無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ベラルーシ

ベラルーシ旅にかかったお金

   

投稿日:

今日はベラルーシ旅の費用集計結果です。

IMG_1662

各記事へのリンクは「ベラルーシもくじ」をご覧ください。


◆渡航準備のお金:3,780円(本当は0円)
・ガイドブック1冊.....1,995円←地球の歩き方ロシア編(Amazonで探す
・会話集1冊........1,785円←旅の指さし会話帳ロシア編(Amazonで探す

上記2冊を持っていきましたが、
いずれも昨年のシルクロード旅の時に購入したものなので、
今回の旅での出費はありませんでした。

◆国際移動のお金:約5,124円
・ヴィリニュス(リトアニア)⇒ミンスク....849円←列車
・ミンスク⇒キエフ(ウクライナ)......4,275円←夜行列車

ベラルーシのトランジットビザは、リトアニアのヴィリニュスで取得しました。
取得代金は無料でした。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

◆ベラルーシで使ったお金:合計4,504円
・食費.............2,027円
・宿泊費............1,575円
・交通費.............640円
・入場料.............188円
・エンターテイメント.........0円
・ツアー代...............0円
・その他...............75円←荷物預け
(*)お土産代は計上していません。

1ベラルーシ・ルーブル = 0.0094円で計算しました。
2012/7/20~7/21の2日間、ベラルーシ観光しました。
行った場所は首都のミンスクと、ミール城です。

120719gps
↑地図

リトアニアからベラルーシに入り、ウクライナへと出ました。
旅人的には、2日間(48時間)有効のトランジットビザで入国することが多いようです。
私もそうしました。

未知の国ベラルーシ。
ワクワクしながら入国しました。

DSC08584
↑ミンスク駅前の街並み

天気のせいもありますが、やや重い雰囲気です。
軍人さんの姿も多く、けっこう緊張しました。

IMG_1366
↑ミンスク駅前の軍人さん

花(恋人の存在)+軍人≒死亡フラグ
のように思えてしまい、彼が心配になってしまいました。

IMG_1384
↑ミンスクの街並み

道路の幅がやたらと広いし、派手な装飾も少ないし、
いかにも旧ソ連な雰囲気です。
もしかしたらベラルーシが、いちばん旧ソ連的な雰囲気が残った国かもしれませんね。

DSC08595
↑ベラルーシいちのデパート

やけに暗い店内。

DSC08597
↑デパートの商品

そしてやたらと充実しているマトリョーシカ。
ここはやっぱり旧ソ連です。

IMG_1446
↑新郎新婦

そしてベラルーシも、美女が多い国です。

DSC08608
↑地下鉄

乗車1回1500ベラルーシ・ルーブル(≒14円)。
世界最安レベルだと思います。
インドやタイよりも安いです。

すぐ思い出せる範囲では、世界最安です。

DSC08615
↑ベラルーシ料理

英語が全然通じなくて苦戦しましたが、
現物を見て注文できるので助かりました。
ちょっとクセはあるものの、それなりに美味しかったです。

DSC08628
↑ショッピングセンター

近代的なショッピングセンターもありました。
でも地下にあったため、なかなか発見出来ませんでした。
目立つ看板もなかったし、なんだか不思議な造りです。

IMG_1528
↑ミンスク郊外の一般家庭

2日目はバスで郊外まで足を伸ばしました。

IMG_1662
↑ミール城

世界遺産に登録されているお城です。

IMG_1569
↑城内

そこそこ広く、展示もしっかりしていて、見応えがありました。

IMG_1599
↑城内

あまり知られていない城ですが、なかなか良かったです。
満足できました。

DSC08707
↑夜行列車のベッド

そして夜行列車の寝台で、ウクライナのキエフへと移動しました。

ビザの都合もあり1泊2日の急ぎのベラルーシ旅でしたが、
なかなか楽しめたと思います。

「ぜひまた行きたい!」とは思いませんが、行って損の無い国だとは思います。
そこそこオススメです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ベラルーシ

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.