無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

フィジー サモア

-, , ,

1/22サモア⇒フィジー(エアパシフィック) そしてナンディの安宿へ

   

投稿日:2012-01-22 更新日:

2012年1月22日 日曜日 ファレオロ国際空港(サモア)

こんばんは。

サモアのファレオロ国際空港の真夜中です。

30分くらいしか寝られず、起きたあとは猛烈な退屈さと戦っていました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ファレオロ国際空港

DSC02683
↑チェックインカウンター

2:30頃、ようやっとチェックインカウンターが開きました。

今回もフィジーの出国チケットの提示を求められたので、iPhoneの画面を見せました。

そして出国審査、セキュリティチェック共に問題なく通過。

DSC02688
↑飛行機

今回もエア・パシフィックです。

公式HPで予約しました。

サモアからフィジーまでの片道航空券が384フィジードル(≒16,512円)。

やっと搭乗です。
長かったー。

いくら安いからといって、不便な時間のフライトというのも考え物ですね。

 

ところでこの搭乗ロビーで、サモアに来て初めて壁掛け時計を見かけました。

宿でも市場でも飲食店でも、壁掛け時計は1度も見かけませんでした。

サモア人のおおらかな性格を表しているのかもしれませんね。

DSC02691
↑おやつ

コーヒー。

気づいたら離陸していました。

そして気づいたら機内食が終わっていました。

100回以上飛行機に乗っていますが、機内食を逃したのは初めてです、、、無念。

その後のコーヒーだけ、なんとか飲む事ができました。

飲んだらまたすぐ寝てしまい、気づいたら着陸していました。

ここまでサモア

ここからフィジー

入国審査は問題なく通過。

税関ではやたら念入りに荷物を調べられましたが、問題なく通過できました。

DSC02694
↑空港内

毎度毎度、音楽でのお出迎えが嬉しいです。

本当はサモアから直接トンガに飛びたかったのですが、

いい(安い)飛行機が見つからなかったので、フィジーを経由する事にしました。

今回は3日間だけの滞在です。

DSC02696
↑送迎バス

最初に来たときは旅行会社職員に圧倒されてビビっていましたが、今回は2度目なのでとてもリラックスしています。

あっさりと宿の送迎車を見つけて、乗せてもらいました。

こんな早い時間(6時頃)から空港で待機しているなんて、かなりの働き者ですね。

DSC02698
↑景色

自然が綺麗です。

街もそこそこ整っていますし、やっぱりフィジーはレベルが高いです。

DSC02700
↑運転手さん

ナイスガイです。

 

ナンディタウンの安宿

DSC02702
↑部屋

前回と同じ、ナンディ・ダウンタウン・バックパッカーズという宿にしました。

ドミトリーで一泊14.4フィジードル(≒619円)。

DSC02701
↑朝食

着いたばかりなのに、無料で朝食も食べさせてくれました。
ありがとうございます。

この宿はあまり評判がよろしくないらしいので、最初に来たときはけっこう警戒していました。

ですが、スタッフは親切だし部屋も綺麗だし、むしろ良い宿のように思います。

 

そして部屋でブログを書いて現在に至ります。

さてロビーに降りてアップしようかな、、、と思ったら、ドアが開きません。

ドアノブが壊れてしまいました。

いきなりピンチ、、、

 

でも10分くらいかけて修復して、なんとか脱出できました。

今日は日曜日なので、近所のだいたいのお店はお休みです。

というわけで、高級リゾートエリアでも見学してこようと思います。

では行ってきます!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-フィジー, サモア
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.