無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 3月は旅はお休みします

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

アルゼンチン

3/8サルサ教室を見学

   

投稿日:

***************************
2011年3月8日 火曜日 ブエノスアイレス(アルゼンチン)

おはようございます。
今日も昨晩のワインのため、昼頃までゆっくり寝てしまいました。

今日が南米の実質最終日なんですよね。
こんなにまったりしている事も珍しいです。

P1330699
↑朝食

昨日買ったドリトス 6アルゼンチンペソ(≒120円)

P1330714
↑おやつ

コカコーラ 5アルゼンチンペソ(≒100円)

P1330700
↑昼食

宿の近所の喫茶店にて。
揚げパン1つとタルト半分とコーヒーで17アルゼンチンペソ(≒340円)。

揚げパン内にはハムとチーズが入っていました。
セブンイレブンのブリトーみたいで美味しいです。

IMG_5441
↑街並み

今日帰国する仲間をバスターミナルまで送ったあと、町の散策に。

ブエノスアイレスは、南米旅の起点(または終点)として、
最も一般的な町だと思います。

なので宿にも、
・これから旅を始める人
・もうすぐ帰国する人
が何人も居ます。

というわけで、旅人的にはしんみりしやすい町かもしれません。
私も明日のフライトで戻りますし。

IMG_5450
↑街中でタンゴ

P1330715
↑露店

アルゼンチンは革製品が有名のようです。

私も革のベルトを買ってみました。
60から50アルゼンチンペソ(≒1000円)に値切って購入。
いい匂いがします。

IMG_5453
↑突風に負けない人

IMG_5454
↑ゲーセン

やっぱり鉄拳タッグトーナメントが置いてありました。

P1330716
↑ゲーセン内

それどころか、やたらとレトロなゲームもちらほら。

IMG_5458
↑街並み

今日が連休最終日のため、営業中のお店はとても少なかったです。
なかなかお土産買えんなぁ。
適当に散策して宿に帰着。

今日は同じ宿のY姉さんに、

サルサ教室

に連れていってもらう事にしました。

もともと興味はあったのですが、
「ものすごく可愛い子が多いよ!」の一言で、行く気がみなぎりました。

IMG_5468
↑サルサ教室入り口

というわけで、バスと徒歩でサルサ教室に。

サルサの本場は中米らしいのですが、
治安面などを考慮すると、ブエノスアイレスで習うのも良いそうです。

IMG_5500
↑教室内

入場料は25アルゼンチンペソ(≒500円)。
サルサ教室であり、バーでもあるので、気軽に見学OKです。

Y姉さんはサルサを学ぶため、ブエノスアイレスに滞在しているそうです。

IMG_5482
↑教室内

すごく楽しそう!

それが第一印象です。

IMG_5503
↑教室内

サルサを超簡単に説明すると、

・社交ダンスがもっとカジュアルになった雰囲気
・男性がリードして、女性がそれに合わせる
・色々なダンスの要素が混ざっている

こんな感じのダンスです。

IMG_5508
↑教室内

TV収録だそうです。
オバマ大統領似の地元タレントが来ていました。

IMG_5523
↑教室内

ダンスできると格好いいですね。
ずんぐりむっくりのおっちゃんでさえ、やたらハンサムに見えてしまいます。

先生の動きは、武道の達人のごとく、無駄や隙を感じさせませんでした。

IMG_5525
↑教室内

ロックンロール担当の先生。
口癖は「俺はロックをやるために生まれてきた」(という雰囲気)

IMG_5530
↑教室内

日本人に足りないのはサルサなのかもしれません。

「一緒に踊りませんか?」⇒「ええ。ご一緒します」
この一連の流れなど、ダンス以外のやりとりも好印象でした。

そして楽しみながら練習する姿も好印象。

理由は上手く説明できませんが、日本で辛い気持ちになっている人は、
サルサをやると人生が楽しくなるかもしれません。

IMG_5542
↑教室内

こちらは初心者コース。
私もあと10日くらい滞在予定があれば、ここに通ったんだけどなぁ。

そんな感じで約90分間、サルサ教室を楽しく見学させて頂きました。
Y姉さんありがとうございました。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-アルゼンチン

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.