無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5月は日本にいます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インドネシア

1/18サヌールからウブドまで路線バスとかで移動してみる1(バトゥブランまで)

   

投稿日:2017-01-26 更新日:

IMG_5418
↑ミニバス

バリ島のサヌール地区で、優雅な朝食タイムを過ごした続きです。

ビーチを離れてメインストリートに戻ってきました。

 

そこからホテルの近所までの2.5kmくらいを、ベモ(乗り合いのミニバス)で移動しました。

料金はよくわからなかったのですが、とりあえず5,000ルピア(≒44円)を出したら、それでOKな感じでした。

好きな場所で乗り降りできるので、使いこなせると便利な乗り物ですね。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ホテルに帰着

アビアン ココロ ホテル(Abian Kokoro Hotel)に泊まっています。

朝からたくさん歩いて疲れたので、まずは一休みです。

そして荷物をまとめてチェックアウトしました。

今日はバリ島中部のウブドに移動します。

 

サヌールからウブドまでは、プラマ社のシャトルバスクラクラバスで移動するのが一般的です。

でも今回はあえて、路線バスとベモで移動してみようと思います。

ホテルの人に話したら「冗談でしょ?」って驚かれましたが、とりあえずチャレンジしてみようと思います!

 

サヌールの南部のホテルを出発

IMG_5421
↑カエル

ウブドまで直線距離で約16km

12時ちょうどに、ホテルを出発しました。

けっこう暑いですが、素敵な朝食のおかげで元気いっぱいです!

IMG_5422
↑犬

前から思っていたのですが、バリ島の公共の交通機関って情報が少ないんです。

検索しても全然ヒットしないので、そんなこともあって自分で体験してレポートしてみようと思ったのです。

IMG_5424
↑人

おっちゃんがチェスしてました。

 

サヌールのバス停(トランス・サルバギタ)

IMG_5428
↑バス停

まずは公共バスのトランス・サルバギタで移動してみます。

空港からサヌール地区に来るときも、これを利用しましたね。

道路脇の高台みたいなところがバス停です。

IMG_5430
↑トラック

バスを待っている間、ほがらかに挨拶してくれる人も多かったです。

IMG_5431
↑バス

あれが話題のクラクラバスです。

快適な事は間違いないのですが、

・バス停の場所がよくわからない

・サヌールからウブドに行く場合は、たぶん乗り換えが必要

という事情もあり、今回は利用を見送りました。

IMG_5433
↑バス

トランス・サルバギタのバスが、やっと来ました。

15~20分間隔らしいのですが、30分くらい待ちました。

12:45に、サヌール地区南部のバス停を出発です。

IMG_5434
↑バス

料金は3,500ルピア(≒31円)と格安です。

でもドア開けたまま走行するのは危ないと思いますよ。

IMG_5438
↑街並み

さて、このトランス・サルバギタのバスですが、いったいどこまで運行しているのか、私はよく分かっていません。

「もしかしてウブドまで行くといいな~」と思いつつ、とりあえず終点まで乗ってみようと思います。

 

バトゥブランに到着

IMG_5440
↑バスターミナル

ウブドまで直線距離で約14km(2km前進)

13:07、バトゥブランという町のバスターミナルに到着しました。

空港からサヌール地区を通ったバスは、ここが終点のようですね。

 

バスターミナルなので、ベモ(乗り合いのミニバス)がたくさん停まっていました。

ウブド行きのベモを探して乗りましょう。

「どこ行くの?」

「ウブドです」

「ならこのバスだな。料金は15万ルピア(≒1305円)だよ」

「えーっ!? それ高すぎですよ!」

「チャーター利用なら15万ルピアだけど、他のお客さんを待って乗り合いするなら5万ルピア(≒435円)だよ」

こんなやり取りをしました。

 

う~ん……

私も正確な相場は知りませんが、ベモってそんな高額な乗り物じゃないと思うんですよね……

それに他のお客さんが来る気配もありませんし……困ったなぁ。

IMG_5447
↑街並み

とりあえず歩く事にしました!

ずっと上り坂が続きますが、歩いたってウブドまで3時間くらいで行けることでしょう。

それに通りすがりのベモならば、きっと安く利用できるでしょうし。

 

そんな感じで、ウブドを目指しています。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インドネシア
-, , , , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.