無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

-, ,

3/29ハンピの川沿いでまったり朝食とか

   

投稿日:2014-03-31 更新日:

2014年3月29日 土曜日 ハンピ(インド)

おはようございます。

部屋に蚊帳があったので、虫に困ることもなくしっかり寝られました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

地図と基礎データ

BlogPaint
↑地図

バンガロールから北上してハンピにきました。

ここでインド基礎データを。

国名:インド共和国
首都:ニューデリー
面積:日本の8.7倍くらい
人口:12.5億人くらい
言語:いろいろ(ヒンディー語と英語が公用語)
通貨:インドルピー(1ルピー≒1.7円)
治安:詐欺とか睡眠薬強盗とかに注意

でも治安云々よりも、「インドに上手く馴染めるか」の方が、重要なポイントのように思います。

 

朝のハンピ散歩

IMG_0533
↑街並み

同じ宿には、日本人のしょうさん、さやさん、台湾人のウリさんが宿泊しています。

4人で近所の川に行きました。

IMG_0534
↑床屋さん

「ヒゲ剃っていかない?」と声をかけられました。

IMG_0536
↑屋台

IMG_0539
↑食堂

川沿いにある屋台で朝食にしました。

 

朝食

IMG_0540
↑朝食

プリー 20ルピー(≒34円)

薄く揚げたパンみたいなのに、カレーみたいなのが2種類です。

あまりクセがなくて、普通に美味しいです。

IMG_0541
↑朝食

チャイ(紅茶) 10ルピー(≒17円)
チャイ(紅茶) 10ルピー(≒17円)

美味しかったので2杯飲みました。

P3290377
↑朝食

プリー 20ルピー(≒34円)

美味しかったのでおかわりしました。
2セット食べると、けっこうお腹が膨れます。

IMG_0542
↑象

川沿いに象が来ました。

きっと昨日寺院で見かけた、ラクシュミーさんだと思います。

定期的に水浴びに来ているようです。

IMG_0549
↑屋台

地元の人たちも、川を見ながらのんびり朝食タイムです。

かなりまったりできて快適です。
ハンピ楽しすぎます。

IMG_0551
↑食堂

だいぶ混んできましたね。
我々もそろそろ移動しましょう。

IMG_0553
↑売店

いい笑顔でこちらを見てきた女の子。

でもカメラを向けるとしかめっ面になります。
(もしかしてキメ顔なのかも?)

IMG_0556
↑牛

P3290380
↑おやつ

スプライト 30ルピー(≒51円)

冷えた炭酸飲料はとても美味しいです。

コーラは40ルピーなので、スプライトの方がちょっと安いです。

IMG_0557
↑インド人

あ、昨日も会った人たちです!

観光客に写真を撮らせてお金をもらう仕事

の人だと思っていたのですが、もしかしたらただ写真が好きなのかもしれません。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ちょっと猫背になって恥ずかしそうにしながら、
「写真撮る?撮る?撮ってもいいよ?」
って言ってきますので。

そして撮影後は、普通に立ち去っていきました。

IMG_0562
↑自転車

しょうさん、さやさん、ウリさんはレンタサイクルで観光に出かけました。

1日40ルピー(≒68円)で借りられます。

私は一緒に行かずに、部屋に戻って昼寝しました。

IMG_0565
↑屋台

宿のすぐ脇にある美味しい屋台です。
小ぢんまりとした感じが好きです。

IMG_0567
↑宿

屋台の場所から左方向を見上げると、我々の宿の2階のバルコニーがあります。

あそこから大声で注文したりしました。

 

昼食

IMG_0566
↑昼食

自転車で出かけた3人は、14時ごろに帰ってきたので、宿で一緒に昼食を食べました。

さっきの屋台で注文しました。

たまごチャーハン 60ルピー(≒102円)

 

ちょっと、、、いや、だいぶしょっぱかったです。

屋台のおっちゃんに、
「かなりしょっぱかったよ」
と言いました。

どんな風に言い訳するかな?

それともとぼけるかな?

と思ったのですが、
「アイムソーリー……」
と普通に謝られてしまいました。

どうやら思い当たる節があったようです。

IMG_0568
↑街並み

3人は休憩タイム。
入れ替わりで、私はこれから観光に行こうと思います。

IMG_0569
↑本屋さん

 

レンタバイク

IMG_0572
↑バイク屋さん

自転車は大変っぽいので、私はバイクを借りることにしました。

オートマチックで排気量の少ないやつです。

レンタバイク1日 100ルピー(≒170円)
ガソリン2リットル 200ルピー(≒340円)
その場でペットボトルで給油してくれました。

「返すときに満タンにする」じゃなくて、「使う分だけ最初に給油」する方式なんですね。

それにしてもあっさりです。

パスポートや国際免許証の提示をする事もなく、

「どこに泊まってるの?」

「そこのヴィッキーゲストハウスです」

「そうか、わかった」

で手続き完了です。

名前すら聞かれませんでした。

おおらかですね。

というわけで、バイクでハンピを観光してきます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.