無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ドイツ

9/9ベルリン散策5 ベルリン中央駅とかペルガモン博物館とか 工事中で残念

   

投稿日:2015-09-10 更新日:

9/9に、ベルリンを散策している続きです。

川沿いの道を歩いています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ドイツ連邦議会議事堂

IMG_6928
↑施設

ドイツ連邦議会議事堂、の前に来ました。
とても立派です。

この辺りは公園になっていて、くつろいでいる人がたくさんいました。

IMG_6929
↑施設

議事堂は無料で見学できるようなのですが、
長い列が出来ていたので諦めました。

IMG_6931
↑施設

ここら辺ではカッコいい建物が多く目に付きます。

IMG_6939
↑街並み

川沿いにソファが並べてあるカフェがありました。

景色的には対岸が見えるだけなのですが、爽やかで気持ち良さそうです。

 

ベルリン中央駅

IMG_6940
↑駅

ベルリン中央駅に来ました。

IMG_6943
↑駅

とてもカッコいいです!
お店もたくさん入っていて、駅というよりはショッピングセンターみたいです。

IMG_6944
↑駅

報道写真展をしていました。
かなり過激で悲惨な写真も多かったです。

とても意義深い展示ではありますが、あまりにも衝撃的な内容が多く、じっくり見ることが出来ませんでした。

IMG_6945
↑駅

お腹が減りました。
昨日と同じく、ベルリン名物のカリーヴルストを食べましょう。

と思ったのですが、歩き疲れていたので、座って食べられるお店に入ることにしました。

 

昼食

IMG_6948
↑昼食

アジア麺 3ユーロ(≒405円)

細いうどんみたいな感じでした。
焼き具合も良くて美味しかったです。

こういう『国籍が微妙に分からない麺料理』というのも、ある種ドイツのご当地料理な気がします。

 

食後に列車のチケットの値段や時間を調べました。

ベルリンからポーランドのポズナンまで44.2ユーロ(≒5,967円)もするんですね、、、
数日先の割引チケットでも29ユーロか、、、

 

う~ん。
国境付近のRzepinまで安い列車(11.6ユーロ)で行って、それから乗り換えのローカル腺を探す?
それもちょっと不安です。

だったらチェコのプラハまで44ユーロだし、いっその事そっちに行っちゃおうかなあ、、

IMG_6957
↑街並み

などとモヤモヤしただけで、列車のチケットは買いませんでした。

駅を出て散策再開です。

IMG_6961
↑街並み

IMG_6964
↑街並み

なんとなく千代田区っぽい雰囲気を感じます。
私だけでしょうか?

IMG_6965
↑看板

ピザとかパスタ食べ放題が7.5ユーロ(≒1,013円)ですよ!
超食べたいです。
動けなくなるまで食べたいです。

でも我慢。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ペルガモン博物館

IMG_6967
↑博物館

ベルリンを代表する、ペルガモン博物館に来てみました。

なんか大掛かりな工事をしていますね。

IMG_6974
↑像

ペルガモン博物館の入場料は12ユーロ(≒1620円)でした。

ちなみに、、
・博物館の島共通券 18ユーロ
・ベルリンの博物館共通券 24ユーロ
などもありましたので、何ヶ所か回る人は、それらの方がだいぶお得だと思います。

なお学割はそれぞれ半額の模様です。

IMG_6985
↑博物館

迫力ある大きな展示が、いくつもあります。

IMG_6993
↑展示

これは古代バビロンの展示のようです。
初めて見たかもしれません。

IMG_7001
↑展示

入場券にオーディオガイドの料金も含まれています。
日本語でかなり丁寧に説明してくれるので、色々とよく分かりました。

IMG_7010
↑展示

とても凄い博物館です。

IMG_7017
↑展示

ですが、、、残念ながら工事中のため、博物館の半分以上が閉鎖していました、、、

一番の見所である『ペルガモンのゼウスの大祭壇』なども見られず、とても残念でございます。
ホントに残念です。

IMG_7047
↑展示

アートのコーナーもありました。

でもちょっとガッカリした気持ちで、ペルガモン博物館を出ました。
ゼウスの大祭壇、見たかったなぁ、、、

IMG_7057
↑博物館

近所には他にも色々な博物館があります。

IMG_7059
↑像

馬でこんな事したら危ないですよ。

IMG_7061
↑像

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ドイツ
-

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.