無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

-, , ,

3/29これがインド式遠足バスだ!(ハンピの遺跡にて)

   

投稿日:2014-03-31 更新日:

3/29に、ハンピでバイクを借りた続きです。

P3290382
↑バイク

宿の近所で借りました。

1日100ルピー(≒170円)+ガソリン2リットル200ルピー(≒340円)です。

一見するとオンボロですが、エンジンのかかり具合は良かったです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

レンタバイクでハンピ観光します

P3290381
↑おやつ

水 20ルピー(≒34円)

暑いなか散策するので、水分補給はしっかりと。
1リットルの水を買って出発です。

IMG_0576
↑遺跡

こんな感じの遺跡があちこちにありました。

IMG_0582
↑遺跡

全部しっかり見ると時間がかかりすぎてしまうので、
主要な場所以外はスルーしてしまいました。

IMG_0584
↑岩

それにしてもいいですねー。
凄いですねー。

平凡な国の5~10個分くらい、もしかしたらそれ以上の見所がインドにはあります。

IMG_0586
↑街並み

巡回するポリスマン。
私も敬礼してみました。

IMG_0588
↑遺跡

最初の観光スポットに到着。
木の脇にバイクを停めました。

 

地下寺院

IMG_0589
↑遺跡

たぶん地下寺院という場所だと思います。
入場料は無料です。

ハンピの遺跡群は、入場無料のところが殆どです。

主要な数ヶ所だけ入場料がかかります。

IMG_0590
↑遺跡

日陰でまったりする人々。

IMG_0594
↑遺跡

アンコールワットの中心部みたいな感じでした。

 

遠足バス

IMG_0599
↑トラック

子供たちがたくさん乗っています。
もしかしてこれ、

遠足バス

ですか!?

スギちゃんもビックリのワイルドさです。

クールポコですら文句を言えないレベルだと思います。

IMG_0600
↑インド式遠足バス

子供たちにもみくちゃにされました。

基本的に外国人が気になるみたいで、こういう集団に会うと大体は似たような展開になります。

IMG_0601
↑インド式遠足バス

写真撮影を頼まれることも多いです。

IMG_0603
↑街並み

私は次の場所へと向かいました。

IMG_0609
↑リキシャー

公共の交通機関(路線バスとか)は無いと思います。

なのでリキシャーとかタクシーをチャーターして観光するのが一般的なようです。

乗客を待っている間、運転手さんは日陰で昼寝しています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

王宮地区

IMG_0616
↑遺跡

詳細はよく分かりませんが、たぶん王宮地区だと思います。
この場所も入場料は無料でした。

IMG_0617
↑インド人

ここでも遠足の集団に遭遇。

さっきの子供たちより年齢は高めでしたが、かなり熱心に撮影要求をされました。

特に彼が真剣でした。

IMG_0620
↑インド人

一人撮影すると「僕も私も」と、たくさん集まってきてしまいます。

でも私にとっても楽しい出来事ですので、できるだけ対応してあげる事にしています。

IMG_0621
↑インド人

さっきの彼です。
他の子供たちとは、撮影への情熱が桁違いです。

IMG_0622
↑インド人

真剣な彼は、ポジション指定してきました。
「ちょっと待って!こっちに行くから!」とアピールしてます。

IMG_0623
↑インド人

どうやら「棒立ち&無表情」が、一番カッコいいらしいです。

なんとなくシリアで会ったおっちゃんを思い出しました。
参考記事:ダマスカス⇒アレッポ⇒アンタクヤ

IMG_0625
↑インド人

女の子の中だと、この子が一番熱心でした。

IMG_0628
↑インド人

先生が複雑な表情をしています。

「ウチの生徒達がしつこくしちゃってゴメンネ」

なのか、
それとも、

「俺も撮って欲しいなぁ、、、」

なのかは不明です。

IMG_0629
↑インド人

私の次は別の西洋人がターゲットとなりました。

IMG_0630
↑インド人

そして遠足インド少年少女は立ち去っていきました。

これでやっと遺跡の見学ができます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.