無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

キルギス

7/1ビシュケク到着 なぜか宿に到着してすぐに将棋

   

投稿日:

7/1に、キルギスのビシュケクの空港に到着したところからです。

より大きな地図で 110703アジア を表示
↑旅のルート

こんな感じで移動してきました。
キルギスは中国のひとつ西の国です。

ゴールはトルコのイスタンブールなので、距離的には半分以上進みましたが、
内容的にはやっとスタート地点といった感じです。

キルギス基礎データ
国名:キルギス共和国(キルギスタンという呼び方もあり)
首都:ビシュケク
面積:日本の半分くらい
人口:540万人くらい
言語:キルギス語とロシア語(英語は通じづらい)
通貨:ソム(1ソム≒1.8円)
治安:どうなんでしょ?

反政府集会があったり、武装勢力の激突があったりと、たまに大変なことがおきます。
外務省のHPでも、ビシュケクは「渡航の是非を検討してください」だし、
他の都市も「渡航の延期をお勧めします」になっていたりします。

旅人的には大丈夫だと判断して来てみたのですが、いったいどんな感じやら。

P1340874
↑空港

首都のビシュケクの空港ですが、利用客も少なく、こぢんまりしています。
入国審査では、私はスタンプ捺してはいOKで20秒くらいでしたが、
やたらと時間がかかっている人が多かったです。

日本人はビザ不要だし、60日以内なら外国人登録も不要なので、
気軽にいける国だと思います。

とりあえずATMで現地通貨を引き出して、町に向かいます。
ATMでは、USドルも引き出せました。
ドルの現金が少なくて不安だったのですが、これで一安心です。

P1340875
↑バス

空港のすぐ前に、町へのマルシュルートカ(ミニバス)がいました。
これで町へ向かいます。料金は30ソム(54円)。

タクシーの客引きも居ました。
けっこうしつこいのですが、人柄の良さそうなおっちゃんだったので、
邪険にせずに丁重にお断りしておきました。
ちなみに料金は7ドルだそうです。

P1340877
↑バス内

他の乗客と、ロシア語だかキルギス語だかで談笑。
挨拶の言葉すらわかりませんが、いきなりいい雰囲気です。
これぞ旅。

P1340881
↑景色

荒野と農業地帯をひたすら走ります。
町に近づいたところで他の乗客が、
「どこに行きたいんだ?降りる場所を教えてやるぞ」と言ってきました。
ご親切ありがとうございます。

P1340882
↑街並み

45分くらいで街中のオシュ・バザール付近に到着。
ここから別のマルシュルートカ(ミニバス)で、宿の付近に移動しました。
料金は8ソム(≒15円)。

P1340884
↑街並み

両替屋さんが何件もあります。
USドルからの両替が、レートが良さそうです。
日本円からの両替は、できないお店が多いです。

IMG_3759
↑公園

ビシュケクは札幌と同じくらいの緯度で、標高900mくらいです。
昨日までの西安の猛暑とは打って変わって、快適な気候になりました。
午前中はやや涼しい感じです。

IMG_3762
↑街並み

たぶんサーカスの建物。

IMG_3765
↑街並み

味わいのある建物や道ですね。

P1340896
↑部屋

日本人経営の、さくらゲストハウスに来ました。
ドミトリーが一泊350ソム(≒630円)。
プールとかキッチンがあって、無線LANも使えて、とても快適です。
しばらくお世話になります。

チェックインして荷物を降ろして、最初にしたこと、、、
それは、、、

なぜか将棋でした。
ゲストハウスのご主人は、将棋が大好きのようです。

P1340887
↑将棋

私の提案で、5五将棋(5ます将棋)をやることにしました。
(ルール等詳細を知りたい人はググってください)

もし今後キルギスで大ブームになったとしたら、
持ち込んだのは私という事で、大いばりしようと思います。

P1340888
↑おやつ

宿の近所の売店で購入したペプシ 22ソム(≒40円)
私も熱くなりやすい性格なので、着いた早々から、将棋をやりまくってしまいました。

こんな感じで、キルギス旅、中央アジア旅のスタートです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-キルギス

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.