無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

エストニア

エストニアのタリンに到着!

   

投稿日:

7/13に、ロシアのサンクトペテルブルクからエストニアのタリンに、
バスで移動している続きです。

IMG_0672
↑バスターミナル付近

エストニア時間の21:30頃、タリンのバスターミナルに到着しました。
サンクトペテルブルクから6時間かかりました。

いきなりカッコいい風景です!さすがエストニア!!

IMG_0674
↑街並み

いきなりカッコいい車です!さすがエストニア!!

そんな感じでテンション上がりまくりです。
そして懐かしいです。

IMG_0678
↑飲食店

完全に街並みがエストニアです。
でも最初に目に付いた飲食店がニューヨークピザ。

IMG_0682
↑トラム

まずはトラムで旧市街に向かいます。
数年前までは「クローン」という通貨でしたが、最近ユーロになりました。
両替の心配がだいぶ減ったので助かります。

DSC08240
↑トラム内

トラムのチケットは、キオスクか車内で購入します。
もう夜でキオスクが閉まっていたので、ちょっと割高ですが、車内で購入しようと思います。

が、買い方がわからない、、、

運転手さんのスペースとは仕切りがあって区切られているし、
自動券売機も見当たりません。
走行中に話しかけるのもマズいよなぁ、、、ってな感じでオロオロしていました。

すると、次の停留所で警官2人がトラムに乗り込んできました。

ヤバイ!
まだチケットを買っていないので、現状では無賃乗車です!!
これは困った。怒られてしまいます。

というわけで、その場でトラムを降りることにしました。

(でも結果的に無賃乗車しています。反省しています。ごめんなさい)

あれ?トラムがなかなか出発しないぞ?

と思ったら、警官はチケット確認のためではなく、
泥酔しているおっちゃんを連行するために乗ってきた模様でした。

なんだあ、心配して損しました。

IMG_0687
↑街並み

でもやっぱり無賃乗車はよろしくないので、歩いて移動することにしました。
もともとバスターミナルから旧市街までは、1.5kmくらいですから。

22時を過ぎていますが、明るいし人通りもあるし、
それほど心配ありません。

IMG_0696
↑門

しばらく歩いて、旧市街のヴィル門に到着しました。

うおおおおおお!!!!!!

なんだかやたらと興奮してきました。
この門、この道、このお店、よく覚えています。

IMG_0698
↑街並み

門をくぐりました!ここがエストニアのタリン旧市街です!!

ただひとつだけ、ものすごく不安になっていることがあります。

私は、

「エストニアが世界一の美女の国だ!
そこら辺を歩いている普通の一般人で、エビちゃん(蛯原友里)と同じくらい可愛い!」

この3年間、そんな風にあちこちで言いまくっていました。

でも、それほどでもなかったらどうしよう・・・・・・

そんな不安を強く感じながら、旧市街に入りました。

IMG_0698
↑街並み

とりあえず街並みは素晴らしいです。

IMG_0709
↑広場

中世のような雰囲気の旧市街には何ヶ所か行きましたが、
やっぱりタリンは凄いです!別格です。
(まだ行ったことはありませんが、チェコのプラハには負けるのかも?)

IMG_0710
↑レストラン

広場に面したレストランで、みな楽しそうに過ごしています。
この雰囲気の良さが、タリンの大きな魅力です。

エストニア美女は、、、きっと早寝早起きなんですね、、、
なかなか見つかりません、、、

IMG_0718
↑街並み

IMG_0719
↑宿

タリン・バックパッカーズという宿に来ました。
3年前にもここに泊まりました。
雰囲気がよく、居心地の良い宿です。

ラウンジから、楽しそうな声が聞こえてきます。

私:こんばんは。今日は部屋は空いてますか?

係員:ごめんなさい、今日も明日も満室です。

えっ?

いきなり予定がくずれました。。
(ちゃんと予約しとけって話ですよね)

でも近所にある、別の安宿を教えてくれました。⇒満室

地球の歩き方をたよりに、近場の安宿を順にまわってみました。⇒満室

ちょっと値は張るけど、ビジネスホテルも訪ねてみました。⇒満室

う~ん、、、
「美女がいるかどうかの心配」よりも先に、「宿の心配」をすべきでしたね。

DSC08243
↑部屋

やっと見つかりました。
ここで駄目だったら野宿するところだったので、助かりました。

旧市街をちょっと出たところにある、ホステル・ユーフォリアという宿です。
6人部屋のドミトリーで、一泊13ユーロ(≒1300円)です。

あー、良かった良かった。
できれば野宿は避けたかったですし、これで一安心です。

IMG_0722
↑部屋の仲間

ロシア人の??さん、アンナさん、セルゲイさん。
サンクトペテルブルクの音楽家で、コンサートのために来ているそうです。

セルゲイさんが大の日本ファンらしく、かなり興奮して話しかけてきました。

お、、、俺、東京に行くのが夢なんだ!
巨大で未来的で、、、世界一の都市だよね。
日本人と会えて光栄だよ、、、一緒に写真撮ってもらえるかな、、、?ありがとう。
ビールは好き?好きなだけ飲んでいいぞ!
あと、明日の晩コンサートがあるんで、良かったら来てくれよな!

意訳するとこんな感じでした。
いきなり楽しいです。タリン最高です。

IMG_0720
↑宿のお姉さん

リーナさん。
親切丁寧でとてもいい人です。

今日明日と、ちょっとしたお祭りみたいなのがあるらしくて、
そのせいでどの宿も満室だったそうです。
この宿も偶然キャンセルが出たので、私は泊まることができました。ラッキーです。

と、そんな感じの一日でした。
明日から本格的にエストニアを楽しもうと思います。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-エストニア

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.