無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7/15-21はウラジオストク旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

キプロス

11/29ラルナカ⇒レフコシア(ニコシア) バス 昭和っぽい街並み?

   

投稿日:

*************************
2012年11月29日 木曜日 ラルナカ(キプロス)

おはようございます。
今日は写真が多いので、サクサク進行しましょう。



BlogPaint
↑キプロスの場所

ここでキプロスの基礎データを。

国名:キプロス共和国
首都:レフコシア(ニコシア)
人口:86万人くらい
面積:四国の半分くらい
言語:ギリシア語、トルコ語(英語もよく通じる)
通貨:ユーロ(1ユーロ ≒ 107円)
治安:けっこういいらしい

日本人にとってはマイナーな国であるキプロス。
でも意外といい国かも?という事が、昨日分かりました。

IMG_2703
↑街並み

IMG_2704
↑カフェの花壇

IMG_2707
↑観光用自転車

IMG_2708
↑観光用自転車

おいしーおいしー
2回も書かなくても。

IMG_2709
↑バス

今日は首都のレフコシア(ニコシア)に行こうと思います。
海岸沿いのバス停から乗車しました。
分かりやすい時刻表の看板もあって、とても親切です。

DSC01711
↑朝食

ちょうどバスが来てしまったので、ホットドッグを食べ損ねてしまいました。
一昨日買ったビスケットでしのぎます。

DSC01712
↑景色

バス料金は、ラルナカからレフコシアまで片道3ユーロ(≒321円)。
この路線の1日券が5ユーロ(≒535円)なので、私はそっちを買いました。

他にも、「キプロスのバス全線1日券」が10ユーロだったりと、
とても分かりやすくて便利です。
一週間券とか一ヶ月券も売っているようです。

DSC01713
↑景色

郊外もかなりいい感じです。
キプロスは隠れ先進国かも。北欧っぽいです。
(それはさすがに褒めすぎでしょうか?)

DSC01715
↑タトゥー屋さん

これは日本の妖怪?

IMG_2710
↑バス停

ラルナカから1時間ちょいで、レフコシアに到着。

IMG_2713
↑街並み

大規模な開発中。

IMG_2714
↑お店

ニンニクが吊るしてありました。

IMG_2715
↑インフォゾーン

閉まっていました。情報は得られず。
まあいいや、適当に歩いてみましょう。

IMG_2718
↑街並み

ここら辺は旧市街のはずですが、
「中世」というよりは「昭和」っぽい気配を感じます。

IMG_2719
↑街並み

久々に地図もガイドブックも見ないで歩いています。
こういうのもたまには楽しいですね。

IMG_2721
↑装置

これは水の販売?

IMG_2726
↑いい家

IMG_2727
↑カフェ

適当に歩いていたら、賑わっている通りに出ました。

IMG_2728
↑街並み

ここら辺が旧市街中心部の繁華街のようです。

IMG_2729
↑街並み

若者で賑わっています。

DSC01716
↑マクドナルド

ここで朝食を、、、と思ったのですが、混みすぎていて断念しました。
皆さん、あまり列を作るのが上手ではないようですし。。

DSC01718
↑メニュー

グリークマック。限定メニューでしょうか。
ビッグマックとマックチキンが同じ料金なのは、少し不可解です。

IMG_2733
↑街並み

槍みたいなオブジェです。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-キプロス

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.