無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/26-1/12はイタリア旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ラオス カンボジア

-,

2/4パークセー⇒プノンペン(その2) こんなに綺麗な町だったっけ???

   

投稿日:2015-02-07 更新日:

2/4に、ラオスのパークセーからカンボジアのプノンペンへバス移動している続きです。

パークセー⇒どこか 普通のバス
どこか⇒ラオス国境 サイドカー&バイク
-----徒歩で国境越え---------
カンボジア国境⇒プノンペン 大きなバス

と乗り換えて来ています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

バス移動中

P2040672
↑乗客

途中でシェムリアップ(アンコールワットの町)行きの乗客が降りました。
彼らはここでバスを乗り換えるようです。

私はプノンペン行きなので、このままバスに乗り続けます。

P2040674
↑バス

たぶんインド映画だと思うのですが、グラディエーターみたいなのをやっていました。

派手なCG、派手なセット、派手なアクション、そして歌とダンス!
とても面白そうです。

ウソじゃなくて本当に面白そうだと思いました。
帰国したらインド映画を見たくなりました。

P2040676
↑おやつ

バスに乗る前に買っておいた豆のお菓子(勉三さん)。
美味しいしお腹も膨れるしで、ちょうほうしています。

P2040677
↑おやつ

さっき買ったレッドブル。
甘くて美味しいです。
そうですよね、本来はこういう味ですよね、、、

 

中国の南寧でこれを飲んだときは、ちょっと苦い感じがしましたが、
もしかして賞味期限が大幅に切れていたのかも、、、?
(その後具合が悪くなってゲーゲーしましたし)

P2040680
↑道路

ラオスからカンボジアに入って、より一段と素朴な景色になりました。

バスはたまにトイレ休憩のために、草原エリアで停まる事がありました。
でも食事休憩などという軟弱なものは、とってくれないのかもしれません。。

P2040682
↑飲食店

そんな願いが通じたのか、16:15にレストランで食事休憩がありました。

私はバスを乗り換えたとはいえ、8:00にパークセーを出発してから、初めての食事休憩でした。
備蓄食料を買っておいて本当に良かったです。

P2040684
↑キャプテン

ミルクでしょうか?

P2040685
↑昼食

チキンカレー 2USドル(≒240円)

意外や意外、ココナッツ味がして美味しかったです。
あとカンボジアはUSドルをそのまま使えるので楽です。

P2040687
↑荷物

バスの休憩時に盗難が起きやすいので、
小さなバッグは持ち運ぶか、あるいはカギをかけるなどの対策が必要です。

P2040688
↑売店

P2040690
↑湖

19:30にプノンペン到着予定のはずですが、とてもそんな時間には無理っぽいですね。

まあ焦っても仕方ないですし、ゆっくり寝ましょう。

 

プノンペンに到着

P2040693
↑バスターミナル

21:53、やっとプノンペンのバスターミナルに到着です。
パークセーから14時間かかりました。
けっこう疲れました。

バスを降りる前から、タクシーの客引き攻勢が凄まじいです。

 

バスターミナルはセントラルマーケットの近所でした。
ここから目当ての宿まではそれほど遠くないので、
大通りを小走りで移動するのが、一番安全で確実だと判断しました。

P2040694
↑街並み

客引きを振り切って大通りへ。
プノンペンの夜は治安が悪いと思いますが、大通りを急いで移動するくらいならきっと大丈夫……

 

ってかなり緊張してたんですけど、
けっこう明るいし人通りもあるしで……あれ?
プノンペンってこんなに綺麗な町でしたっけ???

P2040695
↑ギンザ

プノンペンは15年ぶりに来ましたが、、、、

???

いや、本当に全然印象と違います。
もっともっと殺伐としていたと思うのですが。

 

定番の安宿に到着

P2040696
↑宿

10分くらいで無事に宿に到着。

夜はいつ銃撃戦が起きてもおかしくないような、
そんな危険な町だと警戒していたのですが……

何も危険が無かったどころか、むしろ安全っぽい印象を受けました。
(深夜はまた別かもしれませんが)

IMG_6952
↑部屋

キャピトル1というホテルに来ました。
旅人の間では老舗中の老舗、超定番の宿でございます。

 

一番安いシングルルームは4USドル(≒480円)でしたが、
空室状況の都合で、12USドル(≒1440円)の高い部屋になりました。
でもちゅうちょしていたら、9USドル(≒1080円)に値引きしてくれました。

Wi-Fi無料です。

IMG_6953
↑部屋

もちろんトイレ・シャワーもついています。
真ん中から上のランクの部屋は、お湯シャワーが出ます。

今が比較的寒い時期とはいえ、お湯シャワーの有無が気になるようになってしまいました。
私も年をとって軟弱になったものです。

P2040697
↑夕食

疲れたし夜遅いしで、もう外出したくありません。
備蓄食料を食べて寝ることにします。
勉三さんでお腹が膨れたので、オレオまでは手を付けずに済みました。

 

という1日でした。
まる1日かけてのバス移動は疲れますね。

でも、
・写真と違うバスが来た
・よく分からない乗り換え(サイドカーとか)
・国境で置き去り疑惑
・国境でワイロの要求
・やけに値上がりしてるビザ
・トイレがないのにトイレ休憩(草原)
などなど、
無事に済んだので全部楽しい刺激的な思い出です。

 

そうです。
東南アジアはこういう事がよくあるんですよね。

でも『東南アジアだしどうにかなるでしょ』みたいな安心感があるので、
それほど辛かったり心配になったりはしないんです。
だから東南アジア旅は面白いのかもしれませんね。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ラオス, カンボジア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.