無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

チュニジア

12/4サハラ砂漠ツアー4 地味でワイルドな朝食を食べて、楽しいツアー終了

   

投稿日:

*************************
2012年12月4日 火曜日 サハラ砂漠(チュニジア)

おはようございます。
サハラ砂漠の12月の朝は、埼玉県の真冬並みに寒いです。



DSC02017
↑部屋

地球の歩き方のツアー紹介だと、こんな風に書いてあります。
「ツアー客が起きだしてくる頃には、すっかり朝食の準備が整えられていた」

でも私が起きた7:00には、ガイドさんはまだ熟睡中でした。

IMG_3136
↑朝日

砂漠の朝は冷えます。
ダウンジャケット等、持ってきた装備をフル活用しています。

IMG_3138
↑月

朝は空気がとても澄んでいるようです。
こんなに綺麗な月は初めて見ました。
このコンディションで星空も見てみたかったものです。

IMG_3140
↑ラクダ

そこら辺にいました。

DSC02018
↑庭

そのうちに、庭で焚き火が始まりました。
しばらく3人で黙って火にあたっていました。
毎度毎度シュールな光景です。

DSC02019
↑食材

小麦粉らしきものが入ったボウルが出てきました。
少し嫌な予感が、、、これを調理するんですよね、、、

DSC02020
↑ガイドさん

嫌な予感的中。
手でこね始めました。

いや、、、手でこねるのは別にいいんですよ、、、
チュニジアですし、大自然の中ですし、、、

でもガイドさん、さっき手鼻をかんだあと、
水で軽くすすいだだけなんですよね、、、

DSC02021
↑庭

炭のなかにパン生地を埋めました。
砂も混じってますし、これはかなりワイルド。

DSC02022
↑庭

さらに近くで火を焚いたりしました。
加熱殺菌で安心です。。

DSC02023
↑砂漠

パンが焼けるまで近所を散歩。
なんていうんでしたっけ?
風で出来た模様が綺麗ですね。

DSC02025
↑釜

パン焼き場所に戻ってきました。

見えますでしょうか?
ところどころ、砂から蒸気が噴き出しています。

DSC02026
↑朝食

できあがりです。
炭と砂をパンパン叩いて落とします。

DSC02029
↑朝食

できたてを頂きました。
予想外にとても美味しかったです。

パンというよりも、お餅みたいな食感でした。
醤油があったら最高でした。

DSC02034
↑朝食

コーヒーとパン。
爽やかな朝食です。

DSC02035
↑食卓

なかなか強烈な絵づらですが、
私もこの場所で、この人たちと一緒に朝食を食べているわけです。

こうして振り返ってみると、なかなか貴重な体験でしたね。
ゆるいツアーでは、絶対にこの雰囲気は出ないと思います。

DSC02036
↑くつ

愛用しているモンベルのトレッキングブーツ。
砂漠でも大活躍です。

DSC02039
↑別れ

朝食後、まもなく出発。
ブーバーッキーさん、お世話になりました。
貴重な体験をありがとうございました。

不思議と、モンゴルのゲルを去るときのような寂しさはありませんでした。
参考記事:テレルジのツアー2

DSC02041
↑砂漠

またラクダに乗って、ドゥーズの町へ戻ります。

IMG_3152
↑砂漠

ラクダがたくさんいました。
放牧しながら育てているみたいです。

ラクダは一頭、数万円だそうです。
もちろん大きな大人の方が値段が高いみたいです。

IMG_3156
↑砂漠

別のラクダとすれ違いました。
妙にかっこいいですね。

IMG_3157
↑砂漠

ここら辺が景色が気に入りました。

DSC02052
↑別れ

10:35、ドゥーズの町に戻ってきました。
アフメットさんありがとうございました。
小額ですが感謝のチップも渡しました。

そしてタクシーで宿に戻りました。

そんな感じの1泊2日サハラ砂漠ツアーでした。

どうですか?とっても地味だったでしょう?

しかし地味ながらも、独特な面白さがありました。
値段も安い(35ディナール≒1855円)ですし、
気軽に行けましたし、なかなかいいツアーだったと思います。
オススメです。

でも女性一人の参加だと、ちょっと心配かもしれません。
出来るだけ複数人での参加をオススメします。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-チュニジア

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.