無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 6/29-7/4はタイ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

時事ネタ ウズベキスタン

ウズベキスタンにビザ無しで行けるようになりました(2018.02.10から)

   

投稿日:2018-02-25 更新日:

こんにちは。久々の時事ネタです。

中央アジアのウズベキスタン共和国

シルクロードの国として密かな人気がありましたが、2018.02.10から、ビザ無しで入国できるようになったみたいです!

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ビザのお知らせ

2018年2月3日付ウズベキスタン共和国大統領令に基づき、2018年2月10日より下記の国籍の保有者につきましては、入国日から30日間までの滞在に限り、ウズベキスタン査証が免除される運びとなりました。

査証免除適用国:日本国、大韓民国、イスラエル国、インドネシア共和国、マレーシア、シンガポール共和国、トルコ共和国

詳細につきましてはウズベキスタン共和国大使館領事部までお問合せ下さい。
TEL: 03-6277-3442

駐日ウズベキスタン共和国大使館公式HPから引用:http://www.uzf.or.jp/tour/index.htm

今までは事前に大使館に行ってビザを取得しないと、ウズベキスタンには入国できませんでした。

ビザ取得はけっこう手間だったのですが、それがなくなってとてもとても楽になりました!

というお話です。

 

ウズベキスタンはこんな国

せっかくなので、ごくごく軽くご紹介してみます。

私は2011年の7月にウズベキスタンを旅しました。


↑地図

この地図の真ん中あたりがウズベキスタンです。

ちなみに『海に面していない国』を『内陸国』と呼びますが、

『隣接する国全てが内陸国』というのは、世界でもウズベキスタンだけだったはずです。

違ったらごめんなさい。


↑広場

かの有名なサマルカンドのレギスタン広場です。

ウズベキスタンにはシルクロードの文化的遺産がたくさんあります。


↑街並み

こちらはヒヴァの旧市街。

『異文化な感じ』とか『タイムスリップ感』とかをしっかり味わえる、素晴らしい町です。


↑ウズベキスタン料理

これはプロフという炊き込みご飯だったと思います。

爽やかな美味しさだった記憶があります。

あと果物もよく採れるみたいで、サマルカンドの宿では毎日メロンを食べました。

 

ウズベキスタン旅の印象とか

※2011年の状況をもとにした私の感想ですので、最新の状況とは異なるかもしれない点をご了承ください

ウズベキスタン旅は、けっこう難易度が高い印象です。

・英語があまり通じない
・滞在登録とか荷物検査とか厳しめのシステムがある
・旅行者向けに整備されていない面がある(都市間の移動とか宿泊とか)
・自国通貨の価値が不安定

などが理由です。

 

でも! それでも行く価値があると思えるくらい、魅力が多い国でもあります!

人々は親切ですし、治安も良いですし。

ビザが不要になったという事で、私も久々に行ってみたい気持ちになりました。

隣国のタジキスタン、トルクメニスタンも、まだ行った事なかったですからね。

 

参考リンクと日程の話

航空券⇒スカイスキャナー 航空券予約 サプライス

ホテル⇒ウズベキスタンのホテル(Agoda)

 

ウズベキスタン旅の拠点は首都のタシケントになりますが、一番人気の観光地はサマルカンドになります。

ちょっと足を伸ばしてブハラまで行くのも楽しいです。

さらに遠くなりますが、もし時間があれば出来ればヒヴァにも行きたいですね。

この三都市をゆっくり回ると2週間くらいでしょうか。

ヒヴァをやめて急ぎ足にすれば、1週間くらいでも楽しめると思います。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-時事ネタ, ウズベキスタン
-

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.