無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 中国 香港

2017年3月旅(香港+東莞)の費用集計&まとめ 5泊6日の香港グルメ三昧は59,896円でした

   

投稿日:

2017年3月の『香港+東莞の旅』の、全体の費用集計&まとめを書いてみます。

各記事へのリンクは、2017年3月旅(香港+東莞)をご覧ください。

旅の期間は、2017年3月9日~14日の6日間でした。

旅のほとんどが香港ですので、わざわざ合算する程の事でもないのですが、一応いつも通りの書式で書きます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

行った場所と日程


↑行った場所

こんな感じの旅でした。

2017年
3/08 出発 友人のカイタロウ君の家(千葉県)に宿泊
3/09 成田⇒香港 尖沙咀に宿泊
3/10 北角に宿泊

3/11 旺角に宿泊
3/12 香港⇒東莞 東莞の知人の家に宿泊
3/13 東莞⇒香港 旺角に宿泊
3/14 香港⇒成田 帰宅

日本での前泊を合わせても6泊7日ですので、無職旅史上で最も短くて、さらに最も観光要素の少ない旅となりました。

それでも意外な事に、満足度はけっこう高かったりするんですよねー。

その理由も含めて、各項目ごとに費用集計結果をご紹介します。

 

全体の費用集計

食費:17,582円(平均3,516円/日)

これは凄いです。

1日あたりの食費は、過去最高額となりました。しかもぶっちぎりですよ!

だって2番目に高いのが、2016年のイタリア・スロヴェニア・ハンガリー旅なんですけどね。

その時はパスタとかフォアグラとか食べまくったのに、それでも1日平均が2,012円でしたから。

今回の旅がいかにグルメ三昧だったかを、明確に表していると思います。


↑点心

香港では朝だろうが深夜だろうが、とにかく飲茶(点心を食べながらお茶を楽しむ事)をしましたからねー。


↑点心

以前から何回も『香港の飲茶(点心)が大好き』と書いていましたが、それが本当であるとお分かり頂けたかと思います。

実質4日間の香港滞在で、8回も飲茶しております。


↑点心

今回の旅で体感したのは、『美味しい物を食べるのは、素晴らしい観光地に行くのと同じくらい価値がある』、という事です。

いや、本当に心の底からそう思いますよ!

なので香港では町歩きして、いくつかのお店に入っただけなのに、やたらとやたらと楽しかったですから。

 

ちなみに2017年1月の『マレーシア+インドネシア旅』の食費は、1日平均で982円でした。

2014年4月の『インド+パキスタンなどの旅』の食費なんて、1日平均で513円でしたし、それと比べると今回がいかに高いかが伝わると思います。

 

宿泊費:5,391円(平均1,078円/日)

東莞で知人の家に泊めてもらった事を考慮すると、実質的には1,300円/日くらいになります。

香港ってもっと宿代が高い印象があったので、これくらいで済んで助かりました。


↑旺角の安宿

香港の安宿は、ドミトリー(相部屋)なら平日が1,000円前後で、週末は2,000円前後くらいが目安のようです。

ただこの価格帯だと基本的に狭い部屋ですし、快適さを求めるならば、もう1ランクか2ランク上の価格帯を狙った方が良さそうですね。

香港の宿情報は別途まとめますので、また追記します。

書き途中ですが ⇒ 香港のホテル情報

 

交通費:31,396円

日本からの航空券 26,650円 成田⇒香港:ジェットスター航空、香港⇒成田:バニラエア
旅先の国内交通 4,747円
旅先の国際交通 0円

日本から香港へは、LCC(格安航空会社)がいくつか就航しています。

私が利用した以外にも、香港エクスプレスとかピーチとかがありますね。

セール期間とかじゃなくても、安い日を狙えば往復で20,000円~30,000円くらいで航空券を買えるので、比較的気軽に行けると思います。

ちなみに『旅先の国内交通』は、中国本土の深セン⇔東莞の往復が含まれていますので、もし香港内を移動するだけなら、2,000円くらいで十分足りると思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

入場料:0円


↑香港の街並み

今回は入場料がかかる観光スポットには行きませんでした。

っていうか、観光スポットに行きませんでした。

でも香港で一番楽しいのは、やっぱり町歩きだと思うんです。

雑然としてて混沌としててエネルギッシュな街並みが、香港の最大の魅力かと。


↑公園

朝の公園で、武術を見たりやってみたりするのも、とてもよろしいと思います。


↑湾

初めて香港仔(アバディーン)に行ってみましたが、どことなくレトロな感じがとても気に入りました。

 

今回の旅では行きませんでしたが、ライトアップされた香港湾とか、ブランド店が集まったショッピングモールとか、とにかく色々あります。

なので特に目的なく行った人でも、何かしらお気に入りスポットが見つかる可能性は高いと思います。

 

エンターテイメント:3,690円


↑マッサージ店

足マッサージに2回行きました。

日本に比べると値段も安いので、もっと頻繁に行っても良かったかもです。例えば毎日とか。

 

ツアー代:0円

特にツアーには参加しませんでした。

っていうかさっきも書きましたが、観光自体を殆どしてないですからね。

 

その他:0円

この項目も、特に何もありませんでした。

短期間でしたので、現地で洗濯もしませんでしたし。

あとは荷物が小さくて軽かったので、荷物預けとかを利用することなく、ずっと持って歩けたのも良かったです。

 

お土産代:内緒


↑お土産

「短期間の旅で旅費が安いから、お土産はガッツリ買うぞー!」と意気込んだのですが……ちょっとやりすぎました。

集計してみたら、他のどの項目よりも高くてビビりました。

でも今のところ香港土産はそこそこ評判が良くて、家族や友人の皆に喜んでもらえたみたいで良かったです。

 

書籍代:1,836円

地球の歩き方の香港編を、新しく買っておきました。

香港編を買うのは3回目か4回目くらいなのですが、あちこち開発されて進歩しているので、なるべく新しい情報を知りたいですからねー。

でも最新版(2016年秋のデータ)を買ったのに、そこからさらに地下鉄駅が増えてるのはビックリしました。まだ半年も経っていないのに。

Amazon ⇒ 地球の歩き方:香港

 

 

それでは各項目が出そろったところで、合計金額の発表です。

 

総合計

5泊6日の香港・東莞旅の総額費用

 

 

 

 

59,896円

 

でございます。
(お土産代抜きで)

 

んー、なかなか微妙な金額になりましたねー。

『バックパッカー的な視点』でいうと、たかだか6日間で、しかも近場の香港でこの金額は、ちょっと高いかなあと思います。

でも『一般的な海外旅行の視点』でいうならば、「あれだけ楽しんでグルメ三昧しても、これくらいで済むんだなあ」という印象になるかもしれませんね。

安くて美味しい香港料理のお店にたくさん行って、到着直後から帰国直前まで、たっぷり楽しめましたし。

 

まとめ


↑点心

直近の記事でも、たっぷりと満足感を主張しましたので、まとめはシンプルに。

香港料理は世界トップクラスに美味しいので、それだけでも行く価値は高いと思います。

どれくらい美味しかったかを表現した各記事へのリンクは、2017年3月旅(香港+東莞)をご覧ください。

地域ごとにわけた費用集計記事はこちらになります:費用集計の香港編費用集計の中国(東莞)編

また航空券や宿の手配では、予約サイト集に掲載したサイトも活用していますので、ご参考になれば幸いです。

【広告リンク】
HISの香港ツアー
【JTB】香港の現地オプショナルツアーを探す
【JTB】香港のホテルを探す


無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, 中国, 香港
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.