無職で海外とか国内を旅をしている人のブログでしたが個人事業主になりました 次の旅は2023年初旬かな

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ベトナム

昔のベトナム旅12(最終回)

   

投稿日:

無職旅/若き日の大冒険シリーズ、ベトナム編の12日目です。

*******************************
2006年1月2日 日曜日 ホーチミンシティ(ベトナム)

7:00頃起床。
おはようございます。
このベトナム旅も、今日で最終日です。
今日は特に予定は無いので、ぶらぶらしたりお土産を買ったりして過ごそうと思います。

DSC01098
↑朝食

プリン 8000ドン(≒64円)

宿の近所の食堂にて。
いや、、、確かにプリンを注文しましたけど、何も最初に持って来なくたって、、、

DSC01101
↑朝食

コーヒーシェイク 7000ドン(≒56円)
チャオガー(おかゆ) 14000ドン(≒112円)

美味しかったです。
本当は揚げパンをちぎって入れるらしいですが、今回は付いてきませんでした。

DSC01112
↑街並み

適当に散歩しながら買い物。

とりあえずお土産用の大きなカバンを買いました。
12ドル(≒1440円)

DSC01105
↑おやつ

9:00頃、宿で意気投合した人と一緒におやつを食べに。
ヨーグルト 3000ドン(≒24円)
プリン 4000ドン(≒32円)

プリンがとてもとても美味しかったです。
ヨーグルトもなかなか。
ベトナム甘味の実力は、かなり高いのかもしれません。

おやつを食べながら、しばらくまったり過ごしました。

DSC01109
↑街並み

DSC01116
↑街並み

中央郵便局から実家に電話したりしました。14000ドン(≒112円)

DSC01115
↑雑貨屋さん

経緯は忘れましたが、なぜか店主のおっちゃんと意気投合して、
店番と客引きをやらせてもらいました。

バイト代として、タダでカゴをもらえるかと思ったのですが、
世の中そんなに甘くありませんでした。

DSC01117
↑国営デパートの中

やや高級なベトナム雑貨が多いです。

DSC01120
↑国営デパート内のカフェ

チーズケーキとアイスコーヒー 44000ドン(≒352円)

さすが国営デパート!日本と同じくらいの値段です!!
でもまぁ、値段分の美味しさはあったと思います。

DSC01119
↑バイクタクシー

市内を適当にバイクタクシーで移動しました。
乗る前の交渉では、10000ドン(≒80円)でした。

でも「降りるときに難癖をつけてきて、高額を請求するというトラブル」が頻発しています。

というわけで、気を引き締めながら値段を再確認しました。

私:いくらですか?10000ドンでしたよね?

おっちゃん:あー、そうだったかねぇ、、、

おっちゃん:そうだねえ、、、

おっちゃん:やっぱりタダでいいや

私:へっ!?

おっちゃん:オマエいい奴だからタダでいいよ

私:はぁ、、、ありがとうございます、、、

理由はよく解りませんが、ありがとうございました。
サービスしてくれた金額はわずか80円ですが、ベトナムの印象がとてもとても良くなりました。

いや、だってね、

「すこし遠回りしたんだから、追加料金15000ドンだよ」

とか、

「テンサウンザンドドン(10000ドン)じゃなくて、テンダラー(10ドル)だよ」

とか、

「フィフティーン(15000ドン)じゃなくて、フィフティー(50000ドン)だよ」

見たいな事を、これまで散々言われてきた訳ですよ。
だからベトナム人は油断ならんなぁ、と思っていたんですけどね。
最後の最後になって、

「タダでいいよ」

とかね、まったくもう。

DSC01119
↑おっちゃん

上手く説明できませんが、とにかくあなたの功績は大きいです。

DSC01124
↑街並み

ちょっと郊外に来ると、こんな感じです。

DSC01126
↑街並み

DSC01125
↑街並み

バイク屋さんが多いです。

DSC01128
↑おもちゃ

DSC01130
↑おもちゃ

DSC01131
↑おもちゃ屋さんの若夫婦

言葉が全然通じないなか、商品や店内の写真を撮らせて頂きました。
若夫婦も、何事かと思ったことでしょう。

DSC01133
↑おやつ

ビニール袋で売っているコーラ 4000ドン(≒32円)

DSC01142
↑街並み

DSC01140
↑お姉さん

ちょこちょことお土産用の雑貨を購入したり。

DSC01147
↑お姉さんたち

DSC01146
↑たぶんCDショップ

DSC01141
↑街並み

DSC01148
↑マッサージ屋さん

最後に旅の疲れを取ろうと思い、マッサージ屋さんへ。
キングコースを申し込みました。3時間で19ドル(≒2280円)。

日記には、
「最終日で金銭感覚がマヒしているので、つい豪遊してしまった」
と書いてありました。

---【解説】---
ベトナムの安い物価に慣れてしまったため、19ドルはかなり高額に感じる。
でも最終日なのでお土産を買いまくっている内に、金銭感覚がマヒしてしまった。
だから19ドルを簡単に支払ってしまったが、贅沢しすぎだよと後悔した。
--------------

しかし今思うと、2280円って全然高くないですよね。
こういう感覚の馴染み方って、ある意味、旅人の特殊能力なのかも?

DSC01149
↑CDショップ

地元の人に教わりながら、人気歌手のCDを購入しました。

DSC01150
↑部屋

21:00頃、荷物をまとめてチェックアウト。

タクシーで空港に向かいました。5ドル(≒600円)
移動中はベトナム歌謡のカセットテープをかけてもらいました。

DSC01156
↑飛行機

チェックインは問題なし。
でも出国カードを無くしてしまったので、出国審査窓口でだいぶ怒られました。

しかも、

「find(探せ)」

って言われているのを、

「fine(いいね!)」

と聞き間違えて、サンキューって言いながらニコニコしていたので、余計に話がこじれたし。。

でもなんとか出国させてもらえました。
ありがとうさようならベトナム。

DSC01159
↑夜食

最後のベトナム料理は、なかなかの美味しさでした。
5~6時間のフライトで、無事にセントレアに到着。

DSC01162
↑バスの中

え?この軽食が5万ドンで、バス代は43万ドン?日本の物価高すぎだろ!!

なんて思いながら、当時住んでいた長野県に戻りました。

そんな感じで、12日間のベトナム縦断の旅、これにて終了でござい
ます。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ベトナム

Copyright© 無職旅2 , 2023 AllRights Reserved.