無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 11/9と10は東京でオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

フランス

-, , ,

10/6凱旋門賞を観戦(2019その2) 馬券購入、ライブ配信、レース観戦、そして帰路

   

投稿日:

2019/10/6に、パリのロンシャン競馬場に来ている続きです。

リスナーさんにお声掛けいただき、ご一緒させてもらっています。

ビールに続いて昼食までご馳走になってしまいました。

本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ロンシャン競馬場


↑競馬場

レースまであと1時間半くらい。

そろそろ凱旋門賞の馬券を買いましょう。

馬券売り場には、タッチパネル式のマシンがありました。

 

こんな手順で買いました。

1.現金を入金(クレジットカードも可能)

2.競馬場、レース番号、馬券の識別、馬番、金額を入力

3.馬券を発券

4.全部終わったらお釣りのレシートを発券

 

日本とは馬券の種類がちょっと違うのですが、

そこらへんを予習しておけば、操作はそれほど難しくないと思います。

スタッフの人もいるので、教えてもらう事もできます。


↑競馬場

窓口もありました。

こちらは利用していないので、詳細は未確認です。


↑競馬場

お釣りのレシートを担当スタッフさんに見せると、現金と引き換えてくれます。


↑競馬場

パレードです。

凱旋門賞が近づいてきていますね。

 

ところで入場にドレスコードはありませんが、皆さんとてもオシャレして来ています。

私もいつものアウトドア服と違い、ジャケット姿で来ています。

日本のテレビにもちょっと映ってたみたいです。


↑馬券

こんな感じで、レシートっぽい馬券です。

今回は少額の応援馬券のみ購入しました。

 

パドック


↑競馬場

凱旋門賞の時間が迫ってきました。

もう少ししたらこのパドックに出走馬がやってきます。

 

ライブ配信


↑動画

YouTubeのライブ配信をしました。

これがとんでもない事になってビックリです!

いつものライブは多くても400人くらいなのですが、

なんと最大で8,400人もの同時接続となりました!

※このブログを書いている時点(10/8)では、再生数は10万回を超えています。

 

ところで世界的なスポーツイベントですし、さすがにライブ配信は無理だと思ってたんですよ。

でも朝方にインフォメーション窓口で聞いたら、あっさり「OKですよ」と言ってもらえて、とてもとても驚きました。


↑競馬場

たくさんの方にライブを見て頂いているので、そちらに専念しました。

望遠レンズも持ってきたのですが、写真は数枚しか撮りませんでした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

本馬場入場


↑馬

各馬が本馬場に入場してきました。

日本のフィエールマン。

名馬ディープインパクトの血を受け継いでいます。


↑馬

チェコ調教場のナガノゴールド。

名前はチェコのアイスホッケーチームが、長野オリンピックで金メダルを取った事に由来しています。

チェコ親善アンバサダーであり、元長野県民の私としては、非常に縁のある馬です。

もちろん応援馬券も買いました!


↑馬

日本のキセキ。

名前の通り奇跡を起こして欲しいです。


↑馬

日本のブラストワンピース。

グランプリホースです。


↑馬

そして世界最強場のエネイブル。

凱旋門賞を2連覇中で、史上初の3連覇を目指します。

 

私はもちろん日本馬を応援していますし、ナガノゴールドも応援しています。

ですがエネイブルの3連覇という歴史的瞬間も見たいです。

いずれにせよ、『素晴らしいレースになって欲しい』という気持ちを一番にもって、ライブ配信しながら観戦しました。

 

レース結果

フランスの馬、伏兵のヴァルトガイストが勝ちました。

最後にエネイブルを打ち負かした瞬間は凄い迫力でした。

おめでとうございます。


↑競馬場

スタンド内にはテーブルもあります。


↑競馬場

レース後はリスナーさんたちと楽しくおしゃべりして、まったり過ごしました。

私は夜行バスで移動予定なので、先に帰る事にしました。

色々ありがとうございました。


↑像

最後にグラディアトゥール像にも挨拶。


↑競馬場

ありがとう、さようなら、ロンシャン競馬場。

きっとまた来ます。

 

今日は私の応援馬は負けてしまったので、結果としては残念です。

でも凱旋門賞を生で観戦できたというだけでも、とても嬉しい気持ちです。

いつか日本馬が勝つ瞬間に立ち会って、うれし泣きしたいです。


↑バス

18:22、シャトルバスに乗ってポルトマイヨ駅に移動しました。

それから地下鉄に乗って宿に戻りました。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-, フランス
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.