無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 11/9と10は東京でオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イラン

-,

11/26日帰りツアーでペルセポリス遺跡を見学! でかい! 凄い! 日本人の団体さんも来てました

   

投稿日:2013-11-27 更新日:

2013年11月26日 火曜日 シーラーズ(イラン)

おはようございます。

DSC00273
↑朝食

アンヴァリーという宿に宿泊しています。

朝食代は4万リアル(≒143円)です。

紅茶と卵焼きとパンとチーズなど。
これがイランの標準的な朝食のようです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ペルセポリスへ

DSC00274
↑自動車

今日はペルセポリス半日ツアーに行きます。
前日に宿で申し込んでおきました。

同じ宿に宿泊している山田さんKさんと3人で行きます。

料金は3人で80万リアル(≒2807円)でした。

専用の自動車で出かけるプライベートツアーでございます。
9:00に宿を出発しました。

DSC00275
↑ガイドさん

ガイドのモルテッツァさん(63歳)。

「おしん」は知っているものの、「ミチコマン(水戸黄門)」は知らないそうです。

「イランではミチコマン(水戸黄門)が流行っている」

と日本のテレビで見たのですが、実際はそうでもないのかも?

DSC00279
↑道路

けっこうスピードを出して進みます。

東南アジアほどではありませんが、
日本と比べるとだいぶ荒っぽい運転です。

DSC00287
↑事故現場

 

ペルセポリス遺跡

IMG_3841
↑遺跡

シーラーズから約1時間で、ペルセポリス遺跡に到着しました。

入場料は15万リアル(≒535円)でした。

IMG_3847
↑遺跡

おー、これは凄いですね!

大きな土台の上に遺跡がある感じです。
こういう立体感は好きです。

IMG_3849
↑遺跡

階段を登って遺跡に入ります。
大きなカバンは持ち込み禁止のようです。

IMG_3858
↑遺跡

ペルセポリス遺跡は、イラン最大の見所のひとつです。
歴史を感じさせる重厚な造りです。

IMG_3861
↑イラン人

ここでもイラン人に、しょっちゅう声をかけられました。
遺跡見学中に、50回くらいは挨拶されたと思います。

IMG_3865
↑遺跡

双頭の鷲。

デザインした人は どうしてこういうのを思いついたのか、ちょっと気になるところです。

IMG_3867
↑案内図

たぶんトイレの案内図だと思うのですが、
女性の絵がイスラムっぽいですね。

IMG_3871
↑遺跡

ペルセポリスは紀元前520年頃に造られた都だそうです。

保存状態はそれほど良くありませんが、
大きな敷地で迫力を感じます。

IMG_3882
↑遺跡

アルタクセルクセス2世のお墓だと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

世界遺産

IMG_3889
↑遺跡とtype-P

ペルセポリス遺跡は世界遺産に登録されています。

パルミラ(シリア)、ぺトラ(ヨルダン)と並び、「中東の3P」として有名な遺跡です。

この写真でも全体ではないので、かなり広い遺跡です。
ちょっとした都市という感じかも。

IMG_3908
↑遺跡

ここは博物館っぽいのですが、
開いてなかったように思います。

IMG_3911
↑遺跡

牛を襲うライオンのレリーフ。

やたらとあちこちで見かけました。

ペルセポリスを造った人は、この構図が好きみたいです。

IMG_3916
↑遺跡

なんと!
日本人ツアーの人達がいらっしゃいました!

ご年配の方が多かったので、地域の老人会のツアーか何かかと思います。

あの、、、

確かにイランは面白い国だと思いますけどね、、、

でも
「誰がイランに行こうって言い出したのか」
が気になるところです。

IMG_3920
↑遺跡

アパダーナ(謁見の間)

IMG_3924
↑遺跡

そんな感じで、楽しくペルセポリスを見学しています。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-イラン
-,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.