無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/26-1/12はイタリア旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

-, , , ,

5/17天門山の散策2 盛りだくさんで凄く楽しかった!!(バスの危険運転以外は)

   

投稿日:2018-05-18 更新日:

2018/5/17に、張家界の天門山を散策している続きです。

いちばん奥(南側?)に来たら、大きなお寺がありました。

入場してみます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

お寺

↑像

『あ』ですね。

反対側には『ん』がいました。

↑お寺

詳細は分かりませんが、大きくて立派なお寺です。

こんな山の上によく作ったなーって驚いちゃいます。

↑像

右の人(神様?)が剣なのに、左の人が楽器なのが、なんかいいなと思いました。

↑お寺

お参りしている人もいます。

↑像

こういう像が並んでいるのは、今までに見たことがないかもしれません。

色がついてますし、ヒゲとか服装とかポーズが独特な感じがします。

右から2番目の人は、漫画の彼岸島で見た記憶があります。

↑お寺

私もこのあと真似してお参りしました。

↑お寺

とても見応えがあるんですけど、スケジュールを考慮していちばん奥までは行きませんでした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

天門山の東ルート

↑道

さっきは西ルートを通ってきたので、今度は東ルートを通って戻ります。

森の中の道でした。

こういうのじゃ、なんか物足りないですねー。

私は崖っぷちを歩きたいんですよ!

↑看板

木と石が恋をしているそうです。


↑木と石

なるほど、確かに根っこのところで融合してる感じがします。

↑桟道

ひとつ前の記事で『高いところの怖さは蓄積する』って書いたのですが、それを思い出しました。

最初の数分間は平気でしたが、しばらくすると頭がグラグラしてきました。

↑アルパカ

岩下の新生姜アルパカちゃんも記念撮影。

↑山

右上の場所がいちばん高いみたいなのですが、そこはパスしました。

あと東ルートにもガラスの桟道があるのですが、そこもパスしました。

客観的に自分を分析してみたところ、これ以上無理して怖い思いをするとヤバいという結論になりましたので。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

エスカレーター

↑エスカレーター

ではそろそろ下山しましょう。

12:15、山の上からエスカレーターに乗りました。

↑設備

エスカレーターを乗り継いで、ずーっと下まで降りていきます。

↑ポスター

たくさんのポスターが貼ってありました。

天門山では色々な催しがあるようです。

 

車輪マン(仮)

↑車輪マン

なにこの人!!!

超カッコいいんですけど!!!!

身体にタイヤがいっぱいついているので、『車輪マン』と名付けてみました。

↑車輪マン

うおおおおおお!!!

超カッコいい!!!!

会いたい!!! これ実物を見たかった! 握手したかった!!

特警ウインスペクター(特撮作品)のバイクルよりもカッコいいかもしれません。

後楽園遊園地に来てくれませんかね?

 

天門山の中段

↑通路

エスカレーターを15分下って、こんな場所に。


↑山

「山に穴があいた場所が見えるはずなんだけど、どこにあるんだろう?」

と思ったら、その穴の中にいました!

これビックリ&感動ですよ!

お釈迦様の手のひら的な感覚になりました。

↑階段

すさまじい階段がありました。

有料で屋内エスカレーターもあるようですが、せっかくなので歩いて降りました。

↑山

12:56に麓に下りてきました。

雄大な風景ですねー。

↑バス

行きはロープウェイで来たので、帰りはバスになります。

その逆を選ぶ事も出来るようです。

混雑してる時期は、往復ともバスになる事もあるようです。

 

ちなみに私の乗ったバスは、かなり危険運転でした。

汚い言葉で運転手をののしりたくなるくらい、怒りの感情になりました。

↑施設

天門山の入口でバスを乗り換えます。

ここから先のバスは平和で良かったです。謝謝!

↑広場

13:45、ロープウェイ乗り場に戻ってきました。

山の上(エスカレーター乗り場)から、1時間半かかりました。

楽しかった!!! 凄く楽しかった!!!

色々な要素があって、それぞれがとても面白くて、本当に大満足です!!!

天門山は多くの人にオススメしたい観光地です!(ただし危険運転のバスにはご注意)

 

では少し休んだら駅に行きましょう。

寝台列車で移動しますので。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.