無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7月はタイ旅します

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

4/20成都パンダ基地を見学(4回目-3) 今回もたっぷりパンダとレッサーパンダを見られて大満足(早朝を強くオススメ)

   

投稿日:2017-04-20 更新日:

2017/4/20の午前中に、成都パンダ繁育研究基地を見学している続きです。

開門待ちして入場して、あちこち回って朝の食事タイムを見たり撮影したりしています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

成都パンダ繁育研究基地

↑施設

施設マップ9番か10番の、レッサーパンダの運動場のあたりです。

ここら辺も食事タイムならば、安定してレッサーパンダを見られる鉄板の場所でございます。

 

レッサーパンダ

↑レッサーパンダ

今回の旅では70-200mmの望遠レンズを持ってきたのですが、表情をしっかり撮影できるのが嬉しいです。

持ってきて本当に良かったです。

↑レッサーパンダ

ムシャムシャ

RAW形式で撮影しているので、帰国後に調整して仕上げるのも楽しみです。

↑レッサーパンダ

でも欲を言うならば、レッサーパンダが追いかけっこしたりして、遊んでいる所も見てみたかったです。

あと足元に来て欲しかったです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

パンダ

↑パンダ

また場所を移動してパンダ見学です。

少し疲れて息があがってきました。なんか私だけスポーツしてるかのようです。

↑パンダ

お母さんパンダ(推定)は、むこうを向いて寝ています。

↑パンダ

その子供のパンダ(推定)が、隣に来ました。

↑パンダ

そしてゴロンと寄りかかります。

こういう可愛い仕草をすると、見学しているお客さんから歓声が上がります。

↑パンダ

反応して動き出すお母さんパンダ。

↑パンダ

親子だんらん(推定)ですね。

それにしても、座り方とか仕草とかが人間に似ていますね。

中に誰か人が入ってるんじゃないか???って思っちゃうくらいです。

↑パンダ

のんびり。

↑パンダ

ムシャムシャ

↑パンダ

ムシャムシャ

例えば午後の見学だと、『寝ているパンダ』すら、ちょっと探さないと見当たらなかったりします。

ましてや『動いているパンダ』なんて、一回も見つからない可能性もあります。

それと比較すると、早朝の見学は簡単にパンダを見られるので、とても充実感があってよろしいです。

 

看板

↑看板

パンダの生息について説明書きがありました。

中国語や英語だけでなく、日本語でも説明があるので助かります。

けっこう成長スピードが早いみたいですね。

 

あれ……???

今日は「赤ちゃんパンダを見るぞー!」って頑張って探したのに、結局見られなかったんですけど……

それってもしかして、成長して赤ちゃんじゃなくなっていた、というだけの話だったのかも???

ちょっと考えれば分かりそうな事なのですが、あまりにも興奮していたせいか、全然頭が回ってませんでした。

 

博物館

↑展示

たっぷりパンダを見たので、博物館も軽く見学しておきました。

 

売店

↑売店

あとは売店もちょろっと見学しました。

品揃えは良いのですが、ほぼ同じものを町中で安く売っているので、私はそちらで買う事にします。

 

そんな感じで、成都パンダ繁育研究基地の見学を終えました。

「もう帰りたいと思うなんて、パンダ熱が冷めちゃったかな???」

と思ったのですが、時計を見たら10:30でした。

入場からしっかり3時間経ってましたね。

しかも2日連続で来てますし、そりゃ心も満たされますよ。

↑バス

成都の観光地シャトルバスで、次の場所へ移動しました。

10元(≒160円)で、寛窄巷子(かんさくこうし)に向かいます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.