無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

旅道具

-,

旅荷物一覧(簡易版:2012年1月版)

   

投稿日:2012-01-23 更新日:

突然ですが、持ち物の紹介をしたいと思います。

狙い1.誰かに参考にして欲しい
狙い2.自分のチェックリストにしたい
狙い3.モンベルの人に褒めてもらいたい

※この記事は2012年1月23日に書きました

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

旅荷物

DSC02612
↑全ての旅荷物

とりあえずこんな感じです。

これらをモンベルの35リットルのバックパック(ヌプリパック35だったかな?)
に入れています。

 

私の持ち物は、モンベル率が非常に高いです。

モンベル製品は安くて高性能なので大好きです。

「スポンサーになってください」

なんて事は、おこがましくてとても言えませんが、

「たくさん買ってくれてありがとう」

って言ってもらうことが、私のささやかな夢です。

折り畳み傘

DSC02613
↑雨具

01.折りたたみ傘(モンベル)

とても小さくて軽いので、持ち歩いていてもストレスになりません。

製品名とか値段とかも掲載したいところですが、今(フィジーにいる)は分からないので、帰国後に再度執筆しようと思います。

 

上着類

DSC02614
↑上着類

(左から順に)
02.ウインドブレーカー(モンベル)
03.ダウンジャケット(モンベル)
04.ストームクルーザージャケット(モンベル)

使わないときは小さくして収納できるので便利です。

(04)はレインウェアなのですが、雨の日以外でも定常的に着ています。

1枚持ってると、非常に重宝します。

バックパッカーの必須アイテムと言っても過言ではないかも。

 

カバン類

DSC02615
↑カバン類

05.小さなカバン(モンベル)
06.チェーン付き財布
07.小さくなる袋(モンベル)
08.小さくなるショルダーバッグ(モンベル)
09.セキュリティポーチ(モンベル)

(05)に地球の歩き方と手帳を入れて街歩きします。

試行錯誤を重ねた結果、このカバンに辿り着きました。

ちょうど良い大きさです。
ほぼ毎日使っています。

(07)や(08)は買い物とかトレッキングの時などに、必要に応じて使います。

 

カメラ1

DSC02616
↑カメラ1

10.NEX-5とワイドコンバージョンレンズ

主に広角撮影用に持ってきました。
でも今回はちょっと出番少なめです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

パソコン

DSC02617
↑パソコン

11.VAIOtype-PとACアダプタ

無職旅に欠かすことの出来ない必須アイテム、type-Pです。

世界遺産を背景にtype-Pの写真を撮ることが多いです。

今回の旅では世界遺産を訪れていないため、ブログ上には登場していませんが、もちろん毎日欠かさず使っています。

色々な国で、多くの人が褒めてくれました。

持っていて誇らしい、嬉しいアイテムでもあります。

 

小物入れ

DSC02618
↑小物入れ

12.小物入れ

生活用品などは、これにまとめて入れています。

DSC02624
↑小物入れ

広げるとこんな感じです。
極端な話、これと着替えがあれば旅ができます。

 

小物類1

DSC02620
↑小物入れの中1

13.おまもり類
14.爪切り
15.鼻毛切りハサミ
16.トゲ抜き

17.耳かき
18.筆ペン黒
19.筆ペン赤
20.3色ボールペン

21.ひげ剃り
22.歯ブラシ
23.歯磨き粉

(15)はけっこう便利です。
機内持ち込みもできますし、主に普通のハサミとして活用しています。

(18)(19)はたまに絵を描くのに使いますが、今回の旅では出番がありませんでした。

(14)(17)は短期なら必要ありませんが、長期の旅には必須アイテムです。

 

小物類2

DSC02622
↑小物入れの中2

24.ムヒ
25.冷えピタ
26.かぜ薬(パブロン)
27.頭痛薬(バファリン)
28.バンドエイド
29.体温計

30.ヘアワックス
31.日焼け止め
32.輪ゴム
33.ビニール袋

34.AIBO
35.ラーメンマン
36.付箋
37.クリップ

38.洗濯物を干すロープ
39.洗剤
40.マスク

(24)は必須です。一番大事な医薬品と言っても過言ではありません。

(25)もけっこう役立ちます。
カゼでも熱中症でもどんな症状にでも効果がありますので。

 

体調が悪い時には、(29)もだいぶ役立ちます。

私は38.9℃を超えたら病院に行くことにしています。

それ以下なら、(27)とコカコーラでたいがいは治ります。

意外に思う人もいるかもしれませんが、正露丸は持ってきていません。

総合的に考えると、あまり必要ないと思っています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

小物類3

DSC02623
↑小物入れの中3

41.NEX-5用充電器と予備バッテリー
42.EOS 7D用充電器と予備バッテリー
43.サイバーショットTX55用充電ケーブルと予備バッテリー
44.エネループ充電器とエネループ
45.デジカメの防水パック(ディカパック)

46.iPhoneケーブル
47.AC-USB変換プラグ(iPhoneの付属品)
48.コンセントの変換プラグ(サスコム)

49.iPhone4
50.iPhone用外付けバッテリー
51.ノイズキャンセリングイヤホン

52.SDカードリーダー
53.SDカード
54.USBケーブル
55.GPSユニット
56.延長ケーブル

世界各国でコンセントの形状が異なるので、(48)は重要です。

(48)は色々なタイプに対応しているので、今まで行った全ての国で使えました。

とても便利なのでオススメです。サスコム

 

衣類

DSC02625
↑衣類

57.洗濯物袋
58.衣類袋

DSC02626
↑衣類

こんな感じで丸めて収納すると、コンパクトにできます。

下着なども写っていて見苦しくて申し訳ありません。

59.薄くて乾きやすいTシャツ4枚(モンベル) 1枚は着用中
60.薄くて乾きやすいパンツ4枚(モンベル) 1枚は着用中
61.薄くて小さいタオル2枚
62.乾きやすい靴下4足(モンベル) 1足は着用中

63.普通の長ズボン(モンベル)
64.手ぬぐい
65.エリ付き半そでシャツ
66.暖かい長袖インナー(モンベル)
67.水着
68.エリ付き長そでシャツ
69.手袋(モンベル)

70.薄くて涼しい長ズボン(モンベル) 着用中
71.ベスト(モンベル) 着用中

あまり安くはありませんが、(59)の様な機能性下着はとても便利です。

恐らく荷物を小さくできている最大の要因は、ここにあると思います。

適当に干しておけば乾いてくれるのも、とても嬉しいです。

寒い国に行く時は、(66)的な物をあと数枚追加しています。

ところで今時の若い人は「ズボン」って単語使わないのでしょうか。
オッサンでごめんなさい。

 

その他1

DSC02627
↑その他1

72.折りたたみマット
73.サングラス
74.ゴアテックスの登山靴(モンベル)
75.サンダル
76.マッチと蚊取り線香と虫除けスプレー

登山靴は重たいし、ちょっと大変に思う事もありますが、総合的に考えると役立っています。

重い荷物を持っているのに薄っぺらな靴で歩き回ると、ヒザとか足首を痛める恐れもありますし。

 

その他2

DSC02629
↑その他2

77.アイマスク
78.とても小さなライト
79.ワイヤー付きダイヤルロック
80.ダイヤルロック

81.消毒用ジェル
82.目薬
83.せっけん
84.トイレットペーパー

(81)は超重要です。

これを使い始めてから、食中毒になった事は一度もありません。

効果は絶大だと思っています。

 

カメラ2

DSC02774
↑カメラ2

85.カメラバッグ
86.細いウエストポーチ(モンベル)
87.レンズ拭き
88.EOS 7Dとタムロンの17-270レンズ
89.ミニ三脚
90.サイバーショットTX55 使用中

(85)と(86)を組み合わせて使っています。
詳細はまた別の機会で。

以上、(ほぼ)全ての旅の持ち物です。

この他にパスポート、現金、クレジットカード、国際キャッシュカード、YHAカード、国際免許証、クリアフォルダ、腕時計などを持ち歩いています。

で、まとめを書こうと思ったのですが、それはまたの機会に。

思ったよりも品数が多くて疲れてしまいました。

 

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-旅道具
-,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.