無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 6/29-7/4はタイ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ブルネイ

ブルネイの水上集落

   

投稿日:

5/15に、ブルネイを散策している続きです。

DSC06864
↑ショッピングセンター内

ところでブルネイの首都のバンダル・スリ・ブガワンには、水上集落があります。
地球の歩き方によると、

ブルネイ川。そこに、まるで蜃気楼としか思えないような一大集落が浮かんでいる。

と書いてあります。
蜃気楼ですか。とっても気になりますね。
すぐ近くですし、見学に行ってみましょう。

IMG_7541
↑ブルネイ川

対岸に見えるのが水上集落です。

蜃気楼・・・・・・?

どう見ても水上にある集落に見えるのですが。

また地球の歩き方トラップにやられました。

これまでも、実物をはるかに越える素晴らしすぎる表現に、何度も騙されたものです。

そこはまるで桃源郷

とか、

まるで絵本から飛び出したような町

とか。

DSC06865
↑ボート

でもせっかくですので、水上集落を見学してみましょう。
渡し舟料金は1ブルネイドル(≒64円)でした。

ちなみに1時間チャーターして案内してもらうと、
20ブルネイドルくらいの模様です。

DSC06867
↑水上集落

もうじき上陸?です。

IMG_7551
↑水上集落

思っていたよりもだいぶ大きいです。
ただ家が集合しているだけではなく、ちゃんと道があって、
町のようになっています。

IMG_7553
↑水上集落

カブトガニ?

IMG_7556
↑水道管?

電気、水道など、それなりに整っています。
それどころか、学校とか病院とか消防署まであるそうです。

IMG_7560
↑水上集落

出来栄えはまちまちです。
このお宅はちょっと危ない感じ。

IMG_7561
↑水上集落

陸地部分にはゴミが溜まっていて、とても汚いです。
生活排水も、そのまま川に流しているようでした。

IMG_7564
↑水上集落

ここの皆さんは、

土地代が払えないから、仕方なくここに住んでいる

のではなくて、

好きでここに住んでいる

らしいです。

IMG_7570
↑水上集落

政府がかなりの好条件で公営団地を建てたりしたのですが、
それでも移住を拒む人が多いらしいです。

IMG_7574
↑水上集落

主な移動手段はボート。

IMG_7577
↑水上集落

鉢植えが飾ってあったりして、おしゃれな家も多いです。

IMG_7581
↑水上集落

これは学校とか公民館的な建物でしょうか。

IMG_7586
↑水上集落

飲食店。

この水上集落は600年以上の歴史があり、
現在も3万人以上が住んでいるそうです。

IMG_7588
↑水上集落

たまに怖い通路もあります。

IMG_7591
↑水上集落

こちらは行き止まり。
ちょっとした探検気分で楽しいです。
ゲームのフォールアウト3と雰囲気が似ている気がします。

IMG_7593
↑野生の猫

IMG_7598
↑水上集落

新築エリアです。
退去するどころか、まだ居住者が増えるのですね。

IMG_7600
↑水上集落

新築エリアへの門。
なんかフィクション的な雰囲気すら感じます。

IMG_7601
↑水上集落

「ちょっとウチに寄って、お茶でも飲んでいきなよ!」
とか言われることはありませんでした。

特にこちらに関心を示すこともなく、
みなさん普通に日常生活を送っていました。

もうちょっと愛想良くてもいいのになぁ、、と少し思いました。

IMG_7605
↑謎のタンク

IMG_7607
↑おばあちゃん

IMG_7611
↑水上集落

ここも公共の建物っぽいです。

IMG_7613
↑水上集落

ここでも建築中。

IMG_7616
↑水上集落

そんな感じの水上集落散策でした。
たぶんここでしか見ることが出来ない、貴重なものだと思います。
最近行ったなかでは、一番興味深い街並みかもしれません。

DSC06868
↑ボート

1時間くらいの散策を終え、陸へ戻りました。
1ブルネイドル(≒64円)

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ブルネイ

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.