無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 インド

インド旅のまとめ後編 全体的に楽しかったです

   

投稿日:2014-05-18 更新日:

昨日書いたこの記事の続きです。

インド旅の費用集計&まとめ前編 ハンピ良すぎ!とにかくハンピ素晴らしい!

昨日はハンピについて熱く語ってしまいましたが、多分ここから先は普通のテンションで進むと思います。

2014年3月26日~4月21日の27日間のインド旅です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動経路

140420tizu
↑移動経路

写真の左下の方のムンバイーからです。

半分に記事を分けたつもりなのに、序盤も序盤でしたね。

 

ムンバイー

IMG_0888
↑ムンバイーの街並み

ムンバイーに到着して最初に歩いたのがここら辺です。

無理やり増築したような家が印象的でした。

IMG_0987
↑ムンバイーの街並み

奥には建設中の高層ビル。

手前には手作業の巨大洗濯場。

こんな風に対称的なものが入り混じっているのが、とてもムンバイーらしいと思います。

IMG_0963
↑ムンバイーの駅

中央駅は世界遺産にも登録されている立派な建物です。

私は1泊だけで移動してしまいましたが、けっこう見どころが多い都市ですので、時間があればもっとゆっくりしたかったです。

同じ宿にいたイギリス人も、一週間滞在していましたし。

IMG_1140
↑ムンバイー駅

今回のインド旅で初めての長距離列車です。

こんな中で列車を待つのにも慣れました。

ちなみにここら辺は超綺麗な部類です。

他の駅はもっと散らかっているのが多かったです。

IMG_1150
↑列車

自由席の争奪戦で、窓から侵入しようとしているところです。

駅員さんに見つかるとメッチャ怒られます。

P4030637
↑列車

一番安い寝台の「スリーパー」というクラスだとこんな感じです。

一応横にはなれますが、色々な意味で快適とはいいがたいです。

この上の「3A」とか「2A」になると、だいぶ良くなります。
(値段も倍以上しますが)

 

エローラ

P4020556
↑遺跡

次はエローラの石窟遺跡に行きました。

今回のインド旅で一番楽しみにしていた場所ですが、期待通りの素晴らしさでした。

巨大な岩山を削って寺院を作っちゃってます。

十分に敬意を払った上で、
「これを作った人は頭がおかしい」
と思いました。

エローラと対になるアジャンターにも行きましたが、そちらもなかなか良かったです。

体調不良と疲労のため、歩くのがしんどかったですが。

 

アーグラー(タージマハル)

IMG_1760
↑寺院

そしてタージマハル。

食中毒と戦いながら、無事に見学することができました。

これについては説明不要ですね。

見るからに、明らかに美しいですから。

幻想的な美しさは世界トップクラスです。

 

ニューデリー

IMG_1868
↑デリーの街並み

そして首都のニューデリーへ。

ここは安宿のあるパハール・ガンジというエリアです。

P4070724
↑デリーの街並み

7年前におびえながら歩いたのを思い出しますねー。

今ではリラックスして楽しめるようになりました。

IMG_1898
↑デリーの街並み

この雑然とした感じが妙に好きです。

日本人の旅人も多いですし、居心地の良い都市だと思います。

ただし悪いインド人(詐欺師とか)も非常に多いので、初インドの人はくれぐれもお気を付けください。

とりあえず、
・空港か駅の近くで
・インド人に話しかけられて
・旅行会社に行く
という流れに気を付けてください。

実際にこれで高額のツアーを買ってしまった人に、何回も会いましたので。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

アムリトサル

IMG_2102
↑黄金寺院

デリーの後は北部のアムリトサルへ。

私はこの町を拠点にして、急ぎ足でパキスタンへ行って戻ってきました。

ここはスィク教の聖地なので、色々と見ごたえがあります。

親切な人も多かったですし、もうちょっとゆっくり滞在したかったです。

IMG_1955
↑セレモニー

アムリトサル近郊の、アターリー国境のセレモニーです。

噂に聞いていた通り、激しく楽しいセレモニーでした。

IMG_2033
↑セレモニー

衛兵さんの足が上がりすぎです。

こんなセレモニーを毎日やってるんだから凄いですよねー。

一見の価値ありです。

私もまた見たいです。

違う場所から見たり、動画を撮ったりしたいです。

 

リシュケーシュ

IMG_2631
↑リシュケーシュ

次はヒンドゥー教の聖地のリシュケーシュ。

ヨガ教室がある事でも知られています。

とても評判の良い町なのですが、残念ながら私はあまり良さを味わうことができませんでした。

1泊や2泊でささっと見るんじゃなくて、1週間以上滞在してじっくりヨガとか瞑想とかするのが、正しい滞在方法だと思います。

 

バナーラス(バラナシ)

IMG_2769
↑バナーラスの街並み

次もヒンドゥー教の聖地のバナーラスです。

旅人の間では、バラナシと呼ぶのが一般的ですね。

狭くて崩れてて牛とゴミが多い路地が印象的でした。

ある意味、とてもインドっぽいと思います。

P4150952
↑スパゲティ

日本人宿のサンタナに宿泊しました。

これが過去最高クラスの快適さで、とても楽しく滞在できました。

IMG_3031
↑ガンガー

そして早朝のガンガー(ガンジス河)を見学。

とても良かったです。

バナーラス(バラナシ)ではゆっくり3泊しましたが、もっと長く滞在したい気もしました。

それほどやる事は多くないのですが、「やけに居心地の良い町」なんですよね。

P4170980
↑お店

バナーラス(バラナシ)はインド人観光客も多いせいか、

意外と安く買い物できたのも良かったです。

 

コルカタ

IMG_3135
↑おはじき

最後はコルカタです。

ガッツリ観光したりせず、のんびり町歩きして過ごしました。

IMG_3142
↑インド人一家

コルカタは大都会なのに、愛想のよい人が多かったです。

この他にも何回も呼び止められました。

IMG_3156
↑カレー

そんな感じのインド旅でした。

 

まとめ

・やっぱりハンピが一番素晴らしかった
・カレーは美味しいけど、毎日食べると胃が疲れてくる

インド楽しいです。

見どころも多いですが、とにかく色々な刺激があります。

いい意味でも悪い意味でも刺激があります。

「インドに行くと人生観が変わる」
なんて言われていますが、ある意味本当の事だと思います。

 

インドに興味がある人は、時間を作ってぜひ行ってみてください。

ただし各種トラブルには十分お気を付けください。

旅の難易度はそこそこ高いと思いますので、東南アジアで経験を積んだ後の方がいいかもしれません。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, インド
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.