無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

アルゼンチン パタゴニア

-,

5/1エル・チャルテン3 丘を越えて町が見える瞬間が好き!

   

投稿日:2013-05-04 更新日:

5/1にエル・チャルテンでトレッキングして、トーレ湖展望台に到着した続きです。

IMG_2489
↑景色

フィッツ・ロイ山は見えませんが、これはこれでなかなかいい景色です。

あと2時間くらい進むとトーレ湖畔のキャンプサイトに到着します。

そこも興味はありましたが、私はここで引き返す事にしました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

下山します

IMG_2500
↑景色

私の他にも何人かが、ここで景色を楽しんでから引き返していました。

私にとっては、これくらいの長さのトレッキングがちょうど良いです。

激しく疲れることがなく、心地よく歩いて楽しむことができますので。

IMG_2510
↑道

来た道を引き返します。

IMG_2523
↑鳥

何かリズム感のある音がする。

と思ったらキツツキがいました。

野生のキツツキを見るのは初めてです。

よく脳しんとうになりませんね。

IMG_2530
↑道

この丘を越えると、エル・チャルテンの町です。

この雰囲気、ゲームのFF11みたいで好きです。

 

町が見えた!

IMG_2534
↑街並み

エル・チャルテンの町です。

町が見えるこの瞬間、なんとも言えぬ良さがありました。

丘を越えると、小ぢんまりとした町が現われるわけです。

まるでゲームの世界ですね。

IMG_2546
↑遊具

帰路は1時間くらいで宿まで戻ることができました。

時間は17時くらいです。

……この町に泊まる予定でしたが、やっぱり予定を変更して、エル・カラファテに戻ることにしました。

 

今日はとても天気が良く、しっかりとフィッツ・ロイ山を見られましたし、これでおおむね満足できました。

宿は宿泊ではなくデイユースということで、半額の20ペソ(≒286円)だけを支払って、チェックアウトしました。

IMG_2550
↑電話ボックスと見せかけたゴミ箱

明日早起きして、もう1度トレッキングするという選択肢もありましたが、

移動と観光が続いていたため、そろそろ体力の限界が近いです。

旅の終盤を無事に乗り切るためにも、ここで少し楽をしようと思います。

DSC06625
↑バスターミナル

あの激しい頭髪の兄貴に頼んで、今日のバスに変更してもらいました。
(本来は明日の夕方に乗る予定でした)

DSC06626
↑バス

カッコいい運転席ですね。

18:00にエル・チャルテンを出発しました。

DSC06630
↑景色

一泊するつもりで出発しましたが、結局は日帰りでのエル・チャルテン観光となりました。

最初から日帰りのつもりで準備をしてくれば、もうちょっと先まで歩けたので、ちょっぴり残念です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

エル・カラファテのバスターミナル

DSC06635
↑バス会社

20:30くらいにエル・カラファテに戻ってきました。

所要2時間半くらい。だいぶ早かったです。

 

持っているバスチケット

私は、

「5/3 エルカラファテ⇒ウシュアイア」

というバスのチケットを持っています。

 

日程変更したい

これを5/2に変更したいと思って、何度かバスターミナルに来ています。

・変更はできないよ
・あっちの窓口なら変更できるよ
・明日なら変更できるよ

など、人によって言う事が違うので、何回もチャレンジしてみたのです。

 

やっと成功した

そして今回ついに、

・手数料はかかるけど変更できるよ

と言ってもらえました。

諦めないでよかったです。

 

と思ったらダメだった

でもその数分後、

・やっぱりその日はバスが運行してないや、変更できなかったよ

との回答を頂きました。。。

う~ん、、、残念です、、、

 

こんな感じで、バス会社のスタッフといえども、運行状況を完全に把握しているわけではありません。

バスのチケットは、予約して発券して日付を確認するまでは、油断してはいけませんね。

DSC06636
↑部屋

ホステル・ブエノスアイレスに戻ってきました。

今日は宿の家族の親戚一同が集まっているような雰囲気です。

 

宿のおばちゃん:「ゴメンネ、今日はドミトリーは一杯になっちゃったの。同じ料金でいいから、この部屋を使ってね」

なんという神対応

というわけで、シングルルームに宿泊する事になりました。

しかも大きなベッドです。

DSC06637
↑部屋

トイレ・シャワーまで付いています。

タオル類も付いていました。

それでお値段はドミトリーと同じ40ペソ(≒572円)。

とんでもなくラッキーです。

っていうか宿のおばちゃんがいい人過ぎです。

DSC06639
↑食パン

1日輸送したら、いびつな形になってしまいました。

 

夕食

DSC06642
↑夕食

ココア以外は全て備蓄食料です。

食パン、牛乳、ドルセデレーチェ、ゆで卵です。

食後は広いベッドのシングルルームで、すぐに寝てしまいました。

3日連続でしっかりと山歩きをして、疲れが溜まっていたようです。

明日は何の予定もなくなったので、エル・カラファテでのんびりしようと思います。

ブログも書かないといけませんし。

今日も楽しい1日でした。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-アルゼンチン, パタゴニア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.