無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インドネシア

1/13ラブアンバジョーの安宿と、コモドドラゴンツアーの申し込み(コモド島、リンチャ島)

   

投稿日:2017-01-15 更新日:

IMG_4489
↑街並み

1/13の午後に、ラブアンバジョー空港から町中へ歩いて移動している続きです。

空港から徒歩15分くらいで、海沿いの大通りに到着しました。意外と早かったですね。

さて、予約した宿はどこかな……と思ったら、すぐ脇にありました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

バジョー・ネイチャー・バックパッカーズ

IMG_4491
↑インドネシア人

「いいカメラだね! 俺を撮ってよ!」

という訳で撮影しました。

宿に出入りしている、観光担当の人みたいです。

IMG_4492
↑宿

バジョー・ネイチャー・バックパッカーズ(Bajo Nature Backpackers)です。

Agodaで予約して、ドミトリーが1泊10万ルピア(≒870円)でした。

Wi-Fi無料(やや遅め)、朝食無料、エアコン付きです。

広々としたベッドにコンセントとライトとカーテンが付いていて、ドミトリーの設備としてはかなりハイレベルな方だと思います。

IMG_4493
↑宿

トイレ・シャワーは共同。

現状は水シャワーのみですが、そのうちお湯シャワーが使えるようになるそうです。

でも朝昼晩ずっと暑くて、水シャワーがちょうど気持ち良いくらいです。

IMG_4495
↑街並み

私がフローレス島に来た目的は、もちろんコモドドラゴン(コモドオオトカゲ)を見るためです!

一般的には、『リンチャ島』か『コモド島』へのツアーに参加して見学することになります。

宿でもツアーを申し込めますが、一応は他のオフィスもチェックしてみようと思います。

「他のお店の値段もチェックしてきますねー」と言って、出かけました。

IMG_4497
↑看板

大通り沿いには、多くのツアーオフィスがあります。

何軒か入って、ツアーの内容や値段を聞いてみました。

IMG_4499
↑街並み

ラブアンバジョーは小ぢんまりとした町ですが、レストランや売店、両替所やATMもあるので、観光客はそこそこ便利に過ごせそうです。

両替レートも、バリ島のクタよりもほんの少し悪いくらいでした。

ダイビングのお店も何軒かありました。

IMG_4500
↑街並み

どのツアーオフィスで聞いても、リンチャ島やコモド島へのツアーの内容は、だいたい同じに思いました。

でも値段には少々ばらつきがありました。

IMG_4504
↑港

大きな船が来てますね。

別の島とを結ぶ定期便もあるようです。

IMG_4505
↑料金表

とあるお店の、プライベートツアーの料金表です。

リンチャ島やコモド島へは、プライベートツアーを組んでもらう事もできるようです。

例えば『日帰りのリンチャ島プライベートツアー』は、100万ルピア(≒8,700円)から。

『日帰りのコモド島プライベートツアー』は270万ルピア(≒23,490円)からなので、なかなかお高いですね。

でも多人数ならば、そこそこお手頃価格になりそうです。

また、日帰りじゃなくて、1泊とか2泊するツアーも組めるようです。

 

5軒くらいのツアーオフィスを回って、結局は宿に戻ってツアーの申し込みをしました。

日帰りのコモド島ツアーを、40万ルピア(≒3,480円)で申し込みました。

これは一般的なグループツアーなので、プライベートツアーに比べるとだいぶ安いです。

IMG_4509
↑夕食

ホッとしたところで、夕食にしようと思います。

宿の隣のレストランに入ってみました。

と思ったら同じ建物で、奥もつながってました。

麺料理 3.4万ルピア(≒296円)

チキンとシーフードが入っていてあんかけにしてあって、甘い味付けでした。

今回インドネシアで食べたなかで、一番美味しいと思いました。

IMG_4510
↑街並み

宿のお向かいに食堂と売店があります。

売店の方に行ってみます。

IMG_4512
↑商品

お菓子食べたいなあ……でもダイエット始めたんだから我慢です。

IMG_4513
↑買ったもの

クッキー(備蓄食料) 5,000ルピア(≒44円)

ポカリスエット 7,000ルピア(≒61円)

水 4,000ルピア(≒35円)

そして宿に戻ってブログを書いて……と思ったら、回線が遅すぎてアップロードできない……

かなり苦戦して、数時間かけて少しだけ投稿できました。

 

という1日でした。

明日はいよいよコモドドラゴンと対面できるのですねー。

今回の旅のメインの目的ですし、とてもとても楽しみです。

ワクワクしながら早めに寝ます。

おやすみなさい

 

おまけ情報:ツアー料金

2017年1月13日に、ラブアンバジョーの町中のツアーオフィスで値段を聞いてまわった結果です。

リンチャ島日帰りツアー 30~35万ルピア

5軒くらい回りましたが、極端にふっかけてくる事はなく、どこもだいたい同じ値段を提示してきました。

ちなみにそろそろ会社辞めて世界一周してくるさんは2週間くらい前に、25万ルピアで申し込みされたそうです。(情報ありがとうございました)

 

コモド島日帰りツアー 40~65万ルピア

私が聞いたなかでは、泊まった宿(バジョー・ネイチャー・バックパッカーズ)が最安でした。

 

コモド島1泊ツアー 90万ルピア

ただし今はオフシーズンのため、開催日が限られるそうです。

 

各種プライベートツアー 100~400万ルピア

一人だとかなり割高ですが、グループ旅行の方やお急ぎの方などは、こういうのもありかなと思います。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インドネシア
-, , , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.