無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イタリア

-,

1/8最後のフィレンツェ散策 ドゥオーモの内部とか

   

投稿日:2013-01-10 更新日:

(イタリアの他の記事はイタリア&サンマリノ&ヴァティカン市国もくじをご覧ください)

2013年1月8日 火曜日 フィレンツェ(イタリア)

おはようございます。

同じ部屋の中国人が少しうるさかったですが、おおむねしっかりと寝られました。

今回の旅で気づいたんですけど、中国人の個人旅行者がかなり増えた気がします。

もしかすると、ビザ発給条件が緩和されたのでしょうか?
(あるいは個人旅行ブームなのか)

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食

DSC03707
↑朝食

今日も宿の無料朝食です。

野菜も果物もあるしティラミスも美味しいし、ほぼ最高です。

IMG_7407
↑街並み

今日はローマに移動予定なのですが、
その前に軽くフィレンツェを散策しておきます。

IMG_7411
↑街並み

フィレンツェってもっと華やかな町かと思っていたのですが、
実際は落ち着いた雰囲気の場所が多い気がします。

それこそ、「バラをくわえた男が普通に歩いている」くらいの想像をしていましたが。

IMG_7414
↑街並み

ドゥオーモの内部を見学しておきましょう。

しかし同じ「ドゥオーモ」という名前でも、ミラノのそれとは全然違いますね。
こういう比較ができるので、イタリア旅は楽しいです。

IMG_7419
↑街並み

入り口を探して、ドゥオーモのまわりをぐるっと一周しました。

IMG_7431
↑セグウェイ

1回しか乗ったことはありませんが、私はセグウェイが大好きです。

IMG_7432
↑人形

やや黒いですね。

IMG_7434
↑ジョットの鐘楼

「ガラスケースに入れておくべき工芸品」と称されているようです。
確かにいいつくりです。
天気が良ければ、さらに見栄えしたのでしょうね。

IMG_7440
↑ドゥオーモ

入り口は正面部分でした。
無駄に一周しちゃいました。

 

ドゥオーモに入場

IMG_7442
↑ドゥオーモ内

入場料は無料でした。
ドゥオーモの高い部分に上がったりすると、別途入場料が必要です。

内装もけっこうシンプルですね。

IMG_7446
↑ドゥオーモ内

IMG_7450
↑ドゥオーモ内

かつてヨーロッパ第一の都として君臨したフィレンツェ。
その中心部がこういう雰囲気です。
ちょっとだけ当時の時代背景を思い浮かべられた気がします。

IMG_7467
↑街並み

そんな感じのフィレンツェ見学でした。

全体的にあっさり気味の見学でしたね。
ちょっともったいなかったでしょうか?

DSC03708
↑宿

預けていた荷物を受け取って、駅に向かいます。

「アリガトー、マータキーテネー(また来てね)」

スタッフの日本語になごみました。

ではローマへ向かって出発です!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-イタリア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.