無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

フィジー

-, ,

1/9マナ島の1日目 ナンディタウンからボートで移動、徒歩5秒でビーチに行ける宿です

   

投稿日:2012-01-11 更新日:

2012年1月9日 月曜日 ナンディ(フィジー)

おはようございます。

いい朝です。

ナディ ダウンタウン ホテル (Nadi Downtown Hotel)に泊まっています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食

DSC01972
↑朝食

宿の無料朝食セット。

DSC01973
↑カギ

初めての旅(2001年)のときに買ったカギが、ついに壊れてしまいました。
10年間良くお世話になりました。

 

マナ島へ

DSC01974
↑送迎

今日からマナ島に行きます。

前日に、宿のツアーデスクで申し込んでおきました。

ボート代が往復120フィジードル(≒5160円)、
宿泊費が一泊三食付で55フィジードル(≒2365円)です。

DSC01978
↑街並み

DSC01985
↑海沿い

IMG_1854
↑海

港ではないところに到着。

マナ島まで奥の船で行くんだよね? まさか手前のボートじゃないよね?

という不安は的中してしまいました。

 

小型ボートに乗ります

DSC01989
↑船

出発して15分くらい経ったところ。

エンジンが妙な音を出している気がします。

心配そうな顔をしないでください、、、やめてください。

DSC01996
↑船

心配は的中。ボートは故障してしまったようです。

一度引き返して、別のボートに乗り換えて、再出発しました。

DSC02008
↑海

フィジーには、小さなリゾート島がたくさんあります。
いくつかの島を経由して、マナ島に向かいます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

マナ島に到着!

DSC02016
↑マナ島

そんなこんなで、ナンディから90分くらいでマナ島に到着。
宿の人達がお出迎えしてくれました。

DSC02019
↑宿

Sereana's Backpackersという宿です。

最初に色々なことを全体説明。

でも私だけ理解力が足りなかったので、後で個別に説明してもらいました。

IMG_1867
↑ビーチ

このマナ島で、5泊6日過ごします。

IMG_1869
↑宿の外観

宿から徒歩5秒くらいでビーチです。

DSC02023
↑部屋

部屋の快適度は、ぼちぼちな感じです。

電源は夜しか使えませんし、冷房設備もありません。。

DSC02025
↑ビーチ

いいですねー。とても綺麗です。

こんなところでのんびり出来るなんて最高です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

昼食

DSC02029
↑昼食

宿泊費に三食の代金が含まれています。

炒飯のようなパエリアのような料理。

味は、、、あまり、、、

DSC02027
↑テーブル

同じテーブルのドイツ娘(可愛い)は、食が進まないようです。

IMG_1875
↑ビーチ

みんなのんびりしています。

IMG_1878
↑手工芸品の売店


↑公衆電話

謎のクローが付いていて強そうです。

DSC02034
↑宿の共同スペース

旅仲間の輪に溶け込めなくて、ちょっと寂しいです。

自分の英語力が足りないため、弱気になっています。

DSC02036
↑島内

 

夕食

DSC02037
↑夕食

宿の無料夕食。
カレーのような料理。

これはなかなか美味しかったし、野菜も多く入っていて嬉しいです。

DSC02042
↑ビーチ

DSC02043
↑釣り人

DSC02045
↑魚

釣った魚はビーチに適当に放っておくみたいです。

そんな感じで一日が終了。

本当にやることがありません。

5泊は長かったかなー、、と早くも後悔の念が。

しかしまぁ、こういうのもたまにはアリですかね。

きっと人生で一番のんびり過ごす6日間になると思います。

あまりにもやることが無いので、読書が捗ります。

英語が通じなくて悔しい気持ちがあるので、勉強も捗ります。

けっこうな勢いで、英単語を覚えています。

ではまた明日。
おやすみなさい。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-フィジー
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.