無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

4/6アーグラー⇒ニューデリー(Nizamuddin) 列車で移動

   

投稿日:2014-04-07 更新日:

2014年4月6日 日曜日 アーグラー(インド)

おはようございます。

トイレに起きることもなく、ゆっくり寝られました。

長距離移動しても大丈夫と判断したので、今日はデリーまで移動ちゃおうと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

カマルというホテルに泊まってます

IMG_1769
↑街並み

チェックアウト前に宿の屋上に行って、タージマハルを見納めしておきました。

IMG_1771
↑宿

宿のレセプションにはテレビが置いてあります。

「あれはバラエティ番組で、芸能人が出てるんだよ」
って教えてくれました。

でもそれは見れば分かります、、、

っていうか7年前もこんな事がありましたね。

このホテルの人は、テレビの内容を説明する伝統があるのでしょうか?

参考記事:12/28インドで覚醒した日の後編 ちょっといい話かも?(アーグラー)

IMG_1772
↑ホテルの人

鋭い目つきでのカメラ目線です。

駅までのリクシャー料金の相場を質問したら、80~90ルピーと教えてくれました。

IMG_1773
↑街並み

いつも宿を出た瞬間に、リクシャー(3輪タクシー)が熱心に声をかけてきます。

なのに本当に必要なときに限って誰もいないとか、、、

IMG_1774
↑街並み

宿の目の前の売店のおっちゃんが、「バイバイ」って手を振ってくれました。

7年前はおじいちゃんが店番をやってましたが、その時も同じことをしてくれました。

P4060667
↑リクシャー

タージマハル周辺の宿から、アーグラー・カント駅まで移動します。

「アーグラー・カント駅までなら120ルピーだよ」

「えー、でも普通80~90ルピーだって聞いてますよ」

「じゃあ80、、、いや、90でどうだい?」

という事で90ルピー(≒153円)で乗りました。

相場より高い額を提示してきたとはいえ、ふっかけかたが優しいですよね。

酷い人だと、数倍~数十倍を提示してきたりしますから。

P4060668
↑街並み

 

アーグラー・カント駅

IMG_1777
↑駅

しばらくしてアーグラー・カント駅に到着。

まずはニューデリー行きのチケットを買いましょう。

P4060670
↑駅

外国人用の予約オフィスに行きました。

でも当日券は買えないらしく、別の窓口へ行くように言われました。

P4060671
↑駅

こちらは当日券用のオフィス。

お客さんと係員さんがケンカしてました。

でも無事にチケットを購入できました。

アーグラー・カント⇒ニューデリー 自由席 80ルピー(≒136円)

P4060672
↑駅

やけにハエが多かったです。

P4060673
↑おやつ

エナジードリンク? 45ルピー(≒77円)

本当はコカコーラが良かったのですが、冷えてないという理由で、こちらを渡されました。
複雑な味がします。

P4060674
↑昼食

ベビースターみたいなお菓子 15ルピー(≒26円)

今日の食事はこれだけです。

あまり食欲がありませんでした。

ちなみにとても不味かったです。

日本のベビースターは神だと思いました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

列車を待ちます

P4060676
↑駅

謎のマシンが置いてありました。

P4060678
↑駅

たまに猿が歩いてました。

P4060680
↑駅

定刻から1時間遅れで、ニューデリー行きの列車が到着。

チケットを買うのも少し面倒でしたし、近距離ならバスを使った方が楽ですね。

ところで私のチケットは自由席ですが、あの戦場のような車両に乗り込む自信はありません。

きっと座れないでしょうし。

 

自由席を指定席にしてもらう

P4060681
↑駅

車掌さんに聞いてみました。

「こっちの指定席に乗ってもいいですか?」

「よろしい、キミの座席は16番だ」

一瞬でOKが出て、チケットに手書きで「16」と書いてくれました。

普通にこういうシステムが存在するようですね。

あとで車内検札のときに、追加料金として100ルピー(≒170円)を支払いました。
(これは車掌さんのポケットマネーになるのかな???)

P4060683
↑車内

一応指定席なので座ることができましたが、基本的には混雑しています。

P4060684
↑車内

っていうか座席よりも人の方が多いです。

P4060687
↑街並み

デリーに近づくにつれて、雰囲気が変わってきました。

ここは貧しい集落のようで、地面に板を敷いて、その上で子供が身体を洗っていました。

今までの南インドでは見かけなかった光景です。

もちろんインド全体に貧富の差はあるのでしょうが、ムンバイーあたりではエリア分けがハッキリしていて、デリー周辺では入り混じっている、

という印象を受けました。

P4060689
↑駅前

寄りたいところがあったので、途中のHazrat Nizamuddin駅で下車しました。

アーグラー・カント駅から3時間半かかって疲れましたが、お腹のほうは大丈夫でした。

トイレには一度も行かずに済みました。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.