無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 【東南アジア】

東南アジア旅にかかったお金

   

投稿日:

このタイミングで書くのも変な感じがしますが、
2012年4月~5月の、東南アジア旅の費用集計結果です。

書こう書こうと思っていてなかなか書けなかったのですが、
今日は余裕があるので、やっと書けます。

BlogPaint
↑行った場所1

まずはこんな感じで移動して、

BlogPaint
↑行った場所2

タイを拠点に東南アジアの国々をまわり、マレーシアから帰国しました。
(矢印の色分けは、特に意味はありません)

3/30に出国し5/17に帰国したので、全体では49日間なのですが、
序盤は旅ではなくガイドのボランティアだったので、
旅としてはタイに入国した4/10から開始とします。

37泊38日の東南アジア旅でした。
旅の日程は以下の通りです。

3/30 日本出発
3/30 台湾(ガイドのボランティア)
4/06 香港(ガイドのボランティア)
4/10 タイ(バンコク)
4/14 ミャンマー(ヤンゴン、マンダレー、バガン)

4/20 バングラデシュ(ダッカ)
4/24 ネパール(カトマンドゥ、ポカラ)
5/02 カンボジア(アンコールワット)
5/05 ラオス(ビエンチャン、ルアンパバーン)

5/10 タイ(ノーンカーイ、バンコク)
5/13 マレーシア(ペナン島、クアラルンプール)
5/15 ブルネイ(バンダル・スリ・ブガワン)
5/17 日本帰着

移動しまくりですね。
しかも各国の移動の間に、タイとかマレーシアが挟まっています。
タイだけで4回も入国してしまいました。
総入国回数は15回にもなります。

それでは今回も一項目ずつ、集計結果を書いてみようと思います。

2012年5月頃のレートで換算しています。
(1ドル=80円くらいです)

bd426f4c
↑マレーシアのうどん

◆食費:20,352円(平均536円/日)
安いといえば安いのですが、安くないといえば安くないですね。
例えば南米旅は1日平均872円、南太平洋旅は1日平均792円でした。
物価の差を考えると、ちょっと割高に感じますね。

でも南米や南太平洋が自炊を多くおこなった事に対して、
東南アジア旅ではほぼ全て外食でした。
あまり贅沢はしなかったものの、
特に節約もせずに食べたいものを食べたいだけ食べました。

それでこの値段なんだから、やっぱり安いですね。

◆宿泊費:12,916円(平均340円/日)
安い、、、
夜行列車も多く使ったとはいえ、それにしても安いです。
さすが東南アジア。
宿泊費は、本当に割安に感じます。

◆交通費:149,080円
・旅の開始の航空券.......15,782円(香港⇒タイ)
・旅の終わりの航空券......19,720円(クアラルンプール⇒羽田)

・国内交通............24,635円
・国際交通............89,541円

毎度毎度、一番高くついてしまう交通費。
でもこんなくらいに抑えられたのだから、やっぱり東南アジアは安いです。
飛行機だけでも10回乗ってますからね。

ちなみに空港使用料とビザ取得代金も、この交通費の項目に含めています。

76ee61ba
↑ラオスのブッダパーク

◆入場料:5,733円
値上がりしている場所も多かったのに、それでもこの値段。
ヨルダンのぺトラなら、1ヶ所だけでこれくらいかかりますし、
やっぱり東南アジアは安いです。

ふと気づくと、さっきから「安い」って書きまくってますね。

◆エンターテイメント:10,383円
何回もマッサージに行ったので、このお値段です。
とある紳士に、高級な飲食店に連れていってもらったので、
そのときに支払ったチップ代もこの項目に含めています。

◆ツアー代:0円
特に参加せず、自力でまわりました。
東南アジアは観光についてのシステムはよく整備されているので、
だいたいの場所は自力で観光することができます。

◆その他:2,948円
荷物預けとかインターネット代金とか。
駅と空港の荷物預けが高かったなぁ。

◆お土産代:内緒
それなりに使っていました。
でもマレーシアで買ったチョコレート、箱に対して中身が小さすぎてガッカリでした。。

◆書籍代:13,230円
地球の歩き方を数冊。

それでは各項目が出揃ったので、合計金額の発表です。

37泊38日の東南アジア旅の総額費用

215,241円

でした。

納得です。
まあこんなところでしょう。

旅慣れている人からすると、「もっともっと安くなるでしょ?」と思うかもしれませんが、
今回はあちこち行きまくってますから、こんなところでしょう。
国際交通費だけで125,044円もかかっていますしね。

ではここからは、写真を見ながら軽く振り返ろうと思います。

673e9fac
↑タイの水かけ祭り

狙ったわけではないのですが、タイに到着した早々、水かけ祭りが始まりました。
いつか見てみたいと思っていたんですよね。
凄く楽しかったです。

タイ好きな人は、わざわざ参加しに来るべきだと思います!

5074dc99
↑ミャンマーのバガン遺跡

2ヶ国目はミャンマー。
タイの隣にあるものの、ビザは必要だし、陸路での入国は制限があるしで、
近くて遠い国という認識でした。

でも行ってみたら、これが面白い面白い。
よい意味で観光地化が進んでいないというか、観光客が多くないので、
全体的にすれていない雰囲気が、とても居心地よかったです。

ミャンマーも強くオススメです。

efc2349c
↑バングラデシュのオールドダッカの船着場

続けてバングラデシュ。
特に観光っぽいことはしなかったものの、楽しく過ごせました。

人々が外国人を珍しがっている様子がとても楽しく、
そして親切に接してくれたので、とてもいい印象の国です。

今まで旅したなかで、
「人がいいなぁ、面白いなぁ」
と非常に強く思ったのは、シリア、トンガに続いてこれで3ヶ国目です。

1a772197
↑ネパールのバクタプルの広場

次はネパール。
これがとてもとても楽しかった。
今回の旅で一番楽しかったのは、たぶんネパールだと思います。
行く前からこんなにワクワクしたのも久しぶりです。

旧市街の街並みが素晴らしく、楽しく町歩きできました。

fe893676
↑ネパールのポカラ近郊

ほんの1泊2日だけでしたが、トレッキングもしました。
これも楽しかったなー。
ネパール楽しかったなー。

486e540f
↑カンボジアのアンコールワットの朝日

そしてカンボジアへ。
2泊3日で、アンコールワットのみを見学に行った形です。

10年ぶりに訪れたのですが、やっぱりアンコールワットは凄い!
世界トップクラスの遺跡です。
タイムスリップ感というか、理屈を超えた感動というか、
とにかく素晴らしい感動を味わうことが出来ました。

ただ、、、もうちょっと静かに見学が出来たら、
もっともっと素晴らしいんですけどね、、、それだけが残念でした。

a123982e
↑ラオスのルアンパバーンのナイトマーケット

日程がカツカツになってきましたが、結構な強行日程でラオスへ。
旅人の評判どおり、のんびり過ごせるいい国でした。

ビザも不要ですし、タイから最も簡単に行ける周辺国だと思います。
「初めての陸路での国境越え」に挑戦するには、タイ⇔ラオスが最適かも。

3c5146bd
↑タイのカオサン通りのパッタイの屋台

ラオスのあとはタイに戻りました。
今度は通過せずに、数日間滞在しました。

タイのバンコクのカオサン通りは、旅人の聖地です。
世界中からバックパッカーが集まってきます。
そして私の旅の原点でもあります。

久々のカオサン通りは、やっぱり最高でした。
パッタイも最高に美味しかったです。

1c663492
↑タイのワットポーの涅槃仏

ご飯は美味しいし、見どころはたくさんあるし、物価は安いし、
旅しやすい環境が整っているし、日本からもそれほど遠くないし。

私が一番好きな国:タイの魅力は、10年経っても全然色あせていませんでした。
きっとこれからも、一番であり続けると思います。

1f8c3856
↑マレーシアのペナン島のビーチ

タイから南下してマレーシアに。
ペナン島はビーチが綺麗だったら、もっと楽しめたんですけどねー。
でも落ち着いた雰囲気の街並みが好印象でした。

8a2f0957
↑ブルネイのモスク

最後の最後に無茶な日程で、1泊2日でブルネイに立ち寄りました。

首都の中心部のみの観光でしたが、
モスクとか水上集落とか、見ごたえがあって楽しかったです。

何回もブルネイに行こうと思っては行きそびれていたのですが、今回は無事に訪問できたので、やっと心のつかえが取れました。

と、そんな感じの東南アジア旅でした。

これまでに世界のあちこちを旅してきましたが、やっぱり東南アジアはとても良いです。
物価のことも考慮すると、

世界で一番旅が楽しいエリアは、東南アジアである

と言っていいでしょう。
断言してもいいです。

ただこの時期は暑かったですね。
12月~1月がベストシーズンですので、その時期をオススメします。

一人旅をしてみたいな。ついでに人間的に成長出来るといいな。
でもどこに行ったらいいんだろう?

なんて思っている人がいたら、
とりあえず東南アジアに行ってみてください。

各記事へはこちらから:東南アジアもくじ

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, 【東南アジア】

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.