無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

フィジー

-,

1/8ナンディタウンでのんびり、そしてマナ島へのボートと宿を申し込みました

   

投稿日:2012-01-08 更新日:

2012年1月8日 日曜日 ナンディ(フィジー)

おはようございます。

ナディ ダウンタウン ホテル (Nadi Downtown Hotel)に泊まっています。

バヌアツから2時間の時差なので、朝起きるのが大変でした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食

DSC01921
↑朝食

でも宿の無料朝食を食べるために、頑張って8時に起床。
ジュース、コーヒー、ミルク、砂糖、トーストです。

食後はかなりガチで寝てしまい、起きたら13時でした。

最近はゆったりと過ごしていたつもりですが、それでも疲れって溜まるものなんですね。

フィジーに到着したのが昨日ですから、特に運動とかしなくても、緊張感が疲れに繋がっているのかもしれません。

 

ナンディタウン散歩

DSC01922
↑街並み

日曜日なので多くのお店は休みですが、ぼちぼちひと気があります。

IMG_1851
↑ヒンドゥー教寺院

フィジーにはインド系の人が多いので、ヒンドゥー教の人も多いです。

IMG_1853
↑街並み

いつの時間帯でも、軒下でのんびりしている人がいます。

DSC01923
↑食堂

宿の近所のローカル食堂に入ってみました。

「旅してる」って気持ちになれるので、こういう所で食事するのは好きです。

それにしても鉄格子がちょっと気になります。
治安悪いんですかねぇ。

 

昼食

DSC01924
↑昼食

コカコーラ 2フィジードル(≒86円)
チキン焼き飯 5フィジードル(≒215円)

オイスターソースが効いてて美味い!

と最初は思ったのですが、ちょっと濃すぎて大変でした。

これがフィジー流の味付けなのかな?

DSC01925
↑店内

お客さんたちもいい味出してます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

宿に戻って離島の手配

DSC01927
↑宿の共同スペース

ナディ ダウンタウン ホテル (Nadi Downtown Hotel)に戻ってきました。

DSC01929
↑宿のツアーデスク

ここで色々と申し込む事ができます。

話を聞いたりパンフレットを見たりネットで調べたりして、けっこう悩みましたが、

マナ島行きの一式(ボートと宿泊)を手配してもらいました。

マナ島までのボートが往復で120フィジードル(≒5160円)。

マナ島の宿(ドミトリーで3食付)が1泊55フィジードル(≒2365円)を5日分。

合計395フィジードル(≒16985円)を支払いました。

 

最近は節約志向でしたから、久々に大きな出費になりました。

と思いきや、5泊6日で約17000円ですよ。
しかも朝昼晩の食事代込みです。

きっと素晴らしく綺麗であろう離島に5泊6日して17000円って、とんでもなく安い気がします。

(ニューカレドニアだと、1泊分になるかどうかも怪しいくらいです)

 

メモ

・マナ島に決めた訳

日本人観光客にとって、最も人気のある島らしい。
いくつかある離島のなかで、最も安く滞在できるらしい。

ヤサワ諸島に負けず劣らず美しいらしい。
宿のおっちゃんが、一番に薦めてきた。

 

・ヤサワ諸島について

映画「青い珊瑚礁」の舞台であり、フィジーで最も美しい海らしい。

ボートは往復で296フィジードル、宿泊(ドミトリー)は一泊70フィジードルと、少々割高。
(それでも十分安いとは思うが)

 

・他の離島について

ドミトリーで90~120フィジードルくらいする。

近郊の離島へのボートは一区間60フィジードルなので、たとえば、
本島⇒マナ島⇒ビーチカマー島⇒本島
みたいに移動すると、180フィジードルする模様。

 

・申し込みとか値段について

恐らく空港内の旅行会社でも、全く同じ内容を申し込めるはず。

だいたいどのツアーデスクでも、似たような料金でやっていると予想する。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

またナンディタウン散歩

DSC01931
↑街並み

先の予定を決めると、スッキリした気持ちになります。

というわけで、ぶらぶらと街歩きしました。

DSC01934
↑街並み

でも日曜日なので、殆どのお店は閉まっています。
スーパーマーケットくらいしか行く所がありません。

DSC01935
↑のんびりする人たち

DSC01944
↑川

徒歩10分くらいで、もう街の端っこまで来てしまいました。
ここから先は田舎になります。

DSC01947
↑酒屋さん

暇そう。
気さくに挨拶してくれる人が多くて、気持ちいいです。

DSC01948
↑スーパーマーケット内

羊の缶詰なんて初めて見ました。

DSC01960
↑買ったもの

備蓄食料(オレオ) 1.95フィジードル(≒84円)
ミロ 2.5フィジードル(≒108円)

DSC01958
↑ハンディクラフトマーケット

いくつかの店舗は営業していました。
「コニチワー ヤスイー ミルダケー」

東南アジアばりに、少々の日本語を使いこなしています。

DSC01959
↑商品

牛の骨で作ったヤモリのネックレスは、6フィジードル(≒258円)らしいです。

DSC01961
↑看板

ザ・カレーハウス

DSC01962
↑おばちゃん

「カライー オイシー」

夕食

DSC01964
↑夕食

ラムカレーセット 20フィジードル(≒860円)

ちょっと高いと思いましたが、値段に見合う美味しさでした。

香辛料が効いていて、味わいのある辛さでした。

DSC01966
↑街並み

そして日は暮れてきました。
何もやる事がありませんでしたが、疲れていたのでちょうど良かったかも。

DSC01967
↑部屋

おばあちゃんは21時ごろ、ミイラみたいに寝てしまいました。
寒いのでしょうか。ちょっと心配です。

私もブログを書いたら、適当に過ごして寝ようと思います。

マナ島、とんでもなく綺麗だといいなあ。

おやすみなさい。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-フィジー
-,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.