無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7月はタイ旅します

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

4/20成都パンダ基地を見学(4回目-2) 早朝なのでたくさんのパンダの食事を見られます

   

投稿日:2017-04-20 更新日:

2017/4/20の朝に、成都パンダ繁育研究基地を見学している続きです。

7:30の開門と同時に入場して、食事してるパンダを見学しまくっています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

成都パンダ繁育研究基地

↑パンダ

食べている途中で、お尻がかゆくなったみたいです。

↑パンダ

ムシャムシャ

赤ちゃんパンダいないなぁ……どこに行っちゃったのかなぁ……

 

レッサーパンダ

↑施設

この施設では、朝の食事タイムが超重要です!

パンダやレッサーパンダは、日中は昼寝してたり奥にいたりして、なかなか見られない事もあります。

でも朝の食事タイムならば、必ず見られますし活発に動いてたりもしますし、いい事づくしなのです!

でもレッサーパンダいませんね……

↑レッサーパンダ

まだ眠いのかな?

↑施設

『レッサーパンダをすぐ近くで見られるかもしれないゾーン』です。

でもこの中でも、レッサーパンダを見ることは出来ませんでした。

 

パンダ

↑パンダ

ムシャムシャ

さらに奥に進んで、おそらく25番のエリアです。

↑パンダ

ムシャムシャ

↑パンダ

あちこち移動しながら、たくさんのパンダを見て撮影しています。

かなり速足で歩いていますし、私はたぶんガチ勢に該当するんだろうと思いました。

↑施設

たしか一番奥の24番のエリアだったと思います。

時刻は8:30くらいです。お客さんもだいぶ増えてきました。

って、もう1時間も経ってるんですか!?


↑パンダ

おおっ! 昨日、『出初式みたいな姿勢で頑張ってたパンダ』と同じ人でしょうか?

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

和歌山生まれの雄浜くん

↑看板

園内には、パンダの紹介ボードが設置してあります。

こちらの雄浜くんは、和歌山動物園(白浜のアドベンチャーワールド)から来たのですね。

他にも『浜』が付くパンダが何頭かいるのですが、いずれも和歌山に由来があるそうです。

なお、さっきのアクロバティックなパンダは、雄浜くんとは別のパンダだったと思います。

↑看板

柵を乗り越えないでください。

というのは勿論ですが、その理由が『動物に襲われないように』というのが興味深いです。

パンダも実は凶暴な面を持ち合わせていますからね。

↑パンダ

ムシャムシャ

↑置物

朝なら空いているので、ここで記念撮影をするのも待たなくて済みます。

 

レッサーパンダ

↑施設

さっきのレッサーパンダのエリアに戻ってきました。

人が多くいるので、きっといますね。

↑レッサーパンダ

レッサーパンダいたあああああ!!!!

やっぱり集団で食事しています。

↑レッサーパンダ

ムシャムシャ

そんな感じで、楽しく楽しく成都パンダ繁育研究基地を見学しています。

次の記事で見学が終わります。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.