無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ロシア

12/13モスクワのククラチョフ猫劇場です、猫の出番は少ないけど総合的に面白い!(約950円)

   

投稿日:2017-12-25 更新日:

2017/12/13の夜に、モスクワのククラチョフ猫劇場に到着した続きです。

チケットは午前中に窓口で買っておきました。

地下鉄4号線のクトゥーゾフスカヤ駅から徒歩、あるいはM2番のバスで移動すると良いと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ククラチョフ猫劇場


↑劇場

17時に入場しました。

大きな荷物を持っていたので、入口ではしっかり目に検査されました。


↑猫

荷物と上着をクロークに預かってもらいました。

開演まで時間があるので、劇場内を少し散策してみます。


↑商品

小さな売店がありました。


↑おやつ

ジュース 80ルーブル(≒152円)

せっかく可愛い場所に来たので、可愛いジュース(?)を買ってみました。


↑猫

さすが猫の劇場!

そこら中が猫です!


↑劇場

2階の通路が、ちょっとした展示コーナーになっていました。


↑展示

色々な猫が展示されています。

絵もたくさん飾ってありました。


↑猫

おおおおお! 猫の控室ですよ!!!

公演楽しみにしてます! 頑張ってください!

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

もうじき開演


↑ステージ

18時から開演なので、10分前くらいに入りました。

私は一番後ろの席で500ルーブル(≒950円)でした。

3つ前の席だと700ルーブル、5つ前は900ルーブルと、小刻みに値段があがっていき、一番前の席は2500ルーブルくらいです。

個人的な感想ですが、一番後ろの席でもしっかり見られるので問題ないと思います。

 

開演


↑ステージ

いよいよ開演時間です!! 楽しみ!!

まずは猫おじさん(仮)が登場して、子供たちと楽しくおしゃべりしています。

ロシア語なので全然解りませんが、ほんわかした雰囲気で良いと思います。

 

でも5分経ち、「もしかしてトークで間を持たせているのではないか?」と邪推してしまいました。

そして10分経ち、「もしかして第一部はおじさんのトークショーなのか?」と不安になってしまいました。


↑ステージ

12分くらい経って幕が開きました!!!

やっとステージの始まりです! パチパチパチ!

パントマイムの人が、軽やかでコミカルな動きを見せてくれます。

犬は吠えています。

ちなみにフラッシュを焚かなければ、撮影OKとの事でした。


↑猫

やっと猫の登場です!

パントマイムが一区切りした所で、猫が船に乗ってステージを横切りました。

 

……え!? 横切っただけ!?


↑ステージ

「え!? 猫が芸とか演劇を見せてくれるんじゃないの!? 猫劇場だよね???」

と戸惑っていると、なぜかいきなりバレエが始まります。


↑ステージ

でもさすがモスクワ、とても優雅で上手な踊りです。

これで「モスクワでバレエ見てきたよ!」って自慢できますね。


↑ステージ

バレエとかパントマイムとかの合間に、猫が木馬に乗ってステージを横切ったりします。

なるほど。

理解しました。

こちらは『猫が主役の演劇』ではなく、『猫も出てくる総合エンターテイメント』として見るのが正しいのだと思います。


↑ステージ

箱男も出てきて、色々な動きをします。

いわゆる『志村後ろ!』という状態をやったりして、動きがとても面白いです。

もちろん子供たちは大喜びですが、ロシア語が分からない私も全然問題なく楽しめました。

こういうのも、ロシア芸術の表現方法のひとつなのですね。きっと。


↑ステージ

やっと猫が活躍してくれました!

ジャンプしながら箱を2往復くらいしてくれました。

ちなみに箱の準備(コミカルな動き)が5分くらい、猫の活躍が30秒くらい、こんな時間配分な印象です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

第二部


↑ステージ

途中で休憩タイムを挟んで、第二部が始まりました。

猫、パントマイム、バイオリンなど、色々なことを見せてくれました。


↑ステージ

ちょくちょくバレエの時間もあります。

猫もステージに同時登場しています。

この頃には、「猫の出番少ないしwwwしかも寝てるだけだしwww」とか一人でツッコんで、大笑いするようになりました。

これが劇場の狙い通りなのかは分かりませんが、ともかくかなり楽しんでいるのは間違いありません。


↑ステージ

終盤になると、やや本気を出してきたな、という感じがしてきました。

猫の活躍時間が多くなりました。

 

ステージとは全然関係ないのですが、大泣きしてる女の子が、私のすぐ隣に来ました。

慰めてあげようとしたら、ちょっと八つ当たり気味に怒鳴られてしまいました。

しばらくしてお母さんが迎えに来て、無事に解決しました。


↑ステージ

出演者勢ぞろいでご挨拶。

この前に巨大ボールを客席と弾き合う時間帯があったのですが、もはや猫が全然関係なくて、かなり笑ってしまいました。

 

あと、バレエの人の心情とかストーリーを勝手に想像したりしました。

やっぱり将来的にはボリショイ劇場で踊るのが夢なのかなあと推測しました。


↑ステージ

バイオリン演奏と猫おじさんのトークで、ステージ終了です。

色々ツッコんでましたけど、とても楽しくて、あっという間に90分が過ぎてしまいました!

面白かったです!!

 

『猫の出番が期待していたよりもだいぶ少ない』という事はありましたが、それでも総合的な満足度は高いです!

旅の最後に素晴らしい思い出が出来ましたし、来て良かったです!


↑劇場

20時ちょっと前に公演終了です。

余韻に浸りながらバスM2番に乗って、ボリショイ劇場の前まで戻ってきました。

それでは空港に向かいましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ロシア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.