無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

カンボジア

2/10アンコールワットの朝日と、レンタル電動スクーター

   

投稿日:2015-02-11 更新日:

2015年2月10日 火曜日 シェムリアップ(カンボジア)

おはようございます。

目覚ましはセットしなかったのですが、5:40に目が覚めました。

これは「アンコールワットに行け!」って事ですよね。

眠さと疲労でちょっと大変ですが、朝日を見に行こうと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

自転車で行きます

IMG_7714
↑自転車

宿(タケオ ゲストハウス)で自転車を借りました。
1日2ドル(≒240円)です。

ちなみに他の宿泊客の多くは、すでにサンランズツアーに出発済みでした。
(トゥクトゥクかバイクタクシーで)

 

アンコールワット

IMG_7716
↑遺跡

6:23、アンコールワットに到着です!
なんとか間に合いました!!

昨日3日券を買っておいたので、それで入場しました。
今日で2日目です。

IMG_7722
↑遺跡

日の出を待っている人がたくさんいました。

日の出時刻は6:30なので、私もギリギリ間に合いました。

IMG_7728
↑遺跡

早朝のアンコールワットは神秘的な雰囲気ですね。
肉眼ではもうちょっと明るいのですが、写真は暗めに撮りました。

IMG_7736
↑遺跡

うはー、大変な事になっています。
アンコールワットを見て左側(北側)の池の周りは、ものすごい人です。

池に反射するアンコールワットと朝日を撮影したいのだと思いますが、、、
これは場所取りもかなり大変そうですね。

IMG_7749
↑遺跡

私はぷらぷら歩いて、色々な角度から撮影しました。

IMG_7807
↑遺跡

7時ちょうどくらいに、遺跡越しに太陽が見えました。
だいたい日の出時刻+30分くらいだと思います。

IMG_7783
↑遺跡

朝日が出てきたので一斉に写真を撮る人たち。
皆さんにとって素晴らしい思い出と記録になっている事でしょう。

IMG_7790
↑遺跡

無事に朝日を見られて良かったです。
急いだかいがありました。

IMG_7805
↑遺跡

堀の外からの日の出鑑賞も良さそうですね。

そしてまた自転車で宿に戻りました。

 

宿で朝食

P2100847
↑朝食

宿の無料朝食セット。
今日はコーヒーとサンドイッチを頼みました。
美味しいです。

IMG_7815
↑街並み

ブログを書いて休憩してから外出。
遺跡群を自転車でまわるのはしんどいので、今日はバイクを借りようと思います。

「あの緑の建物がレンタバイク屋さんだよー」
と教わって行ってみました。

パブ・ストリートのちょっと北にあります。
シェムリアップ州病院の北の道です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

電動スクーター

IMG_7816
↑お店

おおおお!これですこれです!!!
何回か見かけて、いいなーと思っていたんですよねー。

Green e-bikeというお店ですね。
ここの他にも、町中に数店舗あるようです。

P2100848
↑店員さん

書類を書いてパスポートを預けて、電動スクーターを簡単に借りられました。
24時間レンタルで10ドル(≒1200円)でした。

最初にキズの確認とか安全の説明がありました。

日本のレンタカー屋さんみたいにしっかりしてますね。

自転車用ヘルメットも貸してもらえました。

P2100849
↑バイクとおやつ

水 0.25ドル(≒30円)

水分もしっかり買ったので、再びアンコール遺跡群に出発です!
テンション上がりますねー!!

P2100851
↑道

自転車とはまた違った爽快感があります。

最高速度は25~30km/時のようですが、推奨速度は20km/時でした。
なのでそれほど速くはありません。

フル充電の走行距離は40km。
主な遺跡を大回りで見学する行程が38kmなので、ギリギリ間に合うという設定です。

IMG_7826
↑遺跡

アンコールワットを素通りして、もっと先へ行きます。

IMG_7836
↑遺跡

アンコールワットの北に、アンコールトムがあります。
ここはそれの南大門です。

過去バイクタクシーやトゥクトゥクで観光したときは、ここは素通りでした。
ずっと気になっていた場所でした。

 

好きな所で自由に停まって見学して撮影できて。
いやー、楽しいですねー。
過去のアンコール遺跡群見学と比べても、今回が一番楽しいです。

IMG_7838
↑遺跡

門をくぐると、アンコールトムの内部はこんな感じになっています。

アンコールトムは1辺が数kmある巨大な遺跡です。
その中のポイントを見学する感じになります。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-カンボジア
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.