無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

フィジー

-,

1/22デナラウアイランドその1 ナンディタウンとはまるで別世界の高級で安全な雰囲気

   

投稿日:2012-01-23 更新日:

2012/1/22に、ナンディの宿に着いたあとの話です。

疲労が溜まっているので、とりあえず寝ました。

そしてブログを書きました。

 

ドミトリーの同じ部屋には、おもしろドイツ人のホリィさんが居ました。

唐突に日本語を話してきて、私を驚かせます。

言葉のチョイスが絶妙です。

「どうも」とか「またね」とか「あなた、頂きます、ですか?」とか。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食

DSC02703
↑昼食

近所の食堂にて。

羊肉ヤキソバ 7.5フィジードル(≒323円)
コカコーラ 2フィジードル(≒86円)

ヤキソバちょっと高いんじゃない?と思ったのですが、ボリューム満点でむしろ割安です。

中華風の味付けで、なかなか美味しかったです。

そして本気コカコーラ。

DSC02706
↑街並み

今日は日曜日なので、殆どのお店が閉まっています。

でもそれなりに活気があるように感じるのは、サモアを経験したからだと思います。

サモアの日曜日は、本当にゴーストタウン状態でしたから。

DSC02707
↑お店

インド人が多いことを感じさせる品揃え。

 

デナラウ・アイランド

DSC02709
↑タクシー

この旅で初めてのタクシー乗車かも。

ナンディタウンからポート・デナラウ・リテール&コマーシャル・センターへ 12フィジードル(≒513円)

高級リゾートエリアの、デナラウ・アイランドに行ってみました。

日曜日でも営業しているお店が多いと思いまして。

 

地球の歩き方によると、島への交通手段はタクシーだけのようです。

また、あまりにも汚いタクシーだと、ゲートで入島拒否されるそうです。

DSC02711
↑海峡

私のタクシーは、無事に入島できました。

いきなりアトラクション的な感じで、ボートが爆走していました。

 

ポート・デナラウ・リテール&コマーシャル・センター

IMG_2199
↑商業施設

港でありショッピングモールである、

「ポート・デナラウ・リテール&コマーシャル・センター」です。

いきなり別世界な感じ。

これ本当にフィジーのナンディ?

タクシーで10分走っただけなのに、まるで雰囲気が違います。

IMG_2197
↑バイク

IMG_2201
↑商業施設

リゾート地らしい巡回バスもありました。

デナラウ・アイランドは、世界有数の大規模リゾート地区だそうです。

ゴルフ場、数件のホテル、港、ビーチ、ショッピングセンターなどがあります。

外界とは一本の橋だけで繋がっています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

IMG_2204
↑港

離島に行くための港。
そのチケット売り場です。

IMG_2206
↑船

大きくて快適そうな船です。
私もこんな船で移動したかったです。。

小型ボートでは、死にそうな目に合いましたから、、、(この記事参照)

DSC02716
↑パンフレット

日本語パンフレットも置いてありました。

日本人の普通のフィジー旅行というのは、主にこの島に宿泊することを意味するのだと思います。

IMG_2208
↑島内

街中とは一変して、おしゃれで優雅な空気がただよっています。

フィジーの街中は、治安面で少し気をつけなくてはいけません。

でもデナラウ・アイランド内は、もの凄く安心安全だと思います。

 

レストラン

IMG_2218
↑看板

ビールの入れ物でしょうか?
ビール好きにはたまらないですね。

そしてロブスターが55フィジードルかぁ。
品揃えも良いですね。

IMG_2216
↑レストラン

おっと、ちょうどロブスターを頼んだ人
がいました!

IMG_2216b
↑ロブスター

おー!でけー!!私もこんなの食べてみたいです!!!

そしてウェイターさんの表情も素晴らしすぎです。

IMG_2220
↑お店

品揃えも外界とは全然違います。
高級感がただよいます。

IMG_2221
↑商業施設

ここだけ見ていると、ハワイとかグアムのようにさえ感じてしまいます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-フィジー
-,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.