無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/26-1/12はイタリア旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

タイ

-, ,

アユタヤ旅の小まとめ(2018年6月) レンタサイクルでの観光がオススメ、バンコクからも近いです

   

投稿日:2018-07-27 更新日:

ずいぶん久々になってしまいましたが、『旅の小まとめ』のシリーズを再開します。

旅情報とか観光スポットとかを、町ごとに大ざっぱに紹介するというものです。

今回はアユタヤについての小まとめです。

各記事へのリンクは、タグのアユタヤをご覧ください。

2018/6/29~30で訪れました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

場所


↑地図

バンコクから北に60kmくらいの場所にあります。

バンコクから日帰り観光もできる、人気の観光地です。

 

移動

ドンムアン空港から

私はドンムアン空港から、電車でアユタヤに移動しました。

ローカル鉄道で1時間くらい、料金は20バーツ(≒67円)でした。

もちろんバンコク中心部のホワランポーン駅から電車に乗ることもできます。


↑船

電車でアユタヤに移動した場合は、渡し船で駅前の川を渡ると楽しいです。

旅っぽさが味わえて、けっこう盛り上がりますよ。

 

バンコクから


↑ミニバス

バンコクからはバスロットゥー(ミニバス)で移動するのが便利です。

ウィークエンドマーケット付近(バンコク北部)とアユタヤ中心部をつなぐロットゥーは、

60バーツ(≒210円)で所要1時間半くらいでした。

 

観光

アユタヤはかつて王朝がありました。

クメール式の遺跡がたくさんあって、世界遺産にも登録されています。

 

レンタサイクルで遺跡めぐり


↑自転車

宿のレンタサイクルは1日40バーツ(≒140円)でした。

暑い時期は大変ですが、自転車で遺跡巡りするのも楽しいです。

丹念に回っても1日、要所だけなら半日で回れるくらいのボリュームです。

 

ワット・ロカヤスタ


↑涅槃仏

まず行きたいのは、ワット・ロカヤスタ

涅槃仏はバンコクのワット・ポーが有名ですが、こちらは屋外にあって全身を見られるのが特徴です。

ストリートファイターIIのサガットステージのモデルかと思います。

入場料は無料。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ワット・プーカオトン


↑塔

郊外にあるワット・プーカオトンもオススメです。

塔だけでなく、『塔からの景色』とか『その周りの雰囲気』も味わい深いです。

入場料は無料。


↑羊

そこらへんで羊が放牧されてたりします。

気軽に『旅っぽさ』を味わえますし、ぜひ自転車で訪れたいです。


↑おばちゃん

朗らかなおばちゃんも印象的でした。

 

ワット・マハタート


↑木と仏像

町中にあるワット・マハタートは、アユタヤを代表するお寺です。

木の根に埋まった仏像が有名ですね。

おそらく一番人気の観光スポットかと思います。

入場料は50バーツ(≒175円)

 

補足

私はこの3ヶ所を自転車でまわって、3時間半くらいでした。

時間と体力に余裕がある人は、町中の他のお寺にも行ってみると良いですね。

 

食事

タイスキ


↑タイ料理

町中にあるMKレストランで、タイスキ(タイ風のすき焼き)を食べました。

友人と2人でたっぷり飲み食いして、993バーツ(≒3,335円)でした。

けっこう高いですが、美味しくて楽しくて大満足です。

 

カレー


↑タイ料理

宿のレストランで朝食にカレーを食べました。

ご飯が15バーツ(≒51円)で、レッドカレーが90バーツ(≒302円)でした。

とても美味しかったです。

 

旅行者が集まる安宿(ゲストハウス)には、ピザとかハンバーガーとか、洋風のメニューも充実してます。

タイ料理に不慣れな人でも、リラックスして食べられますね。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

宿泊


↑部屋

グッドラックゲストハウスに泊まりました。

レンタサイクルとレッドカレーは、この宿でお世話になりました。

 

ツインルームが1,741円でした。

今回の旅は友人と2人だったのですが、広くて快適な部屋に1人900円くらいで泊まれるのは嬉しいです。

宿情報の詳細は、こちらをご覧くださいませ⇒グッドラック ゲストハウス(アユタヤ、ツインで1,741円) 場所も部屋も良くて観光拠点にオススメ

 

買い物


↑スーパー

特別な買い物はしませんでしたが、強いていえば中心部にあるスーパーマーケットに行きました。

食料品や日用品や医薬品の品ぞろえがよく、両替も出来るので何かと助かります。

 

エンターテイメント

タイマッサージ


↑マッサージ店

宿の近所のタイマッサージ店に入りました。

足マッサージが1時間200バーツ(≒700円)でした(250バーツから値切り)

タイは安くマッサージが受けられるので、気軽に利用しちゃいましょう。

 

ゾウに乗る


↑ゾウ

町中にエレファントキャンプがあります。


↑ゾウ

私は見るだけでしたが、ゾウに乗って街中を散歩するのは、とても良い思い出になりますね。

 

動画

ブログと合わせて、動画もご覧いただけると嬉しいです。

タイスキとかマッサージで盛り上がってる様子(?)も面白いかと思います。

タイ編2018は、こちらの再生リストにアップロードしています。

チャンネル登録もぜひぜひよろしくお願いします!

 

まとめ

そんな感じの、アユタヤ旅の小まとめでした。

各記事へのリンクは、タグのアユタヤをご覧ください。

バンコクとは雰囲気がだいぶ違うので、比較しながら観光するのも楽しいですね。

 

バンコクから日帰りで観光するのも良し、

アユタヤにゆっくり滞在するのも良し、

チェンマイやスコータイと合わせてタイ北部の都市巡りをするのも良し。

色々な旅程に組み込みやすいのも、魅力的なアユタヤでございます。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-タイ
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.