無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

チュニジア

12/4ドゥーズ⇒ケビリ⇒ガベス(ルアージュで移動) そして強烈な子供との出会い

   

投稿日:

12/4に、サハラ砂漠ツアーから宿に戻ってきた続きです。

DSC02054
↑街並み

宿でちょっと休憩をしてから、出発しました。
少々疲れは残っていますが、別の町へ移動しましょう。



DSC02059
↑カバン

愛用しているモンベルのトラベルポーチ。
チャックの持ち手が切れてしまいました。
もう長いこと使っていますし、あちこちボロボロです。

DSC02060
↑バスステーション

さて、どこに移動するか。
チュニスへの帰り道にある大きな都市ならば、どこでもいいのですが。

ただ今日は昼間のバスは全部終わっちゃったみたいです。
これは困ったぞ。

DSC02062
↑ルアージュ

というわけで、ルアージュという乗り合いのミニバスに乗りました。
近郊都市を結んでいて、人が集まると出発します。
席にゆとりがあるし、スピードも出るので快適です。

12:00にドゥーズを出発。
まずはお隣のケビリという町まで移動します。
ドゥーズ⇒ケビリのルアージュ 5ディナール(≒265円)

……騙されました。
本当は2ディナール(≒106円)だったようです。

英語が話せるおっちゃんに、
システムとか行き先を説明して誘導してもらったのですが、
3ディナールほどピンハネされたようです。

正直なところ3ディナール以上の情報は得られたのですが、
納得せずに支払うってのは、例え小額でもちょっと嫌な気分ですね。

DSC02065
↑ルアージュ

30分くらいでケビリの町に到着。
ここからガベスという町に移動しようと思います。

例によって英語は全然通じませんが、
「ガベス! ガベス?」と問いかけていたら、
ちゃんと誘導してもらえました。

DSC02069
↑景色

砂漠のなかを高速で進んでいきます。
ルアージュはとっても快適です。
ケビリ⇒ガベスのルアージュ 6.65ディナール(≒353円)

今度は正規料金です。

DSC02070
↑ルアージュ

14:20にガベスに到着です。
早かったなー。バスよりも圧倒的に早いです。

DSC02072
↑昼食

お腹が減りました。そこら辺の食堂で腹ごしらえです。
今回も近所の人の食べているものを指差して、
「同じのください!」作戦で注文しました。
私の得意技です。

DSC02073
↑昼食

羊肉のピラフ的な料理 3.5ディナール(≒186円)

うめええええええええ!
久々の米は、超美味かったです。
やっぱり日本人は定期的に米を食べないと、力が出ませんね。

DSC02076
↑街並み

次の町へ列車で移動しようと思います。
駅を目指します。

DSC02077
↑街並み

現在地をよく把握しないまま、割と適当に歩きました。

DSC02078
↑街並み

DSC02080
↑街並み

何回か道を聞いたのですが、英語はほとんど通じません。
それにたまに自分の裁量(カン)で曲がってしまうため、
なかなか駅に辿り着きません。

DSC02084
↑商品

「ファミコン以前の家庭用ゲーム機」を思わせる商品がありました。

DSC02086
↑大量のゴミ

DSC02090
↑街並み

困ったなぁ、、、完全に迷子になってしまいました。

DSC02091
↑子供

妙にテンションの高い少年が寄ってきました。

「駅!?駅なの!?」
と叫んだあと、
「案内してあげるからついておいで!」
というようなしぐさをしました。

助かりました。
10分くらい一緒に歩きました。

DSC02092
↑子供

「ここが駅だよ!ワーイ!」
と言っている気がします。

どうやら少年にからかわれたようです。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-チュニジア

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.