無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

その他

明日から旅立ちです&旅のルート

   

投稿日:

いよいよ明日(11/7)から旅立ちです。
2ヶ月ぶりなので、緊張感とワクワク感が高まりながら、旅支度をしています。



121024tizu
↑旅のルート

これは10/24にアップした地図ですが、
日付けを少し変更しただけで、結局このまま確定させました。

赤線:ANAマイレージで予約する航空路線
青線:別に予約する航空路線
緑線:バスや列車で陸路移動する路線
です。

11/07 成田→(バンコク経由)→コロンボ(スリランカ)
11/15 コロンボ→(サウジアラビア経由)→カイロ(エジプト)
11/25 アスワン(エジプト)→(カイロ経由)→ラルナカ(キプロス)
11/28 ラルナカ→(カイロ経由)→チュニス(チュニジア)


12/?? チュニス→マルタ(マルタ)
エアマルタの予定
12/?? マルタ→マドリッド(スペイン) ライアンエアーの予定
スペイン、ポルトガルを陸路で移動

12/?? ファロ(ポルトガル)→ダブリン(アイルランド) ライアンエアーの予定

12/?? ダブリン→フランクフルト(ドイツ) ライアンエアーの予定
ドイツ、ルクセンブルク、スイス、イタリア、旧ユーゴスラビアの国々を陸路で移動

01/15 スコピエ(マケドニア)→イスタンブール(トルコ)

01/16 イスタンブール→成田

チュニジア以降は、現地で様子を見ながら手配しようと思います。
ライアンエアーは値段が安いうえに、数多く就航しているので、
それほど早く予約しなくても大丈夫かなと思っています。

ANAマイレージで予約した分は日付けの変更ができるので、
帰国便はもっと後に変更する可能性が大きいです。
これも現地で様子をみながら、上手く対応しようと思います。

今回は、初めてANAマイレージで特典航空券を手配しました。
色々と考えて苦労したので、そのポイントなどを書いてみようと思います。
ただ、決してお手本になるような立派なルート作りではありませんので、
「この人はこうだったんだね」くらいの感じでお読みください。

たぶん画像なしで文章ばっかりになると思いますが、ご容赦ください。
いつもに比べると、専門用語も多めになります。

◆前提
・ANAマイレージを60,000マイル貯めた
・それを使って、ヨーロッパ方面の航空券を取ろうと思った
・できれば北アフリカの国にも立ち寄りたい

◆ANA特典航空券のルール
詳細はANA公式ページをご覧頂くとして、ここでは要点のみを書いておきます。
大きく分けて2通りの手配方法があります。

(1)ANAだけで手配する
・ヨーロッパの都市まで往復55,000マイル(時期によって±10,000マイル)
・行ける都市は限定(ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘンだけ?)
・別途、税金や燃油サーチャージがかかる
・あまりあれこれ考えなくていいので、手配は楽

(2)スターアライアンスで手配する
・距離に応じて必要マイル数が変わる
 (マイレージの60,000マイルで、距離の14,000マイルまで飛べる)
・スターアライアンス就航都市ならば、だいたい行ける
・基本的に全体で5フライトまで手配可能
(24時間以内の乗継を駆使すれば、最大12フライトまで可能)

・欧州内の移動は2フライトまで手配可能
・別途、税金や燃油サーチャージがかかる
・好きなようにルートを組めるので、深く考え始めると大変

そして私は(2)を選択しました。
少し割高になりますが、色々な場所に行きたかったからです。

◆ルート作りで気にしたこと
・LCCが就航している路線は、そっちを使う
ヨーロッパ内はライアンエアーというLCCが、あちこちに飛んでいます。
少々制限はあるものの、とにかく安いです。
30~50ユーロもあれば、たいがいの所へ行けます。

なのでANAマイレージは、これとかち合わない路線で使うとお得だと考えました。
具体的には、「日本⇔欧州」とか「エジプト⇔キプロス」で使うことにしました。

・燃油サーチャージや諸費用が安い路線を選ぶ
例えば日本からスリランカのルートを手配する場合。
「日本⇒タイ⇒スリランカ」と、「日本⇒シンガポール⇒スリランカ」だと、
タイ経由の方が、諸費用が1万円くらい安くなりました。
使用する空港や航空会社が違うためです。

航空券手配時に色々なルートを実際に打ち込んでみて、
どのルートが安くなるのかをコツコツと調べました。

他には欧州から日本へと帰る場合にも、
「ウィーン経由」、「ミュンヘン経由」、「カイロ経由」、「イスタンブール経由」だと、
圧倒的に「イスタンブール経由」が安かったので、それを選びました。

・距離を計算して、無駄が出ないようにする
このサイトで、各空港間の距離を調べました。
それをエクセルでまとめて、
なるべく距離上限14,000マイルぴったりになるように工夫しました。

ちなみに今回のルートだと、ANA手配での総移動距離は12,950マイルです。
上限まで1,050マイルの余裕があるので、この分の無駄が心残りです。
でも燃油サーチャージとの兼ね合いもあり、この点は妥協しました。

例えば帰路をローマ出発にすると距離13,785マイルで、
とてもいい感じになるのですが、諸費用が2万円以上もアップしてしまいました。

・不安要素は序盤にもってくる
今回の旅では「スリランカ⇒エジプト」の移動が、一番の不安要素です。
サウジアラビア航空を使うのですが、これに日程通り搭乗できるかどうか、少し不安です。
なのでこのフライトを、旅の序盤にもってくることにしました。

旅の終盤だと、その日程通りに行動できるか、かなり不安ですからね。
それにフライトの日程に縛られて焦ったりするのも嫌ですし。

最後のフライトが「ANAマイルでの手配=日付け変更が簡単」なので、
今回の旅はけっこうリラックスして行動できそうです。

・感動のピークは終盤にもってくる
激しい感動をすると、そのあとの旅で気が抜けてしまう事があります。
理想としては、感動していい気分になって、数日以内に帰国したいものです。
今回はエジプトかイタリアが、感動のピークになると推測しています。
なのでイタリアが終盤になるように、ルート作りをしました。

ローマから帰るのが理想だったのですが、諸費用とか移動方法との兼ね合いで、
そこは少し妥協してしまいました。

・どんどん物価が安くなるように移動する
精神衛生上よろしいという事と、最後にお土産を買いだめしやすいからです。
今回はマケドニアとトルコを最後に持ってきたので、まあまあかと思います。
この点を重視するならば、本当はエジプトかスリランカを最後に持ってくるべきでしたが、
別の要素との兼ね合いで、こんな感じになりました。
ここも少し妥協してしまいました。

とまあこんな感じのことを考えながら、
「ANA」、「LCC各社」、「サウジアラビア航空」、「地図」、「地球の歩き方」を、
何度も何度も繰り返し見て、エクセルの表にまとめていって、
そして経路を確定させました。

・ANA(スターアライアンス):60,000マイル+諸費用62,870円
・サウジアラビア航空:227.7ドル(≒18,443円)

これがここまでに支払った内容です。

>ANAマイレージの特典航空券の特徴やオープンジョーのうまい使い方などを紹介していただけるとありがたいです。

というコメントを頂いたので、それにお答えしてみました。
正直なところうまく説明できたかどうか、あまり自信がありません。。
でも少しでもお役に立てれば、幸いと思います。

文字ばっかりで単調な記事になっちゃいましたね。ちょっと反省。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-その他

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.