無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

アルゼンチン パタゴニア

-

5/3バス運休で困って色々なやりとり⇒そして豪遊 エルカラファテ

   

投稿日:2013-05-04 更新日:

2013年5月3日 金曜日 エル・カラファテ(アルゼンチン)

おはようございます。

ってか、ほとんど寝てません。

午前2時起床です。

今日は午前3時のバスで、ウシュアイアという町へ移動します。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

いざ最南端の町へ!

DSC06654
↑街並み

カギは昨晩のうちにスタッフに返却しておいたので、ひとり静かにチェックアウトしました。

ホステル・ブエノスアイレスには、6日間お世話になりました。

 

バスターミナル

DSC06656
↑バスターミナル

宿から徒歩数分でバスターミナルに到着。

同じバスに乗る旅人が集まっています。

ピストルを持った警官(軍人?)も警備してくれてますし、深夜でも危険な感じは全然ありません。

 

でもバスが来ない

DSC06657
↑夜食

お腹が減ったので、備蓄食料のお菓子を一袋食べました。

さて、そろそろ3時なのですが、なかなかバスが来ませんねー。

窓口の辺りが、なんか揉めてる感じですねー。

嫌な予感しかしませんねー。

 

バス運休だそうです

DSC06655
↑バスターミナル

3時半になってもバスは来ません。

えっとですねぇ、

シンジケートがどうたらこうたらという理由のため、

今日はウシュアイア(リオガジェゴス)行きのバスは運休だそうです。

どうしましょう。

 

私のスケジュール

私の予定はこんな感じです。

5/3 エル・カラファテ⇒ウシュアイア(バス17時間)
5/4 ウシュアイア観光
5/5 ウシュアイア⇒プンタ・アレーナス(バス15時間)

5/6 プンタ・アレーナス⇒サンティアゴ(飛行機)
5/7 サンティアゴ観光
5/8 サンティアゴ⇒成田

今日(5/3)のバスに乗れないとアウトです。

ウシュアイアに行っても、何も出来ませんので。

それにいつバス運行が再開するかも、なんか未定っぽい雰囲気です。
(ストライキっぽい感じ?)

 

返金お願いします

DSC06658
↑窓口

とりあえずバスチケットの払い戻しをしましょう。

573ペソ(≒6,475円)もしてますからね。

ですが、なんか上手くいきません。

窓口の兄貴は英語を話せるのですが、都合が悪くなるとスペイン語になってしまいます。

いや、別に責めていないですから。

予定が狂ったことは怒っていないので、とりあえず返金してください。

 

窓口の兄貴:
「今はシステムの都合上、返金できません。朝になったらもう一度来てください。そうしたら返金できますから」

う~ん。。

経験則でいうと、これはウソというか、その場しのぎの発言である確率が高いと思います。

でも他に殺気立っているお客さんが何人かいますし、彼も逃げる気満々なオーラが出ていますし、ここは言われた通り出直すことにしましょう。

というわけで宿に戻って、また寝ました。
(入り口は電子ロックだったので、無事に入れました)

おやすみなさい

 

朝食

DSC06659
↑朝食

9:30頃起床。

本当は今頃、リオガジェゴスに到着しているはずなのに。。

お弁当用に準備しておいたものを、宿のキッチンで食べました。

DSC06660
↑おやつ

宿のおばちゃんに、小さなケーキをいただきました。

DSC06661
↑街並み

10時頃。

そろそろ落ち着いたころですかね。

バスターミナルにもう一度行ってみましょう。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

バスターミナル再び

DSC06663
↑バスターミナル

えっとですねぇ、、、

深夜揉めていた人たちが、まだいるんですよね、、、、

またしても嫌な予感しかしません。。

当たり前のように、嫌な予感は的中しました。

 

バスチケットの払い戻し拒否

 

でございます。

・私たちの会社の責任じゃないから
とか、
・ボスが払い戻し不可と言っている
とか、
そんな理由です。

日付変更とか行き先変更は対応してくれるみたいなんですけど、どちらも今の私には適していません。

困りましたねぇ、、、

 

「ここで怒鳴りつけて返金させる」という作戦もあるっちゃあるのですが、

そういうのは好きじゃありませんし、

実際にあまり怒ってませんから、やめておきました。
(成功するかどうかも分かりませんし)

ただただ、困っております。

う~ん、、、

 

ここで数日前のことを思い出しました。

この窓口は、

「担当者によって言う事が変わる」

という特徴があります。

なので、あとでまた来て見ることにしましょう。

 

ちなみにフランス人女性の情報によると、午前6:30頃は、普通に返金対応してくれたそうです。

「返金システム稼働」から、「ボスが起きる」までの時間帯だけは、返金が可能だったようです。

なるほどなるほど。

つまり「ボスの指示がネック」なわけですね。

DSC06665
↑お店

気を取り直して、エル・カラファテでショッピングする事にしました。

返金がどうなるにせよ、私はルートを変更する必要があります。

明日のバスでチリのプエルト・ナタレスに移動しようと思うので、今日がいきなり、アルゼンチン最終日になってしまいました。

 

予想していたことですが、アルゼンチンペソから外貨への両替は、非常に難しいです。

何軒も何人も相談してみましたが、全部不発でした。

ですので今日1日豪遊して、アルゼンチンペソを使い切ってしまう事にしました!

ハイパーショッピングタイム

DSC06666
↑お土産

目に付いたものは、ガシガシ買ってしまいますよ!

おじいちゃんは帽子が好きなので、お土産に買うことにしました。

アルゼンチン製の革の帽子 350ペソ(≒5,005円)

DSC06667
↑お店

ちゃんとしたお店で、ちゃんとした値段のものを買う。

って、とっても久しぶりな気がします。

引き続きガンガン行きましょう!

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-アルゼンチン, パタゴニア
-

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.