無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ポルトガル

12/17リスボンに到着して安宿探し、この町も一瞬で気に入りました

   

投稿日:

12/17に、ファーロからバスでリスボンに移動するつづきです。

DSC02627
↑バス

ファーロ⇒リスボン 20ユーロ(≒2200円)
ファーロのバスターミナルから、16:30に乗車です。

席は全部埋まっていました。
早めにチケットを買っておいてよかったです。



席の間隔は狭いのですが、シートがふかふかだったので、
乗り心地は悪くありませんでした。
早起きした疲れもあって、よく寝ました。

DSC02629
↑キリスト像?

そろそろリスボンですね。

DSC02630
↑バスターミナル

ファーロから3時間ちょいで、リスボンに到着です。
移動続きでけっこう疲れました。

ホントに直接リスボンに飛んできちゃえば楽だったんですけどね。
でもバスの料金を加算しても、それでもファーロに行った方がだいぶ割安でした。

・ダブリン⇒リスボンの航空券 200ユーロ
・ダブリン⇒ファーロの航空券 49.86ユーロ + ファーロ⇒リスボンのバス 20ユーロ

DSC02631
↑チケット

地下鉄で目当ての宿の最寄り駅まで移動します。

地下鉄はこの券にお金をチャージして、何回も利用するようです。
でもSuicaのようなしっかりしたカードではなく、ぺらぺらの紙でした。

・交通券 0.5ユーロ(≒55円)
・地下鉄乗車料金 1.25ユーロ(≒138円)

DSC02633
↑地下鉄

黒人さんの比率が多くなったかも。

DSC02634
↑つり革

金属製です。
ひっぱるとギシギシいいます。

DSC02635
↑注意の貼紙

これはダイナミック。

DSC02637
↑街並み

マルケス・デ・ボンバル駅で下車。
ここからそう遠くない場所に、目当ての宿があるはずです。

ベルファストで宿探しをしたときは凍えそうで大変でしたが、
今回はそんなに寒くないので、とても気持ちが楽です。

DSC02639
↑宿

セントラルという宿にしました。
地球の歩き方にも載っています。
私はAgodaで、朝のうちに予約しておきました。
リンク:Agodaのリスボアセントラルホステル(日本語)

DSC02640
↑部屋

ドミトリーで、1泊10ユーロ(≒1100円)です。

地球の歩き方だと15ユーロ~になっているのですが、
オフシーズンなので割引しているようです。

トイレ・シャワーは共同。
朝食付き、無線LAN付きです。

スタッフの人が、非常に非常に丁寧に、色々と説明してくれました。
とても好印象です。

DSC02642
↑スープ

ウェルカムドリンクならぬ、ウェルカムスープのようです。

DSC02643
↑おやつ

やや薄味でしたが、よく煮込まれている美味しいスープでした。

DSC02644
↑商品

近所の売店に買い物に行きました。
出前一丁を発見しました。

DSC02645
↑レストラン

メニューをちらっと見たところ、それほど高くないようです。
メイン料理でも、8~12ユーロくらいで注文できそうです。
よしっ。ポルトガルではちゃんとしたものを食べるぞー!

DSC02646
↑おやつ

とりあえず今日のところは軽く済ませておきましょう。
とんがりコーンみたいなお菓子 1ユーロ(≒110円)
味もほとんどとんがりコーンでした。

そしてシャワーを浴びたりブログを書いたりしてから寝ました。

まだ町を見ていないのに、
なぜかポルトガルの印象はとても良いです。

・西ヨーロッパのなかだと、ポルトガルは物価が安いほう
・それほど寒くない
・地球の歩き方を読んで、行きたくなった場所がたくさんある
・宿の居心地がとても良い

というあたりが理由だと思います。
アイルランドを1日減らして、ポルトガルを1日増やせばよかったなー。

この先の日程が特になければ、10日くらい滞在したかったところですが、
ポルトガルは4泊5日のみの予定です。
明日から頑張って観光しましょう!

きっと盛り上がりますので、お楽しみにどうぞ。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ポルトガル

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.