色

移動時はGPSロガーを起動させているのですが、なぜか電波が弱すぎて受信できませんでした。

軍事的な理由でしょうか?

DSC00434
↑テレビ

謎のCGアニメをやっていました。

DSC00435
↑イラン人

たまに車掌さんが遊びにきました。

もちろん撮影は、彼のリクエストによるものです。

DSC00436
↑駅

途中で何回か停車しました。
タバコはこのときだけ吸えるようです。

DSC00438
↑イラン人

同じ部屋の人たちに、夕食をごちそうになりました。

何回も断ったのですが、親切さに情熱がこもっていた感じでした。

DSC00437
↑夕食

ハムとトマトのサンドイッチ。
衛生的には少々疑問がありますが、まあまあ美味しかったです。

「大きく強くなれよ!」
みたいなジェスチャーと共に、もう1つ食べさせられました。。

ところでここがイランという事もあり、

総合的にOKと判断して食べましたが、

睡眠薬強盗という恐れもあるのでご注意ください。

タイとかインドだと、断った方がいいケースも多いです。

DSC00439
↑ベッド

シートの上を倒してベッドにして、22:30頃に寝ました。

やっぱり横になれると楽ですね。
私は夜行列車は大好きです。

イラン人青年たちも親切にしてくれて、楽しく移動できています。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-イラン
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.