無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

シリア レバノン

ベイルート⇒ダマスカス

   

投稿日:

7月15日に、ベイルート散策をした後の話です。

P1260678
↑バスターミナル

宿の近所の、シャール・ヘロウというバスターミナルです。
レバノンに来たばかりですが、もうシリアに向かいます。

P1260681
↑バス

これに乗ることにしました。
料金は14000レバノンポンド(≒840円)。

乗用車、ミニバス、大型バス、色々あって、
値段も出発時間も異なります。

安全性と快適性を重視して、大型バスにしました。

バスターミナルで2時間も待ちましたが。。。

P1260682
↑バスターミナル

バスの遅れを熱弁する運転手。(推定)

P1260683
↑バス内

広くて快適です。冷房もバッチリです。
待った甲斐がありました。

17:15ごろ、ベイルートを出発です。

P1260689
↑看板

P1260692
↑街並み

19:15ごろ、国境に到着。
出国はスムーズでした。

が、シリア側の入国が、色々とエキサイティングでした。

その1:アメリカ人親子
まさかの入国拒否。
といっても意地悪ではなく、ビザが無かったようです。
日本人は陸路国境でシリアのビザを取得できるのですが、
アメリカ人は取得できないようです。
バスを降りて、ベイルートまで引き返す事になっていました。

でも、、この人たちの態度も悪かったので、
正直なところあまり同情できませんでした。。

母と娘だったのですが、
・母 ずっとガムをクチャクチャして、高圧的な感じ
・娘 ノースリーブで、腕全体に女神のタトゥー
こんな感じで。

いや、別にアメリカの悪口を書きたいわけじゃないんですよ。。
こういうでき事があったというだけです。

P1260763
↑アメリカ人親子

その2:イラン人割り込み
上記親子のため、窓口でずいぶん待たされました。
そしてやっと私の順番になりました、、、
と思ったら、イランのパスポートを20冊持った男が、
私の前に割り込んでくるではありませんか!

そして職員にお金を渡していました。

ワイロなのか!?
噂には聞いていましたが、現場を見たのは初めてです。

ムカっときました。
が、5秒後にはワクワクしていました。

私がいくら出せば、この割り込みを無効にできるのだろうか?

そんな事を思いついてからは、楽しくて仕方ありませんでした。
いつ、どのタイミングで、いくら渡そうか。
緊張しながら、ドキドキしながら、様子を伺いました。
ジャパンマネーを舐めるなよ!なんて思いつつ。

結果

何もしていないのに、私のパスポートを先に処理してくれました。

日本人だから親切にしてくれたのか、
あるいは割り込みとは別の意味のワイロだったのか。
真相は不明ですが、ちょっと拍子抜けしました。

P1260764
↑イラン人

その3:職員大ゲンカ
ここまでの話とは無関係に、殴り合いをしている人がいました。

その4:大男急接近
130kgくらいありそうな大男が、私の後ろから激突してきました。
意味不明です。

色々ありましたが、無事にシリアに入国できました。
3日間有効なトランジットビザが、8ドル(≒720円)でした。

**************
ここからシリア

P1260695
↑夕食

21:00頃、シリアの首都、ダマスカスに到着しました。
ちょっと郊外の、ガラージュ・ソーマリーエというバスターミナルです。

どうやって街中に行こうか。

迷う間もなく、そこらへんの子供とおっちゃんが教えてくれました。

安心したので、とりあえず食事。
肉のサンドイッチ 50シリアンパウンド(≒100円)
残念ながら、あまり美味しくありませんでした。

re
↑食堂の子供

熱心に地球の歩き方を見ています。

IMG_8056
↑バスターミナル

ここからレッドバスで、市内に向かいました。
料金は5シリアンパウンド(≒10円)。

P1260697
↑街並み

P1260701
↑宿

アッサアダという宿にしました。
ドミトリーで、一泊500シリアンパウンド(≒1000円)。
朝食込みです。

ブルガリアのリラの僧院で会った日本人と同室でした。
約3週間ぶりに、3つ国境を越えての再開です。
いやー、旅って面白いですね。

けっこう疲れも溜まっていたので、とっとと寝ました。
おやすみなさい。

余談
現在、ダマスカスのネットカフェで、ブログを作成しています。
ちょっとブログに時間かけすぎかなぁ、、と思ったのですが、
それもアリだと思う今日この頃です。

中東で、特にシリアでは、多くの人に親切にしてもらいました。
そのお礼に、自分に何ができるか?
直接、恩返しすることはできません。

だから、せめてブログで、シリアの魅力をたくさん伝えたい。
そう思うようになりました。
ろくに観光もせず、3時間も執筆していますが、気にしない事にしました。

ブログを読んでくれた皆さんが、
「シリアっていいところなんだなあ。予想外だなぁ。」
と思ってくれると嬉しいです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-シリア, レバノン

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.