無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計

2014春旅の費用集計&まとめ 全体的に満足度の高い旅でした インドなど31日間

   

投稿日:2014-05-25 更新日:

今回の旅全体の費用集計記事です。

主に物価が安いエリアをまわりましたが、どれくらい安く済ませられたでしょうか?

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

旅の概要(ルートと日程)

140512tizu
↑移動経路

こんな感じで移動しました。

2014年
3/20 日本出発、マレーシア3泊
3/23 シンガポール3泊
3/26 インド18泊
4/09 パキスタン1泊
4/10 インドに戻って11泊
4/21 日本帰着

最近の旅は、行く国の数が少なくなってますね。

しかも約1ヶ月だけなので、ここ数年で一番短い旅でした。

 

でもだいぶ急ぎ足だった印象があるので、行った都市を数えてみたら、16もありました。

31日間で16都市、、、けっこう頑張りましたね。

では各項目ごとに、使ったお金を見ていこうと思います。

だいたいの目安として、1ドル=103円、1シンガポールドル=80円とお考えください。

 

項目ごとの費用集計

◆食費:23,611円(平均513円/日)

安いですね。

2012年の東南アジアを旅したときが1日平均536円だったので、だいたいそれと同じくらいになりました。

IMG_0776
↑インド料理

特にインドの物価が安いのが嬉しかったです。

ちょっといい雰囲気のレストランに入って、ちょっといいものを注文しても、だいぶ安いです。

この写真のカレーは約136円、レモンライスは約102円でした。

私は節約せずに好きなものを食べましたが、安いお店ならば、一食50円以下で済ませることもできます。

 

インドの食事は、基本的にカレー味になっています。

味は美味しいのですが、毎日食べ続けると、胃が疲れてくる事がわかりました。

P3200064
↑マレーシア料理

クアラルンプールで食べた焼きそばは約248円。

インドと比べるとちょっと割高感がありますね。

IMG_0151
↑シンガポールで食べた中華料理

セントーサ島で食べた小籠包が、1人前で約784円。

今回の旅で食べた、一番高い料理がこれでした。

美味しかったなー。

インドで軽く(?)食中毒になりましたが、今回の旅は、食の満足度は高いです。

何も我慢せずに、好きなものを好きなだけ食べましたから。

そういう事ができるのも、物価の安い東南アジア旅の醍醐味ですね。

 

◆宿泊費:27,531円(平均598円/日)

こちらも安く済んで良かったです。

インドはだいたいの宿が一泊500円以下でした。

たまにいいホテルに泊まっても、せいぜい2000円くらいでしたし。

西ヨーロッパだと最安のドミトリーで3000円くらいしますし、それらと比べるとかなり割安感がありますね。

IMG_2171
↑パキスタンの宿

パキスタンのラホールでは、旅人向けの快適な宿に泊まりました。

全盛期からするとかなり減っているとは思いますが、このご時世でも、それなりに観光客がいるのですね。

P4150952
↑インドの宿で食べたスパゲティ

インドでは日本人宿のサンタナに、かなりお世話になりました。
(ニューデリー、バラナシ、コルカタ)

カレー(香辛料)で疲れたお腹には、こういう普通の料理がとてもありがたかったです。

 

◆交通費:79,380円

う~ん、、、これもいつもの旅と比べると格安なのですが、他の項目が安すぎるせいで、なんだか高く感じてしまいますね。

日本から出国の航空券 12,210円 エアアジア:関空⇒クアラルンプール
日本への帰国の航空券 30,840円 中国東方航空:コルカタ⇒成田
渡航先での国内交通 20,054円
渡航先での国際交通 14,020円
インドビザ取得 2,156円 東京にて
パキスタンビザ取得 100円 東京にて

物価の安いインドでは、もちろん交通費も安いです。

ですが大きなインドをだいたい一周したわけですし、それなりにお金もかかっちゃいますね。

逆にマレーシアやシンガポールの物価はそこそこですが、都市間の距離が短いので、交通費もそれほど高くありませんでした。

P4030637
↑インドの列車

インドの長距離列車の「スリーパー」というクラスです。

一応は指定席の寝台なのですが、わりとカオスな感じです。

夜行列車で一晩の距離で、550円くらいでした。

IMG_2744
↑インドの列車

こちらは「2A」というクラスです。

エアコンがついていて、寝台も2段で広々としています。

こちらは一晩の距離で2300円くらいでした。

スリーパーの数倍の値段がしますが、それでもできるだけこちらを利用したいです。

快適度は10倍以上違いますので。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

◆入場料:4,107円

気になるところに全部入場してこんなくらいでした。

IMG_1760
↑インドの寺院

今回一番高かったのはタージマハルの入場料で、1,275円でした。

その価値や美しさからすると、この入場料はむしろ安いと思います。

でも現地にいるときは、とんでもなく高く感じてしまうので不思議です。

IMG_9903
↑シンガポールの庭園

シンガポールのハウパーヴィラ(タイガーバームガーデン)。

この面白さで入場料無料なのは神でしたね。

IMG_9968
↑シンガポールの庭園

個々の施設の満足度というか衝撃度だと、今回一番凄かったのは、このハウパーヴィラかもしれませんね。

ある意味タージマハル以上です。

参考記事:3/25ハウパーヴィラ(タイガーバームガーデン)を本気でレポート1

 

◆エンターテイメント:2,091円

マレーシアとインドで、1回ずつマッサージを受けた料金です。

P3300437
↑インド人

インドのマッサージ師のおっちゃん。

気持ちよかったですが、あまり「癒し」な感じはしませんでした。

P3300431
↑インド人

激しくチョップしたりします。

かなりアグレッシヴでした。

 

◆ツアー代:510円

IMG_3031
↑ガンガー(ガンジス河)

ツアーを利用したのは、バナーラス(バラナシ)の早朝ガンガー見学のみでした。

なんだかんだ言って、インドは旅しやすいです。

だいたいの場所に自力で行って見学できますので、ツアーを利用する機会は少なかったです。

 

◆その他:829円

チップとか洗濯とか日用品とかです。

 

◆お土産代:内緒

インドではそこそこ高級な物をいくつか買ったので、意外と高くなってました。

でも値段に見合う納得の品質です。

買って良かったです。

 

◆書籍代:3,760円

地球の歩き方を2冊買いました。

 

◆総額費用

それでは各項目が出揃ったので、合計金額の発表です。

 

 

 

30泊31日の、マレーシア・シンガポール・インド・パキスタン旅の総額費用

 

 

 

 

 

141,819円

 

 

でございます。

安っ!!

これは安いです。

インドの物価が染みついた状態だと高く感じたかもしれませんが、帰国して1か月経った今は、とても安く感じます。

 

だってあれだけあちこち行って、
見たいものを全部見て、
食べたいものを全部食べて、
そういう1か月でこの値段ですから。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

参考:過去データ

・2012冬旅 83日間で主にヨーロッパ23ヶ国 468,463円と60,000マイル
・2013春旅 38日間でカナダと南米6ヶ国 479,920円
・2013夏旅 43日間で北中米カリブ海12ヶ国 515,430円
・2013冬旅 49日間で中東イタリア4ヶ国 341,485円

 

1回旅に出ると30~50万円くらい使ってしまうイメージだったのですが、それが14万円くらいで済んでしまったので、これはもう衝撃の安さですよ。

やっぱ東南アジアはいいですね。

物価が安いと、心身ともにリラックスできます。

 

私はそれなりに贅沢もしましたし、物価の高いシンガポールなども経由しています。

なのでインドだけに絞って、そこそこ節約すれば、10万円もあれば1ヶ月は余裕で旅できそうですね。
(日本からの往復航空券も含めて)

140525hyou
↑参考資料 費用一覧(お土産代抜き)

最後にかるーく、各国を振り返りましょう。

 

各国の様子

IMG_9646
↑クアラルンプールのチャイナタウン

マレーシアはいつも無難な楽しさがあります。

クアラルンプールは航路の要所ですので、きっとこれから先も、何回か行くことがあるでしょう。

IMG_0059
↑シンガポールのセントーサ島

シンガポールは2回目でしたが、全体的に素晴らしかったです。

特にセントーサ島が、前よりもさらに良くなっていました。

いつか1週間くらいシンガポールでのんびり遊んでみたいです。

IMG_2351
↑パキスタンのラホール

おっかなびっくりでしたが、パキスタンも行って良かったです。

独特の街並みと、親切で興味津々のパキスタン人が印象的でした。

P4090819
↑パキスタン人

いつか治安が良くなって、もっと気軽に観光できる日が戻ることを期待しています。

IMG_0423
↑インドのハンピ

インドは何といってもハンピです。

今回の旅全体でも、一番良かった場所はハンピです。

これは悩むこともなく、一瞬で確定できました。

世界のあちこちを旅しましたが、私が知らない素晴らしい場所は、まだまだたくさんありそうですね。

IMG_0557
↑ハンピのインド人

この人たちにまた会いたくなりました。

今度はぜひ一緒に写真を撮りましょう。

そんな感じで、かなり満足度の高い旅でした。

でもちょっと心身ともに消耗度が高かったかなぁ、、、と思います。

次回の旅は、もっと余裕のあるスケジュールにしましょう。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.