無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イタリア

-,

1/2ヴェネツィア散策 ヴァポレットに乗ってドゥカーレ宮殿へ

   

投稿日:2013-01-07 更新日:

2013年1月2日 水曜日 ヴェネツィア(イタリア)

おはようございます。

昨日の午後から部屋でゆっくり寝ていたので、だいぶ体調も回復しました。

鼻をかんでも、ちゃんと鼻水が出てくるようになりました。
(昨日は鼻血ばかりでしたが)

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

延泊します

ヴェネツィアは3泊(今日まで)の予定だったのですが、まだ何も観光らしいことをしていないので、さらに2泊の延泊手続きをしました。

アロッジ・ジェロット・カルデラン
という宿に宿泊中です。
地球の歩き方にも載っています。
1泊25ユーロ+宿泊税1.4ユーロ=26.4ユーロ(≒3010円)です。

IMG_6599
↑街並み

さあ今日からすこしずつ観光するぞー!
と思ったら雨でございます、、、

辛いですなぁ。

DSC03470
↑便利チケット

駅前の船着場で、便利チケットを購入しました。

左:ヴァポレット36時間券 25ユーロ(≒2850円)

ヴァポレットとは、ヴェネツィアの公共の乗り物の船です。

とても便利なのですが、、、ちょっと値段が高いんですよね、、、

1回券でさえ7ユーロもするんです。

あれこれ考えて、36時間券を買うことにしました。

 

右:ヴェニスカード 39.9ユーロ(≒4548円)

ヴェネツィアの色々なところに入場できるカードです。

でもこれは大失敗でした。

- 美術・博物館パスカード 18ユーロ
- 教会加盟コールス共通カード 10ユーロ
- 有料トイレ2回分 2ユーロ相当?

という3つの内容を足したものだと思うのですが、なぜか割高になっているんですよねー。

オマケの小冊子と地図は、確かに便利ではありますが、、、

それにこのカードで入場できる教会には、あまり立ち寄る予定ではないので、「美術・博物館パスカード」だけで十分だったと思います。

21.9ユーロも損してしまいました。。

でもこのお金がヴェネツィアのためになるなら、それでいいです。

DSC03471
↑船着場

というわけで、今日はヴァポレットで移動したいと思います。
駅前から1番のヴァポレットで、サンマルコ広場へと移動です。

DSC03474
↑船内

こんな感じです。
1番は各駅停車であちこちに停まるので、とてもゆっくりめに進みます。

IMG_6602
↑街並み

サンマルコ広場が見えてきました。
鐘楼(カンパニーレ)が特徴的ですね。

駅からサンマルコ広場までは30分くらいかかりました。
これならちゃきちゃき歩くのと同じくらいの早さですが、
ずっと座っていられたので楽でした。

道に迷うこともありませんでしたしね。

IMG_6609
↑溜息の橋

昨日も見た溜息の橋。
少し曇っている日の方が、撮影的には楽かもしれません。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ドゥカーレ宮殿

DSC03475
↑宮殿

サンマルコ広場の脇にあるドゥカーレ宮殿。

さっき買ったヴェニスカードで入場しましょう。

ものすごーーーく長い列(1時間待ちくらい?)でしたが、ヴェニスカード所有者は並ばずに入場することができます。

種類はともかく、事前にカードを買っておいて良かったです。

IMG_6611
↑宮殿

というわけで、15秒くらいで無事に入場。
なかなか立派なつくりです。
ヴェネツィア映画祭の会場も、ドゥカーレ宮殿らしいですね。

IMG_6616
↑彫刻

IMG_6617
↑彫刻

力強い彫刻の間をくぐって、建物内に入ります。

IMG_6624
↑天井

立派な装飾です。
部屋の中の展示物以外は撮影可能です。

IMG_6627
↑壁

大きな絵とか、立派な彫刻類が印象的でした。

絵のタッチも、今までに見たのと少し違う気がします。
やや近代的というか、あまりおどろおどろしくないというか。

IMG_6628
↑天井

自由に写真を撮れなかったのが、非常に残念でございます。

IMG_6625
↑橋

すぐそこに、溜息の橋が見えました。
あの橋も見学できるようですね。行ってみましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-イタリア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.