無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

エストニア

寿司キャット再び

   

投稿日:

7/15に、宿でゆっくりしている続きです。

21:00頃から、夕食のために外出しました。

DSC08318
↑飲食店

SUSHI CAT(寿司キャット)
宿から徒歩2分くらいの場所にあります。

DSC08325
↑店内

今日は空いていました。

DSC08320
↑メニュー

DSC08322
↑展示

日本文化的なものが、ショーケースに数段展示されていました。

DSC08324
↑本

日本文化の本も何冊か。

DSC08330
↑本

そして猫の本。
妙にツボを心得ているお店ですね。

DSC08329
↑厨房

IMG_0975
↑夕食

エストニアビール(SAKU) 2.2ユーロ(≒220円)
スシパンサー(サーモンの握り) 7.9ユーロ(≒790円)

8カンで約800円ということは、回転寿司だと200円皿に相当しますね。

タリンはさすが港町ですね、ネタはなかなか美味しかったです。
もしかしたら輸入物かもしれませんが、でも美味しかったです。

シャリは、、、かなりギュっと握られています。
押し寿司くらいの堅さです。
見た目よりも食べ応えがあって、ある意味うれしいです。

最初は、
「飲み物はどうしますか?」⇒「いりません」
って答えたんです。

でも可愛い店員さんに、
「飲み物は何もなくていいんですか?」
って聞かれたので、
断りきれずにビールを頼んでしまいました。

エストニアビールは薄口で飲みやすい感じでした。
一人で外でビール飲むなんて、いつ以来だろう。
とっても珍しいことです。

IMG_0976
↑厨房

持ち帰りで購入する人も、5分に1回くらい来ました。
けっこう繁盛しているみたいですね。

IMG_0977
↑お弁当?

これが人気商品っぽいです。

IMG_0980
↑握り方

あまりにも面白かったので、撮らせていただきました。

シャリ、握っていませんでした。こねていました。

手のひらのご飯を乗せて、円柱を作るみたいにゴロゴロとして、
それでシャリが完成していました。

食感は日本と全然違う(堅くなる)のですが、形はそれっぽくなりますね。
それにしてもこの発想はありませんでした。
誰も教えてあげなかったのかな?

IMG_0978
↑店内

微妙にレトロなセンスも混じっていたりします。

IMG_0981
↑店員さん

あ!よくみたら全員が猫耳をつけている!!!

そんな感じの寿司キャットでした。
タリンにもっと長く滞在したら、ここに通いたかったところです。
で、左の子と仲良くなろうとして失恋したりとか、そんな経験をしてみたかったです。

DSC08331
↑ロシア人

ビールも飲んだことだし、宿に戻って早々に寝ることにしました。

同じ部屋のロシア人が天使でした。
いやいやいや、私はエストニア派ですぞ!!!
でもロシア派に鞍替えしてしまうかも、、、いやいやいや。

という一日でした。
のんびりとしたタリンの生活も悪くない、、、、むしろ楽しいのですが、
私は旅人ですので、そろそろ移動しないとかな?とも思います。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-エストニア

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.