無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

コスタリカ

-,

7/25幻の鳥ケツァールを探す その1(サンホセからバスで70km地点のオフィスに行って申し込む)

   

投稿日:2013-07-27 更新日:

2013年7月25日 木曜日 サンホセ(コスタリカ)

おはようございます。

今日はケツァールを見に行くので、早起きしました。

ケツァールとは中米に生息する幻の鳥で、

見ると幸せになれるそうです。

これは絶対に見に行かなくちゃですよね。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

サンホセの宿を出発

DSC08076
↑バス

5:00起床。
5:30に宿を出発。

バス295コロン(≒59円)で、町に向かいます。

DSC08077
↑飲食店

コスタリカの人はみんな早起きらしく、

6時前なのに開いているお店も多かったです。

IMG_5900
↑街並み

IMG_5902
↑教会

IMG_5903
↑街並み

まだ自動車は少ないです。

歩道で寝ている人も数人いました。

IMG_5906
↑機関車

 

MUSOC社のバスターミナル

DSC08079
↑バス

MUSOC社のバスターミナルに到着。

チケットは前日に買っておきました。

サンイシドロ行きの70km地点まで 3180コロン(≒636円)

詳細は2つ前の記事をご参照ください。

MUSOC旅

DSC08081
↑おやつ

備蓄食料を持ってバスに乗り込みました。

6:30にサンホセを出発です。

運転手さんに「キロメトロ セテンタ(70km地点)」って、強く主張しておきました。

早い時間の方がケツァールを発見しやすいらしく、この時間のバスにしました。

ちなみに始発バスは5:30で、6:30のバスは2本目です。

DSC08082
↑ドライブイン

7:42に、ドライブインに到着。

 

朝食

DSC08083
↑朝食

ここで朝食にしました。

おかずとかを選んで盛り付けてもらう方式でした。

ご飯とソーセージと卵焼き 1550コロン(≒310円)

まあ無難な美味しさでした。

15分後くらいにバスは出発。

もう一度運転手さんに、「キロメトロ セテンタ!」と主張しておきました。

あとケツァールのモノマネもしておきました。
(幻の鳥のイメージを表現しました)

 

キロメトロ セテンタ(70km地点)

IMG_5909
↑道路

ドライブインから10分くらいで、運転手さんに教えてもらって下車しました。

ここが「キロメトロ セテンタ」の場所です。

たぶんサンホセから70km地点なのですが、バス停でもなんでもありません。

IMG_5911
↑看板

ただ道路脇には、

「ここがケツァール観測所だよ」

的な看板があります。

早速行ってみましょう。

IMG_5916
↑山道

しばらく進むと分岐点がありました。

どちらに行ってもオフィスがあると思うのですが、私は予習通り、左のほうに進みました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ケツァールを見るためのオフィス

IMG_5917
↑オフィス

たぶんMirador de Quetzalesというオフィスです。

宿泊もできるようですね。

私はケツァールのガイドだけをお願いしました。

料金は10USドル(≒1000円)。

 

最初の提示額は16USドルだったのですが、

「あれ?10ドルじゃないんですか?」

って聞いたら、すぐにその値段にしてくれました。

 

ケツァール探しに出発

IMG_5927
↑山道

10分くらい待ってから、ガイドのオスカーさんと2人で出発です。

ただ、そもそもオフシーズンであるうえに、

昨日雨が降ったということで、

ケツァール発見は難しそうな雰囲気でした。

IMG_5930
↑ガイドさん

オスカーさんが双眼鏡で、ケツァールを探してくれます。

基本的にスペイン語での会話なので、

細かいことは殆どわかりませんが、

まあなんとかなってます。

IMG_5932
↑山道

けっこうガチ山道にも入っていくので、一人で歩くのは危険だと思います。

あの滝の水は飲めるそうです。

IMG_5937
↑実

リトルアボカドの実。

ケツァールはこれを食べるそうです。

IMG_5942
↑山道

う~ん、、、、

なかなか見つかりませんねぇ、、、

「と、誰もが諦めかけたその時!」

という気分で歩いたのですが、

見つからないものは見つかりません。

IMG_5947
↑巣

ここはピューマの巣だとか。

IMG_5954
↑ガイドさん

オスカーさんは、たまに石を崖下に投げます。

IMG_5949
↑犬

でもって犬がそれを拾って帰ってきます。

そしてオスカーさんはなぜか爆笑します。

意地悪なのかスキンシップなのか、

あるいはエンターテイメントなのか、、、

謎を残したまま、ケツァール探しは続きます。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-コスタリカ
-,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.