無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

パラオ

-,

9/7パラオ・パシフィック・リゾートでシュノーケリングとか買い物とかマッサージとか

   

投稿日:2013-09-16 更新日:

IMG_9985r
↑海

2013/9/7に、パラオ・パシフィック・リゾートのビーチで、のんびりと過ごしている続きです。

Expedia ⇒ パラオ パシフィック リゾート

ずっと曇りとか雨だったのですが、いい具合に晴れてくれて嬉しいです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

パラオ・パシフィック・リゾート

IMG_0018
↑ホテル

屋外にバーみたいな所もありました。

IMG_0019
↑ビーチ

くつろいでいる人から「上流階級オーラ」が出ているような気がします。

IMG_0024
↑池

ホテル内には池があって、たぶん1日2回、餌付けショーをやっています。

落ち着いていて綺麗な池ですねー。

と思いながら見ていたら、普通にエイが泳いでいてビビりました。

と、ここでいきなり大雨が降ってきました。

ホテルの屋内を歩いてみましょう。

 

マッサージ

IMG_0028
↑お茶

ホテル内には「エイライ スパ」という名前のスパがあります。

バリ風のマッサージなどをしてくれるようです。

ビーチ使用料50ドル(≒5000円)を支払ったときに、

「5分マッサージ券」をもらったので、

短時間ですがやってもらうことにしました。

 

生姜茶みたいなのを頂いてからマッサージです。

……気持ちいいです。

やや強めの指圧で、首と肩をほぐしてもらいました。

たった5分だけなのに、体がやけに軽くなった気がします。

もしかしてマッサージの腕前も超一流なのかも?

 

ホテル内のお店

IMG_0032
↑売店

マッサージ後は別の売店をうろちょろ。

サラダとかサンドイッチは4ドル(≒400円)です。

常識的な値段で安心しました。

IMG_0036
↑記念品

姉の選んだ一品。

イルカのミトンですね。お値段は9ドル(≒900円)。

IMG_0035
↑記念品

カーチャンと姉で似たようなサイフを1つずつ買いました。

今回の旅で唯一のぜいたく品です。

レスポートサックのサイフ 1つ54ドル(≒5400円)

帰国してから知ったのですが、

日本で買うと7,500~10,000円くらいするようです。

2人とも「いい買い物ができた」と喜んでいました。

 

さて、、、相変わらず雨が降っていますが、、、

まだシュノーケリングしていないんです、、、

水に入ってしまえば関係ないですよね!!

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

シュノーケリング

P1380117
↑海

というわけで大雨のなか、頑張ってシュノーケリングしてきました!

P1380127
↑海

ビーチから15メートルくらいの場所でも、サンゴとか熱帯魚がたくさんいます。

P1380139
↑海

探すまでもなく、そこら中が熱帯魚だらけでした。

ダイビングしたらもっと楽しいのでしょうねー。

30分くらいでシュノーケリングを終えました。

遊び疲れたので、ぼちぼち自分達の宿へ戻ることにします。

全員が大満足の、最高のビーチ遊びとなりました。

パラオ・パシフィック・リゾート、ありがとう!

 

自分たちのホテルに帰ります

IMG_0037
↑ガソリンスタンド

レンタカーを返却する前に給油しなければです。

100kmくらいしか走っていないのに、18.61ドル(≒1861円)もガソリンが入りました。

もともと少し減っていたのかも?

IMG_0038
↑すしのこ

スーパーマーケットも併設されていました。

「最後の夜だから、素晴らしいディナーにしよう!」

なんていう余力は残っていませんでした。

体も胃袋も疲れていたので、夕食は軽く済ませる事にしました。

IMG_0041
↑夕食とか

フォーク、カップ麺3つ、亀田の柿の種。

でも疲れすぎていて、結局カップ麺は食べませんでした。

IMG_0039
↑おやつとか

ビールと缶コーヒーと甘いパン。

さっきのカップ麺とかと合わせて、全部で11.35ドル(≒1135円)です。

見覚えがあるというか、馴染みのある商品が多いですね。

それでいて物価は日本よりちょっと安いです。

 

と、そんな感じのパラオ観光でした。

一応パラオは3泊4日で来ているのですが、飛行機の時間が微妙なため、実質2日間しか観光できません。

あっという間に過ぎてしまいましたが、とても楽しかったです。

カーチャンも姉も喜んでくれたことと思います。

 

我々はけっこう地味に、そしてのんびりと過ごしましたが、

パラオの真髄は海とか魚とか島だと思います。

お金と体力に余裕がある人は、

積極的に現地ツアーに参加すると、

もっともっと素晴らしい経験ができると思います。

明日は早朝出発なので、荷物の準備をしてから、早めに寝ました。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-パラオ
-,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.