無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ハンガリー スロヴェニア

2/23リュブリャーナ⇒ブダペスト(直通列車19ユーロ&9時間) 

   

投稿日:2016-02-24 更新日:

2016年2月23日 火曜日 リュブリャーナ(スロヴェニア)

おはようございます。

今日は移動日なので、しっかり早起きしました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

IMG_6505
↑街並み

気が付けば4泊5日も過ごしていたリュブリャーナ。

私も最近はゆっくり目の旅をしていますが、かつては急ぎ足の旅が主流でした。

なので4泊も続けて泊まるのは、けっこう長いほうです。

愛着も出てきたので、離れるのがちょっと寂しいです。

ホステル トレゾア (Hostel Tresor)に宿泊していました。

IMG_6506
↑商品

まずはスーパーで買い物。
寿司も売ってたんですねー。

IMG_6507
↑広場

いつもの広場。
朝早いので、アコーディオンおじさんは、まだ来ていませんでした。

IMG_6510
↑飲食店

おばあちゃんの絵が描いてある飲食店。
でもちらっと中を見たら、『ほっともっと』みたいな普通のお弁当屋さんでした。

IMG_6515
↑飲食店

宿から10分もしないで、リュブリャーナ駅に到着。
まだ時間があるので、駅内のマクドナルドで朝食にします。

メニュー表記がスロヴェニア語だけだったので、難しくて苦戦しました。
商品名を読みあげようとした寸前で、「これは商品名じゃない!『おはよう』の意味だ!」って気付いて焦ったりしました。

けっきょく、写真を指差して注文しました。
店員のお姉さんはクールでした。

2016-02-23-16-22-50
↑朝食

朝マックのセット 2.99ユーロ(≒390円)

卵焼き?パン、コーラのセットです。
肉類もポテトも無しというセットは、珍しい気がします。

・5コーラめ

IMG_6521
↑駅

駅の建屋はそれほど大きくないのに、その先がやたら広くて焦りました。
『宿から駅まで』よりも、『駅の入り口からプラットホームまで』の方が遠いんじゃないですかね?

さすがにそれは言いすぎかもですが、とにかく広いです。
時間に余裕を持って来て正解でした。

 

国際列車

IMG_6522
↑列車

これに乗ります。

リュブリャーナ ⇒ ブダペスト 19ユーロ(≒2,470円)

チケットは2日前に、駅の窓口で買いました。
これは『ブダペストスペシャル』という、特別割引運賃です。
普通料金だと39ユーロします。

乗る列車を間違えると大変なので、
・電光掲示板
・列車の行き先表示
を確認したうえで、更に駅員さんにも質問しました。

大丈夫でした。
合ってました。

IMG_6525
↑列車

6人乗りのコンパートメント車両です。
こういうのに乗るのも久しぶりですねー。

例によってオフシーズンで空いていたので、この空間を私1人で使いました。
快適でした。

IMG_6527
↑おやつ

甘いキャラメルみたいなお菓子 0.94ユーロ(≒122円)
炭酸水 0.19ユーロ(≒25円)
コカコーラゼロ 0.69ユーロ(≒91円)
エナジードリンク 0.35ユーロ(≒46円)
スナック菓子 0.69ユーロ(≒91円)

おやつもたくさん買い込んだのでバッチリです。
8:45、リュブリャーナ駅を出発です。

IMG_6531
↑景色

小さな村と、丘のうえの教会と。
いい景色ですねー。

IMG_6532
↑駅

あー!やっぱりここはツェリエ(CELJE)じゃないですかー!

街並みが綺麗らしいので、この町を経由地にしようかと思ってたんですよねー。

でもそうすると、きっと列車の特別割引チケットを使えないでしょうし、、、
と思ってやめたのですが、やっぱり寄れば良かったなぁ、、、と、ちょっと後悔です。

IMG_6534
↑駅と人

遠くからジェスチャーで「写真撮ってくれよー」とアピールされました。

ヨーロッパでこういうのは珍しいですね。

IMG_6537
↑景色

レンタカーで走っても気持ちよく楽しめそうですねー。

でも久々の長距離列車の旅も楽しいです。
景色を楽しみながら、のんびり移動しています。

ここまでスロヴェニア
***********************

ここからハンガリー

国境の町みたいなところで数分停車。
その後、列車が動いて国境を越えました。

 

しばらくすると、警官さんが2人来ました。
全盛期のマーク・コールマンみたいに、大きくて強そうでした。

もし戦うことになっても、正攻法では絶対に勝てないと思いました。
膝に低空ドロップキックをして、ひるんだ隙に逃げるのが最善策です。

 

とか私が妄想している間に、彼らは入念にパスポートチェックをしてました。
行き先とか旅程を質問されました。
前回の旅でも感じましたが、この周辺の国境は、少しだけチェックが厳しくなったように思います。

もちろん何も問題なく、パスポートチェック終了です。
無事にハンガリーに入国しました。

2016-02-23-21-12-39
↑列車

どういう理由か分かりませんが、車掌さんに『車両の移動』を命じられました。

この列車、食堂車もあったんですね。
でも食事しているお客さんは一人も居ませんでした。

2016-02-23-21-14-57
↑列車

こちらの席に移動。

やっぱりガラガラなんですよねぇ、、、
オフシーズンとはいえ、1日1本だけの直通国際列車なのに、、、、

もしかして私が知らないだけで、何かあるんですかねえ???

IMG_6544
↑駅

17:36、無事にブダペスト南駅に到着でございます。

4年ぶり?くらいのブダペストですね。
では早速、宿に向かいましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ハンガリー, スロヴェニア
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.