無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 11/9と10は東京でオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イラン

-

11/25シーラーズの市場とかを散策 あと嬉しい出来事も(無職旅を知ってる旅人と会いました)

   

投稿日:2013-11-26 更新日:

2013/11/25に、シーラーズのキャリーム・ハーン城塞を見学している続きです。

IMG_3783
↑民芸品

ティーセット。
お値段は4,000円くらいだと思います。

質もいいと思うのですが、
全てにヒゲのおじさんの絵が描いてあるので、
日本の一般家庭だと異質に見えるかもしれません。。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

キャリーム・ハーン城塞を見学中

IMG_3792
↑水飲み場

やたらと勢いがいいです。

IMG_3802
↑城塞

ハマム(昔のサウナ)の復元展示もありました。

そんな感じの城塞見学でした。
なかなか楽しかったです。

IMG_3809
↑街並み

本当によく整備されていると思います。
道路が綺麗ですし、ゴミも散らかっていませんし。

 

バーザーレ・ヴァキール

IMG_3815
↑市場

バーザーレ・ヴァキールという市場に来てみました。

ペルシアの雰囲気たっぷりの市場です。

中東でこういう場所は何度も行きましたが、ここまで整っているのは珍しい気がします。

IMG_3816
↑商品

立体的に浮き出た絵でした。

IMG_3817
↑商品

とても美しいですね。

IMG_3821
↑市場

大通りに来たら、とても活気がありました。
布類がメイン商品のようです。

IMG_3826
↑謎のお店

ここは、、、なんでしょう??

気になるお店を見つけたので、見学させてもらうことにしました。

IMG_3828
↑謎のお店

骨董品屋さん?

IMG_3829
↑謎のお店

くつろげるスペースがありました。
そして「お茶飲むかい?」と質問されました。

あー、なるほど!

ここはチャーイハーネ(喫茶店)ですね!

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

おやつ

IMG_3831
↑おやつ

紅茶をいただきました。

ポット1杯で50,000リアル(≒140円)です。
普通に美味しい紅茶でした。

IMG_3832
↑店内

軍人さんも水タバコを吸ってくつろいでいます。

IMG_3834
↑少年

店のお手伝いをしていた少年。

東アジアっぽい顔つきですが、イラン人の血筋だそうです。

IMG_3837
↑街並み

ゆっくりくつろいでいたら、日が暮れていました。

町中はむしろ活気が出てきたように思います。

私はぼちぼち宿の方へ戻ろうと思います。

と、ここでお店の中から私を呼ぶ人がいます。

きっとアレですね。

IMG_3838
↑イラン人

予想通り、
「俺たちの写真を撮ってくれよ!」
でした。

イラン人は親しみやすいです。

IMG_3839
↑街並み

近代的なショッピングセンターもありました。

 

夕食

DSC00268
↑夕食

近所のお店で適当に食べました。

クオーターチキンとパンのセット 50,000リアル(≒140円)

皮の部分が特に美味しかったです。

ただチキンは適当にぶつ切りにしているらしく、私の肉には内臓部も多かったです。

DSC00269
↑夕食

一応ノンアルコールビールらしいのですが、
ほとんどジュースでした。

缶の雰囲気以外、ビールっぽい要素はゼロでした。
苦味などはありません。

DSC00270
↑おやつ

ウエハース菓子(備蓄食料) 3000リアル(≒11円)
水 7000リアル(≒25円)

そして宿に戻ってシャワーを浴びたりして、まったりと過ごしていました。

同じ宿には数人の日本人旅人が宿泊していました。
けっこう日本人多いんですね。

DSC00272
↑日本人旅人たち

なんと!

写真中央の若者が、無職旅を知っていました!!!
(許可を得て写真を掲載しています)

いやー、

もうなんというかですね、

とても嬉しいです。

ホントにありがとうございます。
有名人になったみたいで嬉しいです。

名前はお聞きしませんでしたが、今後もお気をつけて旅を続けてください。

 

そして何度もお礼を言ってから部屋に戻り、ブログを書いて現在に至ります。

明日はペルセポリスを見学してきます。

今日はたくさんイラン人と交流できて楽しかったです。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-イラン
-

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.