無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

4/4アーグラーに到着して、食中毒だった事を自覚した

   

投稿日:2014-04-07 更新日:

2014年4月4日 金曜日 列車の中(インド)

おはようございます。

アジャンター⇒(バス)⇒Bhusawa⇒(列車)⇒アーグラー
と移動中です。

少しだけ、ほんの少しだけお腹の調子が悪いので、何回か列車内のトイレに行きました。

綺麗な個室を選べば、そこそこ大丈夫だと思いました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

まだまだ移動中です

P4040641
↑駅

どこかの駅にて。
軍人さんがたくさんいました。

P4040642
↑列車内

 

アーグラーに到着

P4040643
↑駅

10:22頃、アーグラー・カント駅に到着です。

Bhusawal駅から14時間くらいかかりました。

P4040644
↑駅

謎のベンチ。

P4040645
↑駅

インドに入って初めてエスカレーターを見たかも。

さすがアーグラーは都会ですね。

P4040646
↑駅

綺麗めな食堂がありました。
でも微妙に食欲が無いのでスルーしました。

P4040648
↑駅前

プリペイド式のリクシャー(3輪タクシー)のオフィスがありました。

行き先を告げると決まった金額で行ってくれるので、ボッタクられる心配もなくて安心です。

例えばタージマハル周辺だと、運賃100ルピー+サービス料5ルピー=105ルピーです。

P4040649
↑リクシャー

でも私は個人営業のリクシャーに乗りました。

タージマハル周辺のホテルまで、100ルピー(≒170円)ちょうどで行ってくれるそうです。

P4040653
↑ノート

日本人観光客が、
「このリクシャーでいい観光ができました!ドライバーもいい人です!」
と書いたノートです。

こういうのを見るのも久しぶりですね。

IMG_1545
↑街並み

15分くらいでアーグラーの安宿街に到着。

カマルというホテルを指定したのですが、案の定、ちょっと離れたところにリクシャーは停まりました。

そして、
「もっと安くていいホテル知ってるよ、そっちにしようよ」
という勧誘をされました。

 

リクシャーのドライバーさんとしては、手数料をもらえるホテルに連れて行きたいのでしょう。

でも特に会話を進めることなく、
「はいはい、行きませんよ、はいはい」
ってな感じで、軽く流して立ち去りました。

こういう対応されるのも久しぶりなので、ちょっと懐かしいというか、やっとインドに戻ってきたという実感が湧いてきました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

安宿のカマル

IMG_1546
↑宿

というわけで、カマルという宿に来ました。
7年前もここに泊まりましたね。

IMG_1547
↑部屋

ダブルルームで1泊700ルピー(≒1190円)。

扇風機付き、Wi-Fiは無料で使えます。

けっこう広いし、なぜか冷んやりしていて快適です。

IMG_1548
↑部屋

トイレ・シャワー付き。お湯も出ます。

 

食中毒です

P4040654
↑おやつ

だいぶ疲れが溜まっているようです。

とりあえずベッドに横になって、日本から持ってきた飴をなめました。

さて、少し休んで体力が回復したら、アーグラー観光に出発しましょう。

今日はアーグラー城と夕日スポットに行って、明日の午前中にタージマハルを見学して、午後にはニューデリーに移動しちゃおうと思います。

 

という計画だったんですけどね、

ここで気づきました。

どうやら食中毒になっていたようです。

特にお腹は痛くないんですけどね、、、

トイレに行く回数と内容が、大変な事になっていました。

 

何が悪かったんですかねぇ、、、

ちゃんと食事前に手は洗ってますし、

そんなにヤバいものは食べていないつもりでしたが、、、

まあ、アレですよ。

きっと疲れから来てるものでしょうから、ゆっくり休めばすぐに治るはずです!

IMG_1549
↑宿

宿泊しているホテル「カマル」の屋上は、こんな感じのレストランになっています。

IMG_1552
↑寺院

タージマハルを見ながら食事が出来るという、とっても贅沢な場所にあるんです。

そりゃねぇ、、、私も何か食べたくなっちゃいますよねぇ、、、

 

夕食

IMG_1553
↑夕食

バナナラッシー 50ルピー(≒85円)

ヨーグルト系の飲み物です。

腸の働きが良くなるかな?と思って飲んでみました。

美味しかったです。

IMG_1555
↑夕食

マトンカレー 110ルピー(≒187円)
ライス 40ルピー(≒68円)

いい値段するだけあって、しっかりしたつくりで美味しいカレーでした。

ご飯も粒が揃っているし、きっと上級グレードのお米を使っていると思います。

でも数時間後に胃がヒリヒリしてきて後悔しました。

腸だけでなく、胃(消化器官)もかなり弱っていたようです。

IMG_1558
↑街並み

とても観光できるコンディションではないので、部屋でゆっくり過ごすことにしました。

IMG_1559
↑売店

宿の目の前の売店。
7年前にも何回か来た記憶があります。

「ここって、以前はおじいちゃんがやってませんでしたか?」

「ああ、そうだね。でも彼は別のお店に行ったよ」

話が通じて&おじいちゃんが元気みたいで良かったです。

IMG_1560
↑おやつ

水 30ルピー(≒51円)
スナック菓子 20ルピー(≒34円)
エナジー飲料? 40ルピー(≒68円)

そんな感じで、部屋でおとなしく過ごしました。

今日はただ移動しただけの日になっちゃいましたね。

でもここら辺で休憩を入れるつもりだったので、ちょうど良かったかもしれません。

 

それにしても、ここまでガチの食中毒になったのは、無職旅始まって以来の出来事ではないでしょうか?

2004年頃にタイで食中毒になってからは、かなり気をつけるようにしていたのですが、、、

さすがインド!といったところですね。

おやすみなさい

でも30分に1回くらいトイレに起きました。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.