無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

4/14インド人と楽しく会話してみた(ニューデリー)、あと列車のチケットを買う情報

   

投稿日:2014-04-14 更新日:

2014年4月14日 月曜日 ニューデリー(インド)

おはようございます。

日本人宿のサンタナに宿泊しています。

早朝にインド人スタッフのおっちゃんの「うがい音」と「手鼻音」で目が覚めました。

最初は驚きましたが、もはや恒例行事のように思います。

これが無いと逆に寂しいかも。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食

P4140914
↑朝食

宿の無料朝食セット。

チャイ、スープ、食パンです。

朝から徳川埋蔵金とかホタルイカの話をしました。

午前中はブログやメールを書いたりして、まったりと過ごしました。

今日は夜行列車でバラナシへ行く予定なので、宿のレイトチェックアウト手続きをしました。

22時までそのまま部屋を使えて175ルピー(≒297円)でした。

IMG_2716
↑街並み

ハパール・ガンジの街並み。

いつもこの構図で撮影してる気がします。

なんか好きなんですよねー。

お昼過ぎくらいに、ニューデリー駅に列車のチケットを買いに行きました。

夜行列車の当日予約はかなり厳しいらしい

と聞いているのですが、どうなることやら。

 

駅で悪い人に声をかけられるけど

IMG_2717
↑駅

徒歩数分でニューデリー駅に到着。

今回もいつも通り、インド人がフレンドリーに話しかけてきました。

「門から駅舎に向かって歩いている軽装の日本人」には、必ず声をかけるルールでもあるのでしょうか?

騙して旅行会社に連れていくとするならば、これが一番やりやすいタイミングなのかもしれませんね。

 

「ハロー、日本人ですか?」

「はい、バナーラス行きのチケットを買いにきました」

(中略)

「そうですよね、私達はフレンドですよね?だから一緒に写真を撮りましょう!」

「ノーノーノー!!」

やっぱり写真に写るのは嫌みたいですね。

今までのインド旅で、
「写真撮ってくれよ!」って50回以上頼まれましたが、
「写真はダメだ!撮らないでくれ!」って言われたのは5回くらいです。

で、その5回は全てニューデリー駅周辺だったりします。

 

(中略)

「チケット売り場はこっちだよ、こっち!」

「ごめんなさい、そうじゃないの知ってるんです。ここには何回も来てるんです」

「いや、だから今日はそっちは休みなんだ!こっちなんだ!」

「あなたはアンラッキーです、私は初心者じゃないんです」

「いや、、、あの、、、、とにかくチケット売り場はこっちで、、、」

「旅行会社に連れて行きたいんですよね?」

「んははは、よく知ってるね!」

和やかな雰囲気でやりとりしていた事もあって、最終的には2人とも大笑いしていました。

P4140915
↑インド人

というわけで、
ニューデリー駅周辺で声をかけてくる人には、
十分に注意してください。

 

駅のチケット売り場

P4140917
↑駅

ニューデリー駅2階の、外国人用チケット売り場。

もちろん普通に営業していました。

P4140916
↑番号札

番号札を引いて、座って順番を待つ事ができます。

他の駅みたいに、割り込みを気にしながら30分並ばなくていいのです。

エアコンも効いてるし、超快適です。

P4140918
↑マシン

隅っこの方にあった謎のマシンをいじってみました。

これで空席状況の確認ができる事を知りました。

自分の順番が来るまでに、目当ての列車の状況を確認してみましょう。

……満席

じゃあ第2希望の列車はどうでしょう。

……満席

ヤバいです。

 

第5希望まで調べましたが、今日の夜行列車は全部満席です。

それどころか明日も満席です。

キャンセル待ちの番号も10~30番くらいです。

完全に油断してました。

ここまで割と順調に移動してこられたのに、最後の最後で大苦戦です。

 

4日後にバナーラスからコルカタに行く列車まで満席です。

どうしようどうしよう。

と心配になりながら待ち、私の順番が来ました。

まずはあらかじめ書いておいた申し込み書類を提出します。

 

「この列車をお願いします」

「ちょっと待ってくださいね、、、、残念ながら満席です」

そうですよね。

当日の夜行列車を予約しようなんて無謀ですよね。

 

(中略)

ほぼ希望通りの寝台列車を予約することができました。

受付のお姉さん、本当にありがとうございました!

インドの列車予約システムって、実はけっこう複雑なんですよね。

「普通枠」、「外国人枠」、「緊急枠」などで割り当て数が違うので、探す場所とか探す人によって、予約できたりできなかったりするのです。

 

今回のお姉さんも最初は、
「満席です、代替の列車も満席です」と言っていたのですが、

私がかなり必死である事が伝わったみたいで、奥の手みたいなのを使って、空席を見つけてくれたのだと思います。

本当に助かったのでお姉さんにチップを渡そうとしたのですが、丁寧に誠実に辞退されました。(しかも2回も)

とてもしっかりした職員さんですね。

 

その後に自分のチケットを見ながら、さっきのマシンで空席状況を確認してみました。

やっぱり満席で、キャンセル待ちも86番まで来ていました。

でも窓口でお願いすれば予約できてしまった不思議。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

インド人と交流

P4140920
↑インド人

無事にチケットを手配できたので、楽しい気持ちで駅を出ました。

サングラス売りのおっちゃんが話しかけてきたので、
「それは要らないけど、写真だけ撮らせてください」
と言いました。

P4140921
↑インド人

撮った写真を見て、
「ワオ! アミターブ・バッチャンにソックリですね!」
って言ってみました。

アミターブ・バッチャンはインドの有名な俳優ですが、顔は知りません。

なので似ているのかどうかも全然分かりませんが、とりあえず言ってみました。

それを聞いた左側のおっちゃんは、照れながらも喜んでくれました。

P4140922
↑インド人

右のおっちゃんにも、
「ワオ! ラジニカーントにソックリですね!」
と言ってみたら、上機嫌になってくれました。

結局何も買い物はしませんでしたが、楽しいひと時を過ごしました。

なんかいい事をした気分です。

P4140923
↑看板

レートのいい両替屋さんを見かけたので、両替しました。

移動が多いと、けっこうお金を使っちゃいます。

P4140924
↑インド人

「ハッパいる? マリファナいる? えっ、嫌いなの? じゃあ何が好きなの? コカコーラ? あはははは、さいなら」
というような話をしました。

P4140925
↑おやつ

コカコーラ 35ルピー(≒60円)

一仕事終えたあとのコーラは美味しいです。

・31コーラめ

そして宿に戻ってブログを書いて現在に至ります。

少しニューデリー観光しようかと思いましたが、暑いのでやめました。

 

昨日宣言したとおり、これから最終日までは、のんびりダラダラと過ごそうと思います。

コルカタまでのチケットも予約済みですので、もう不安要素は1つもありません。

リラックスを第1目標として、インドを楽しもうと思います。

ではそろそろ出発です。

バナーラスへ行ってきます!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.