無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ウガンダ

-,

7/8カスビ・トームを見学、ガイドさんの正体が王族で驚いた

   

投稿日:2014-07-11 更新日:

IMG_5004
↑施設

7/8に、カスビ・トームを見学している続きです。

続いてこの建物内で、歴史の説明がありました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ブガンダ王国の宮殿やお墓でした

IMG_5006
↑展示

これがブガンダ王国の歴代の王様です。

初代と2代目は、それぞれ80人くらいの妻がいたとか。
(3代目と4代目の妻は1人)

IMG_5007
↑展示

今の王様です。

IMG_5009
↑展示

木の皮から作った紙に絵が描いてあります。
これらは売り物です。

IMG_5011
↑展示

太鼓の部屋。

IMG_5013
↑施設

ここがメインの場所である旧王宮なのですが、
2010年に火事で燃えてしまい、現在復旧中です。

IMG_5016
↑施設

王様が生きている間は、
ずっとこの釜で火を燃やし続けるそうです。

かなり重要な釜だと思うのですが、
ポツンと立っていて、すごくさりげない感じでした。

DSC01836
↑施設

ガイドのジョセフさんに案内されながら、
施設内を歩きます。
それほど広くはないです。

IMG_5017
↑施設

さっきの王宮を修復するための練習として、
この小さい家を作っているそうです。

なぜかタイタニックのテーマが大音量でかかっていました。

IMG_5021
↑施設

なんか普通の村みたいな雰囲気です。

IMG_5022
↑施設

これは何だろう???
ただのテーブルでしょうか。

IMG_5026
↑施設

お墓につきました。
ここに歴代のブガンダ王が眠っているようです。
景色の良い場所にあります。

IMG_5028
↑景色

「ほら、あの建物見えるでしょ?あれは東アフリカで最初の大学で、ケニアの大統領もあそこ出身なんだよ。他にも……」

ここまでの説明で、一番熱が入っていました。

確かに凄い大学のようです。カンパラの誇りなんですね。

でも先にお墓の説明をすべきでは、、、と思ってみたり。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

世界遺産です

IMG_5029
↑修復中の建物とtype-P

カスビのブガンダ歴代国王の墓は、世界遺産に登録されています。

IMG_5032
↑展示

こんな感じで修復しています。
基本構造は鉄骨などの近代的な材料を使うようです。

大阪城とか名古屋城みたいな感じですね。

IMG_5035
↑展示

さっきのレクチャー部屋に戻ってきました。
この動物の絵は60USドル(≒6120円)だそうです。

IMG_5037
↑展示

この小さな絵は10USドル(≒1020円)。
旅の終盤だったら何枚か買いたかったかも。

IMG_5036
↑展示?

子供が普通に遊んでいたりして、自由な雰囲気です。

 

なんと王族

IMG_5039
↑ガイドさん

一通り見学を終えました。
ジョセフさんありがとうございました。

最後にもう一度名前を聞いたら、フルネームは
プリンス ジョセフ ムロンド
だそうです。

「プリンスっていう名前なんですね。もしかして王族なんですか!?」

って冗談で聞いたのですが、

IMG_5040
↑名刺

なんと本当に王族でした!!!

「マジかよ!!!」
って日本語で驚いたら、

ジョセフさんも、
「マジだ!!!」
って日本語で返してくれました。

 

ここを訪れる日本人の多くが、私と同じ反応をしたのでしょうね。

今は普通の生活をされているそうです。

IMG_5034
↑展示

左から3人目(3代目の王様)のお孫さんだそうです。
いやー、ビックリしたなあ。

そんな感じのカスビ・トーム見学でした。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ウガンダ
-,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.